芸能

天才テリー伊藤対談「ピーター」(3)黒澤明監督の肩を叩いたら周りが…

テリー 芸能界デビューして50年だけど、これまでに大きなターニングポイントみたいなものはありましたか。

ピーター 一番の転機は24歳の頃かな。レコード会社は私の今後の売り方を迷っているし、「演技の勉強がしたい」とプロダクションにお願いしても「そんな暇があるなら営業に行ってくれ」なんて返されちゃうしで、なんか煮詰まっちゃったわけ。だから事務所に「辞めます」って言って、ニューヨークに行っちゃった。

テリー 向こうでは、どうだったの。

ピーター うん。2カ月ぐらいだったけど、すごく刺激的だった。ブロードウェイの舞台を観てても、みんなが笑顔で仕事をしているものだから、話しかけてみたら「好きな仕事をやっているんだから当然だよ」って言われて、すごくショックで。

テリー ああ、基本は事務所から来る仕事をこなしていくものだからね。

ピーター だから「これからは自分のやりたい仕事を自分で見つけよう」と思って、日本に帰ってからは野田秀樹さんや小沢昭一さんの劇団の舞台に出たりしていたら、黒澤明監督から「ちょっと会いに来てくれ」と呼ばれてね。

テリー それ、本当にすごい話だよね。緊張したでしょう。

ピーター もちろん。勝手に怖い人というイメージを抱いていてドキドキしていたんだけど、部屋のドアを開けたら、サングラスを外してニッコリ笑って迎えてくれて、そこで一気に緊張がほどけた。そしたら「今度『乱』という大きな映画を撮るんだけど、出てくれるかい?」って。

テリー あの作品、ピーターはすごく重要で、印象的な役だったよね。

ピーター うん、仲代達矢さん演じる一文字秀虎に仕える道化・狂阿弥役。殿にもズケズケものを言う役だから、黒澤さんはいつも大事なシーンの前になると、「ピー公へ」と書かれた手紙をくださった。「僕にもいろんなことをズケズケ言わなきゃ。まだ借りてきた猫みたいだよ」なんて書いてあって。

テリー シャイなんだ。

ピーター そうなの。そんな言葉をいただいちゃったので、現場に入る時、一度だけ「おはよう、黒ちゃん」って、監督の肩をポンと叩いたことがあるんですよ。もちろん怒られなかったけれど、周りは凍りついてましたね(笑)。

テリー アハハハ、そりゃそうでしょう。普通できないよ、それ。最近の仕事だと、やっぱり「下町ロケット」の中川弁護士役が新しいイメージを打ち立てたよね。あと、大林宣彦監督の映画「花筐」の娼婦役も印象に残ってますよ。

ピーター 本当に? 「下町──」の中川役は、私自身もビックリした。まさかオファーが来るとは思ってなかったから。しかも、本当は3年前のシリーズ、2話だけで出番終了だったのが最終回にも出て、今回も「出番がある」って言われてね。

テリー やっぱり存在感がハンパじゃないからね。

ピーター 特に今回は「ヘビ野郎」扱いの嫌われ者だったでしょう。ある時、新幹線の中で会ったサラリーマンに、「あれ以上、意地悪しないでよ」なんて言われちゃった。

テリー フフフ、でもそれってすごくうれしいよね。

ピーター うん。いいドラマに出ると、こんな経験ができるんだね。

テリー あらためて、ピーターの演技のすごさをお茶の間に知らしめた機会になったと思うよ。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
浜田雅功が26年前にピエール瀧の“犯罪者になる素質”を見抜いていた!
2
今そこにある芸能界の闇営業(4)ビッグタレントの裏に潜む“肉体献上”
3
嵐・大野、関ジャニ横山出演映画から「まさかのオファー無し」にファン悲鳴!
4
口から白濁した液を滴らせて…有村架純の最新ショットが意味深すぎる!
5
今そこにある芸能界の闇営業(1)札束飛び交う中国人富豪のグラドル“爆買い”