社会

納豆でインフルエンザを予防できるって!?

 インフルエンザ(インフルエンザウィルス感染症)は11~12月に流行が始まり、1~3月にピークを迎える。このインフルエンザにあの納豆が予防になる!?

 今年も早い時期から学級閉鎖が報告されるなど全国的にインフルエンザウイルスの感染が拡がっている。そんな中、インフルエンザの予防にユニークな方法を取り入れている保育園があった。その方法というのが給食の納豆。東京・葛飾のある保育園では、月に1回は納豆汁や納豆揚げなど納豆料理を給食に出していたのだが、納豆菌がインフルエンザ予防などに役立つという発表を知り、納豆そのものもメニューに入れたのだった。

 その元になったのが中部大学客員教授の林京子さん(薬学博士)がマウスを使ったノロウイルス感染実験の結果。納豆菌の中の「S-903」という菌株による感染症予防効果が確認できたという。実験に協力したのは創業以来納豆一筋のタカノフーズ。同社の担当者はこのように説明している。

〈S-903はわが社の研究室で発見され特許を取った新しい納豆菌。当社が保有している納豆菌は2200種以上。S-903は通常の納豆菌に比べ、免疫力アップ効果が1.5倍というスーパー納豆菌。粘膜免疫を向上させ、鼻炎の症状を改善する可能性が高い。さらにウイルスの増殖を抑え、さらに病原体と戦う抗体量を高めるのでインフルエンザ予防などに役立つ〉

 そして納豆の効果を裏付けるような別の研究報告もあるという。

「免疫細胞の60%~70%は腸に存在することが最近わかった」(ジャーナリスト・森岡忍氏)

 1週間ほど納豆を食べ続けていればウイルスの増殖を抑え、さらに病原体と戦う抗体量を高められると言う。さらに納豆の効能と免疫力を高める食べ方を管理栄養士の工藤孝子さんはこう言う。

「納豆を14日間食べ続けると、食べる前に15%しかなかったビフィズス菌が約40%にまで増えたという報告もあります。また、納豆には解毒作用もあります。さらに女子栄養大学副学長の五明紀春先生は納豆にオリーブオイルを加えると免疫力アップ効果が抜群に上がるとも言っています」

 この冬はせっせと納豆を食べ、風邪知らずに過ごしたいものだ。

(谷川渓)

カテゴリー: 社会   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    ドジャース・大谷翔平はなぜ「6月に最高潮」なのか科学的分析!メラトニン分泌とホルモンの秘密

    なぜ大谷翔平は毎年6月になると、調子が上がるのか。メジャー通算500打点にあと1、200本塁打まであと3本に迫った6月最終戦は無安打に終わったものの、月間12本塁打、24打点をマーク。日本人選手として最多となる通算5度目の月間MVP受賞が有…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , |

    大谷翔平だけじゃない!メジャー影の首位打者「ベイビー・イチロー」は山形県がルーツの「侍ジャパン候補」

    メジャーリーグは6月を終えて、ア・リーグの打率トップはエンゼルスのレンヒーフォ(3割1分7厘)。それをヤンキースのジャッジが猛追しているが(3割1分3厘)、実は「影の首位打者」がいた。ガーディアンズのスティーブ・クワンだ。現地メディア関係者…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
韓国から「出ていけ!」ホン・ミョンボ代表新監督への〝ウソつき呼ばわり〟は日本人選手がキッカケだった
2
イギリスに実在した「世界最恐のサイコパス双子姉妹」ジューンとジェニファーの「双子語」狂乱人生
3
「黙らすぞクソ豚、コラァ!」坂本勇人のアドレナリン爆発を誘発させた大久保博元の「策略」
4
1軍首脳陣に嫌われた阪神・秋山拓巳に「他球団からトレード申し入れ」という「救いの手」
5
緊迫の「末期膵臓ガン寝室」体を弓なりに曲げて白目をむいた「心肺停止」騒動/プーチン「死亡・影武者説」を追う【2024年6月BEST】