芸能

今年のドラマ視聴率ランキング、テレ朝が6本「十傑入り」の人気シリーズ力!

 2018年の年間ドラマ視聴率ランキングが確定した。トップは、平均視聴率17.6%を記録した、嵐の松本潤主演「99.9‐刑事専門弁護士‐SEASONII」(TBS系)が獲得。2位は米倉涼子主演「リーガルV」の15.6%、3位は木村拓哉主演の「BG~身辺警護人~」(ともにテレビ朝日系)の15.1%。テレ朝の高視聴率ドラマといえば「相棒」だが、現在放送中のseason17が年度をまたいでいるためカウントされていないが、今年放送された分だけで計算すると平均視聴率は15.3%で3位になる。

 4位は嵐の二宮和也主演「ブラックペアン」、5位は綾瀬はるか主演「義母と娘のブルース」(ともにTBS系)。6位はV6の井ノ原快彦主演「特捜9」(テレビ朝日系)。7位は阿部寛主演「下町ロケット」(TBS系)。8位は波瑠主演「未解決の女 警視庁文書捜査官」、9位は内藤剛志主演「警視庁・捜査一課長 season3」、10位は沢口靖子主演「科捜研の女18」12.5%(8位以下テレビ朝日系)。上位10位までをテレビ朝日とTBSが占める結果となった。

「米倉主演のドラマならば『ドクターX~外科医・大門未知子~』で行きたかったというのがテレビ朝日の本音です。ほぼ確実に20%超えでトップが取れたでしょう。それにしても、シーズンものがその強さを遺憾なく発揮した1年だったと言えるのではないでしょうか。地道に視聴者の視聴習慣をつけてきたテレ朝の1局勝ちでした」(テレビ誌ライター)

 かつては“ドラマのTBS”と言われた時代もあったが、テレ朝がこの勢いで視聴率三冠となる日も近いのかもしれない。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
お嬢様アナ奔放下半身(4)野村彩也子、バストを武器に萬斎の威光も不要?
2
お嬢様アナ奔放下半身(2)日テレ岩田絵里奈はよつんばい挑発で猛アピール!
3
橋本愛が“初夜シーン”巡り謝罪?「青天を衝け」ごっそりカットに呆れた声
4
お嬢様アナ奔放下半身(3)秋元優里、“竹林不貞”からの「復活」
5
テレ東・西野志海“プニプニDカップ”で苦悶の表情…NYからの猛烈アピール