芸能

天才テリー伊藤対談「ピーター」(3)黒澤明監督の肩を叩いたら周りが…

テリー 芸能界デビューして50年だけど、これまでに大きなターニングポイントみたいなものはありましたか。

ピーター 一番の転機は24歳の頃かな。レコード会社は私の今後の売り方を迷っているし、「演技の勉強がしたい」とプロダクションにお願いしても「そんな暇があるなら営業に行ってくれ」なんて返されちゃうしで、なんか煮詰まっちゃったわけ。だから事務所に「辞めます」って言って、ニューヨークに行っちゃった。

テリー 向こうでは、どうだったの。

ピーター うん。2カ月ぐらいだったけど、すごく刺激的だった。ブロードウェイの舞台を観てても、みんなが笑顔で仕事をしているものだから、話しかけてみたら「好きな仕事をやっているんだから当然だよ」って言われて、すごくショックで。

テリー ああ、基本は事務所から来る仕事をこなしていくものだからね。

ピーター だから「これからは自分のやりたい仕事を自分で見つけよう」と思って、日本に帰ってからは野田秀樹さんや小沢昭一さんの劇団の舞台に出たりしていたら、黒澤明監督から「ちょっと会いに来てくれ」と呼ばれてね。

テリー それ、本当にすごい話だよね。緊張したでしょう。

ピーター もちろん。勝手に怖い人というイメージを抱いていてドキドキしていたんだけど、部屋のドアを開けたら、サングラスを外してニッコリ笑って迎えてくれて、そこで一気に緊張がほどけた。そしたら「今度『乱』という大きな映画を撮るんだけど、出てくれるかい?」って。

テリー あの作品、ピーターはすごく重要で、印象的な役だったよね。

ピーター うん、仲代達矢さん演じる一文字秀虎に仕える道化・狂阿弥役。殿にもズケズケものを言う役だから、黒澤さんはいつも大事なシーンの前になると、「ピー公へ」と書かれた手紙をくださった。「僕にもいろんなことをズケズケ言わなきゃ。まだ借りてきた猫みたいだよ」なんて書いてあって。

テリー シャイなんだ。

ピーター そうなの。そんな言葉をいただいちゃったので、現場に入る時、一度だけ「おはよう、黒ちゃん」って、監督の肩をポンと叩いたことがあるんですよ。もちろん怒られなかったけれど、周りは凍りついてましたね(笑)。

テリー アハハハ、そりゃそうでしょう。普通できないよ、それ。最近の仕事だと、やっぱり「下町ロケット」の中川弁護士役が新しいイメージを打ち立てたよね。あと、大林宣彦監督の映画「花筐」の娼婦役も印象に残ってますよ。

ピーター 本当に? 「下町──」の中川役は、私自身もビックリした。まさかオファーが来るとは思ってなかったから。しかも、本当は3年前のシリーズ、2話だけで出番終了だったのが最終回にも出て、今回も「出番がある」って言われてね。

テリー やっぱり存在感がハンパじゃないからね。

ピーター 特に今回は「ヘビ野郎」扱いの嫌われ者だったでしょう。ある時、新幹線の中で会ったサラリーマンに、「あれ以上、意地悪しないでよ」なんて言われちゃった。

テリー フフフ、でもそれってすごくうれしいよね。

ピーター うん。いいドラマに出ると、こんな経験ができるんだね。

テリー あらためて、ピーターの演技のすごさをお茶の間に知らしめた機会になったと思うよ。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    飲み続けていたら夜もイキイキしてきた!?口コミで話題の「活力アミノ酸(R)DX」とは?

    Sponsored
    213053

    コロナ禍という長いトンネルも徐々に出口が見え、昨今は人々の社会活動も活発的になってきた。連休は「久々にゴルフに出かけた」「家族サービスで国内旅行をした」といったパパ世代の諸兄も多いのではないだろうか。在宅勤務から勤務へ徐々に回帰する企業も増…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
川島なお美「前貼りなし」で挑んだ古谷一行とのベッドシーン「入っていた」伝説
2
松本伊代、それでもヒロミを選んだ“アイドル時代”群がった男たちの「接近手段」
3
衝撃発覚!「楽曲提供」上白石萌音を悩ませる「薬物作曲家」の逮捕劇
4
安田美沙子、「感動の出産シーン」と真逆の“汚部屋”公開に“不衛生”非難が!
5
「バスト透けすぎ!」三浦瑠麗が公開した「国葬参列の喪服写真」があんまりスゴイので…