芸能

長谷川豊は時間さえも超越した超時空世界の住人だった!?

 元フジテレビアナの長谷川豊が、新年からさっそく話題を投下してくれたようだ。公式YouTubeチャンネルの「本気論本音論チャンネル」にて1月8日に公開された「平成の30年を斬る!」という動画は、にこやかに「新年あけましておめでとうございます」と語り掛けるシーンからスタート。そんな元アナウンサーらしい“いい声”で新年早々、さっそくかましてくれたのである。

「動画の序盤で長谷川はいきなり『平成30年、スタートしましたねえ』と切り出したのです。思わず、昨年の動画を誤って再生したのかと公開日を確認しましたよ。平成最後の年にいきなりそこを間違えたことには驚きましたが、年明けには今年が何年なのかを間違うのはよくあること。とりあえずそこはスルーしたのですが、すると今度は開始2分後に『平成30年を振り返る』と始めたではないですか!スタートしたばかりの年をいきなり振り返るのか、それとも常にトンデモ論をぶちあげる長谷川らしく、時空をも超越してしまったのか。その驚きにもう、長谷川の主張が耳に入ってこなくなりました」(テレビ誌のライター)

 長谷川の動画にはテロップや効果音が挿入されており、それなりの技術を持った人が編集しているようだ。過去には協力者がいると語っていたこともあるが、そういった第三者がいれば、年表記の間違いには気づきそうなもの。その協力者が単純ミスを犯したとしても、動画のアップ前に長谷川自身が気づくはずだ。それがスルーされたということはやはり、長谷川自身が「時空を超越」しているのかもしれない。

 そんなオモシロ動画で幕開けした長谷川の平成30年、もとい31年だが、今回の動画では意外にも殊勝な姿勢を見せているという。テレビ誌のライターが続ける。

「長谷川は昨年12月30日にこの『本気論本音論チャンネル』を開設し、今回の動画ではチャンネル登録者数が323人になり、最初に投稿した動画は2000回視聴を突破したと報告していました。登録者数、再生数ともにあまりにお粗末な数字ですが、大事なのは彼が満面の笑みでこれらの結果に感謝を示したところ。かつてはフジテレビというマスメディアにいた身からすれば、100や1000という単位は取るに足らない数字のはずですが、政治家経験も経て一票の重みを実感するに至ったのでしょう」

 長谷川自身は6月までに登録者数10万人を目指すと意気込んでいるが、まずは1000人の大台を目指すところから地道に始めてもらいたいものだ。

(金田麻有)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    伊藤沙莉、「バストトップ出し&アエギ声」映画用にボイス訓練の“躍進女優力”

    161972

    若手女優きってのバイプレイヤー伊藤沙莉(26)の大躍進が止まらない。どこか親近感を持てるルックスと独特のハスキーボイスを携えて映画に引っ張りだこだというのだ。「主演の伊藤健太郎のひき逃げのためにお蔵入りになりかけた11月6日公開の『十二単衣…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
日テレ水卜麻美、「スッキリ」卒業で色白Eバスト求め視聴者も「ZIP!」大移動!?
2
桑田真澄、クロマティが明かしていた巨人に15年間も呼ばれなかった理由
3
王監督を激怒させたホークス“大乱闘”の内幕
4
太川陽介「バス旅」パートナーの意外過ぎる人選と懸念ポイント
5
菅野美穂、「ウチの娘は、彼氏が出来ない!!」に続々不評の「イタいポイント」