エンタメ

JR東日本の新特急「富士回遊」に、「高輪ゲートウェイ」に続いて異論が続出!

 JR東日本が来年3月に新設する特急電車の名称が「富士回遊」になることがわかった。その「富士回遊」は中央線の東京・新宿駅と、富士山への玄関口となる富士急行の河口湖駅を結ぶ電車である。13年には富士山が世界文化遺産に登録され、外国人観光客も急増。それもあって「富士回遊」はインバウンド振興における目玉の一つとも目されている。ところが、一部からその名称に異論が出ているというのだ。海外駐在歴のあるライターが指摘する。

「問題はアルファベット表記にあります。というのも『Kaiyu』という単語は外国人には読みづらく、しかも発音しづらいのです。『カイユウ』と読んでもらうことはほとんど期待できず、よくて『カイーユ』。むしろ『ケイーユ』と読まれることでしょう。これでは新宿駅で『どこでケイーユに乗れますか?』と訊かれた日本人も面食らうことは確実。このご時世、外国人観光客を意識しないネーミングをしてしまうセンスには、首をひねらざるを得ませんね」

 JR東日本では最近、山手線に新設する駅名を「高輪ゲートウェイ」と発表し、安易に英単語を取り入れていると世間からの猛反発を浴びたばかり。それが今回は純日本風の名称を付けたつもりが、やはり英語の面から批判される始末だ。しかもこの「富士回遊」という漢字表記に関しても、センスを疑われるというのである。

「日本語の『回遊』には“方々を観光する”という意味もありますが、中国語では魚が定期的に移動すること、つまり“回遊魚”の意味しかないのです。そのため富士山観光の一大ボリューム層である中国系観光客は、『富士回遊』という列車名を見て『オレたちは魚か!?』と思うことでしょう」(前出・ライター)

 日本語だけで考えたら「富士回遊」は決して悪いネーミングではないだろう。しかし今や、日本の鉄道業界は海外からのインバウンドを意識せずにはいられない時代になったようだ。

(金田麻有)

カテゴリー: エンタメ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    【緊急座談会】中年世代にど真ん中の夏カジュアルはあるのか!?

    Sponsored
    182685

    40代ともなると違和感を感じ始めるのが、休日のカジュアルファッションだ。体型が変わったり、若い頃に着ていた服が似合わなくなったり「何を着たらいいか分からなくなる」のがこの世代の特徴。昔ほどお金をかけるわけにもいかず、とりあえず安価なユニクロ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    クラファン発!最先端サプリ「スパルトT5」の実力と評判とは?

    Sponsored
    182842

    コロナ禍は、生活様式も働き方も大きく変えた。「仕事帰りにちょっと一杯」も難しくなった今、ビジネスの最前線で活躍する現役世代を蝕む過大なストレスが問題となっている。そんな精神的負担も原因なのか、これまで高齢男性に多かった“夜の悩み”を訴える3…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

注目キーワード

人気記事

1
高島礼子、「バス旅」で“躍動ボディ”より注目された共演者絶句の“素顔”
2
瀧本美織、30歳誕生日で期待される“隠れ充実バスト”開放の濃密ベッドシーン
3
和地つかさ、「ライザップ」でも“Iバスト”は変わらずの「キープ手段」
4
篠原涼子、「バスト揉まれまくり&舌入れキス」の衝撃映像にアクセス殺到!
5
浜辺美波、美バスト露わ?“大衆浴場で堂々マッパ”発言にザワザワ!