芸能

忽然と消えたあのいい女を追え!(4)<スキャンダルの行方>岡崎友紀・鹿島とも子・夏川純・松金ようこ…

 いい女が消えた陰にはスキャンダルあり。明るい笑顔の裏で、トラブルに巻き込まれた女性たちがいた。

「70年代アイドルのアイコン的存在だった彼女が、まさか、あんなふうになるなんて‥‥」

 そう女性誌記者が話すのは、ブロマイドの売り上げ「46カ月連続1位」を記録した岡崎友紀(65)だ。

 78年にソニーの御曹司と玉の輿結婚。そして3年で破局を迎えたが、ドラマで見せた明るいコメディエンヌとのギャップある一面は、10年にもかいま見えた。

「民主党から参議院選挙に出馬しましたが、サラ金や事務所社長などに3000万円以上の借金があり、社長から訴えられ、選挙も落選した」(官邸詰め記者)

 しばらく表舞台から姿を消したが、18年1月に動物愛護団体の理事に就任したことが報じられている。

 71年のNHK朝ドラ「繭子ひとり」でヒロインを務めた山口果林(71)は、13年に突然、芸名の名付け親でもある作家・安部公房との関係を赤裸々に書いた「安部公房とわたし」(講談社)を出版し、世間をざわつかせた。

「彼との20年以上の愛の日々を、自身のヘアヌード写真付きで単行本化。するとヒンシュクを買い、仕事もなくなりました」(プロダクション関係者)

 芸能界は、面倒なやっかい事は御免なのだ。

 日劇ダンシングチームの一員として芸能活動が期待されていた鹿島とも子(68)は、82年にスキー場での事故で下半身に障害が残ったことが“消える”ことへの布石となった。

「89年、ケガを機にオウム真理教に入信し、教団の広告塔として芸能活動を再開すると、97年には実娘の誘拐・監禁容疑で逮捕されました」(社会部記者)

 拘置中にオウムから脱会したが、時すでに遅し。芸能の仕事はなく、日雇い仕事で食いつなぐ日々が待っていた。12年頃に都内アパートで独居しているという消息を最後に、現在は不明である。

 人気絶頂前夜のおニャン子クラブにも消えた女が存在し、彼女たちは“幻のおニャン子”とされている。

「85年の『夕やけニャンニャン』(フジテレビ系)放送開始から2週間後、第1期メンバーの榎田道子(49)を中心に、友田麻美子(50)ほか4人が週刊文春に喫煙姿を撮られ、クビになったのです」(アイドルライター)

 17年に友田は週刊アサヒ芸能のインタビューで「私はちょうどタバコが切れていたので、吸っている瞬間は撮られませんでした」と語っているように“とばっちり”だった。そんな彼女に罪悪感を抱いていたのが榎田だ。

「17年12月8日放送の『爆報!THEフライデー』(TBS系)で、2人は当時以来の再会を果たし、因縁を解消しました」(アイドルライター)

 近年では、3歳年齢サバ読み騒動で干された夏川純(38)の動向が怪しい。

「11年に結婚、13年に出産したことも好意的に報じられ、ママタレの仲間入りかと思いきや、事務所の公式サイトからプロフィールが消えた。ブログも17年7月を最後に更新が途絶えたままです」(カメラマン)

 年齢詐称の余波は、一筋縄ではいかなかったか。

 最後に、12年に芸能界を揺るがせた「ペニオク事件」で引退した松金ようこ(36)は、いずこへ。

「彼女は“元締め”のような立ち位置で、関連した他の芸能人よりさらにブラックな存在でした。事件後は、頻繁に海外で豪遊する様子をブログにアップしたり、それも途絶えると、一度だけグラドル仲間のブログに登場したのみ。17年までは活動の場を香港に移していたようです」(スポーツ紙芸能担当デスク)

 いつか香港からの逆輸入スターとして、お目見えする日があるか!?

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    【緊急座談会】中年世代にど真ん中の夏カジュアルはあるのか!?

    Sponsored
    182685

    40代ともなると違和感を感じ始めるのが、休日のカジュアルファッションだ。体型が変わったり、若い頃に着ていた服が似合わなくなったり「何を着たらいいか分からなくなる」のがこの世代の特徴。昔ほどお金をかけるわけにもいかず、とりあえず安価なユニクロ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    クラファン発!最先端サプリ「スパルトT5」の実力と評判とは?

    Sponsored
    182842

    コロナ禍は、生活様式も働き方も大きく変えた。「仕事帰りにちょっと一杯」も難しくなった今、ビジネスの最前線で活躍する現役世代を蝕む過大なストレスが問題となっている。そんな精神的負担も原因なのか、これまで高齢男性に多かった“夜の悩み”を訴える3…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

注目キーワード

人気記事

1
広瀬すず、東京五輪応援CMの縦揺れバストに「デカっ」視聴者釘付け!
2
フジ堤礼実に「穿いてない!?」疑惑声が上がった生放送“超ミニ”大サービス
3
小島瑠璃子、霜降りせいやへのアプローチに「まずは肉体関係から?」の指摘!
4
石川佳純、東京五輪の初戦勝利で男性ファンを釘付けにした“大人バスト”
5
太川陽介「バスVS鉄道乗り継ぎ対決旅」に指摘が出た“ルール違反”