女子アナ

山崎アナも消えた!「好きな女子アナランキング」でかつての“王国”が崩壊?

 かつての「女子アナ王国」も崩壊か!?

 ORICON NEWSが年末恒例の「好きな女性アナウンサーランキング」を発表したのは12月7日。昨年のランキングでは日本テレビの水卜麻美アナが5年連続の1位で「殿堂入り」を果たしているため、今回は投票対象外に。そのため、誰が頂点に立つのか注目が集まっていたが、3月にNHKを退社した有働由美子アナが昨年の2位からそのままランクアップ。初のクイーンの座には輝いた。2位には毒舌キャラが定着しつつあるテレビ朝日の弘中綾香アナ。3位には10年、11年のランキングで2年連続1位を獲得しているフリーアナウンサーの加藤綾子アナが続いた。

 さらにフリーアナウンサーの川田裕美アナが4位、日テレの徳島えりかアナが5位にランクイン。テレビ東京からは大江麻理子アナが6位に入っている。

 また、TBSでは可愛らしい見た目からは想像できないダークな内面が見え隠れし始めている宇垣美里アナが9位で初めてのランクイン。TBSアナが同ランキングでトップ10入りするのは、14年に枡田絵理奈アナ(現在はフリーアナウンサー)が8位にランクインした以来、4年ぶりのことだ。

 逆にキー局、NHKを含めて、唯一ランクインを逃したのがフジテレビだ。

「アイドル系の女子アナを多数擁していたフジテレビですが、カトパンが退社してから看板アナといえる人気者は不在。昨年のランキングでは飾らず親しみやすいキャラクターの山崎夕貴アナが9位にランクインしていましたが、今回はランク外に。3月に芸人のおばたのお兄さんと結婚していますし、既婚者であることを考えると看板アナとして育てることは得策ではないでしょう。となれば、若手アナたちに頑張ってほしいところでしょうが、ビジュアルがいいアナウンサーはそろっているものの、みんな似たような印象でキャラが立つ者が少ないのが難点ですね」(エンタメ誌ライター)

 アイドル化に力を入れるのもほどほどにして、個性的なキャラクターの女子アナを新戦力として迎えることが最善策か?

(権田力也)

カテゴリー: 女子アナ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
本田翼が隠したい「下積み仕事」を全放出(1)清純派がやらない役が多かった
2
指原莉乃が語った「悩み」が物語るAKBグループ卒業後「大ブレイク」の予感!
3
今そこにある芸能界の闇営業(1)札束飛び交う中国人富豪のグラドル“爆買い”
4
「好きなの選んで」!中居正広、「ナカイの窓」最終回ロケで大盤振る舞いの理由
5
今そこにある芸能界の闇営業(2)グラドルが実力者に頼らざるを得ない現実