社会

今年の冬は「インフルエンザと感染性胃腸炎」がダブル流行するという悪夢の警報

 新型コロナで日常生活を制限した反動が一気に出ている。

 今年の秋は宮城や長野、愛知などですでにインフルエンザ警報が史上最速で出ており、11月9日現在、都内23区や多摩地域4地域の保健所でも感染者数が30人/週を上回る「警報級の感染者数」が報告されているという。

 さらに同日、子供用に甘い味付けがなされたインフルエンザ治療薬「タミフルドライシロップ」の生産が追いつかず、出荷制限すると製造元の中外薬品が発表したばかり。

 インフルエンザの治療薬が品薄になっただけでなく、さらに心配な傾向も出ている。都内の小児科医によれば、

「幼稚園や保育園、小学校低学年の10歳以下の子供たちの間で、インフルエンザと感染性胃腸炎の同時感染が起きています。高熱と嘔吐を伴うため、水を飲めずに脱水症状や意識障害を起こすリスクが高くなっている。重症化させないために、子供が嘔吐したら早めに病院を受診してほしい」

 感染性胃腸炎は、ノロウイルスやロタウイルスなどのウイルス感染で引き起こされる。園児や低学年児童は新型コロナの感染対策で3年間も日常生活が制限されたため、ウイルスや病原菌への自然免疫が作られていない。しかも5000円を払ってインフルエンザワクチン接種を希望しても、タダで接種できる老人に優先的に接種するため、子供の接種を断る悪質な診療所もある。保育園や幼稚園、小学校でインフルエンザの感染が拡大しているのに、子供たちへのワクチン接種が追いついていない状況だ。

 さらに今年はA型、B型のインフルエンザウイルスが同時に報告されており、インフルエンザに感染して体力が落ちているところに、別の型のインフルエンザに感染することも。

 自衛策としては、

①インフルエンザワクチンのほか、感染性胃腸炎を引き起こすロタウイルスワクチンを接種する

②手洗いと喉の粘膜についたウイルスを洗い流すために、こまめな水分補給

③薬局でコロナとインフルA型、B型の同時検査ができる検査キットを購入しておく

④子供用の経口補水液やアイスクリームを買い置きしておく

⑤お腹の調子が悪い時は登園、登校、出勤を無理しない

 残念だが、無料タクシー代わりに救急車を呼びつける迷惑患者のせいで、今も救急車要請は逼迫しており、子供の意識が朦朧としてからでは遅い。子供の嘔吐が止まらず点滴することも想定して、できれば20時頃までの病院受診、もしくはオンライン診療で早めに治療薬を手に入れてほしい。

(那須優子/医療ジャーナリスト)

カテゴリー: 社会   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    バーガーキングが「空き物件」募集「成約で10万円」太っ腹作戦の狙い

    ファーストフードチェーン「バーガーキング」が2月5日から、出店してほしい物件を応募フォームから送ると特典がもらえる「バーガーキングを増やそう」キャンペーンを開始した。紹介した物件に出店が決まった場合には、何と10万円がもらえるという。「同チ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
緊急帰国の「ツイてない男」メッツ・藤浪晋太郎が千載一遇のチャンスを逃して「命取り」に
2
【トップシークレット】ヤクルト・奥川恭伸が決断を迫られる「トミー・ジョン手術」長期離脱
3
中国が日本国内に設置「秘密警察拠点」の幹部女性を雇用した自民党参院議員の激ヤバ度
4
さいたま市民が埼玉高速鉄道の「延伸」を熱望するのは「大宮駅で乗り換え」がダメダメすぎるから
5
山田邦子「松ちゃんの性格はわかってるんで」/テリー伊藤対談(2)