芸能

「ウザイ」「ムカツク」の声まで!川口春奈、新ドラマでの弁護士役が大不評なワケ

 坂口健太郎主演「イノセンス 冤罪弁護士」(日本テレビ系)が1月19日にスタートし、初回の平均視聴率は8.3%だった。

 物語は、有罪率ほぼ100%の日本の裁判おいて、若き弁護士・黒川拓(坂口)が冤罪を晴らすため、詳細な現場検証のもと逆転裁判に挑むヒューマン・リーガル・エンターテインメント。黒川の先輩であり科学者の秋保恭一郎(藤木直人)による謎解きのカギとなる実証も見どころの1つだ。

 ところが、黒川の事務所に入った新人弁護士の和倉楓演(川口春奈)の評判がネット上ではとにかく悪いのだ。〈川口春奈好きだけどこの役嫌だなぁ。強気で短気とかウザすぎる〉〈春奈の役がムカツク〉〈春奈の演技がドラマをぶち壊している〉〈川口春奈いらなくない?〉など、演出に従っているだけなのに、可哀想なほど散々な評価なのだ。

「同じリーガルもので、1月20日に放送された常盤貴子主演の『グッドワイフ』(TBS系)の第2話の平均視聴率は初回から1.5ポイントアップの11.5%。どちらのドラマも、冷静で優秀なパラリーガルの活躍が目を引きます。『イノセンス』では、趣里演じる城崎穂香。『グッド~』では、水原希子演じる円香みちる。どちらもクールでクレバー。ゆえに『イノセンス』では和倉1人が悪目立ちしてしまって、不評だったようですね」(テレビ誌ライター)

 主人公に対抗するヒロイン像はよくある手法だが、和倉に対して行った演出は少々やりすぎで視聴者から反感を持たれてしまったようだ。とはいえ、今後の意外な展開に向けての、あえて反感を持たれる演出なのかも。次回以降の川口の演技が注視される。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    実力派ジョッキー戸崎圭太も登場!「KEIRIN GP2019」スペシャル企画動画『The DAN(座談)』をチェックせよ!

    Sponsored
    138500

    12月にもなると「なんだか気持ちが落ち着かない…」というギャンブル好きの読者諸兄も多いことだろう。というのも年末は、競馬の「有馬記念」、競艇の「賞金王」、オートレースの「SS王座」といったビッグレースが目白押しだからだ。競輪では、12月30…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    センベロ、野球、鉄ちゃん、アニメ、オタク……趣味などの価値観重視で生涯のパートナーを見つけるマッチングアプリが中高年に最適なワケ

    Sponsored
    136162

    50歳で結婚歴のない「生涯未婚率」が激増している。これは2015年の国勢調査の結果によるもので、親世代となる1970年の同調査に比べると、その率なんと約14倍なんだとか。この現実をみると、「結婚できない……」ことを切実な問題として不安に思う…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    “男の活力低下”につけこむ甘い罠…手軽に入手できる海外未承認薬の危険過ぎる実態に迫る!

    Sponsored
    133097

    40代50代の中高年男性といえば、人間関係、リストラの恐怖、のしかかる責任感など仕事上の悩みに加えて、妻や子どもとの関係、健康や老後の不安といったプライベートなことまで、さまざまな問題を抱えているもの。そしてこれらがストレスとなり、加齢によ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

注目キーワード

人気記事

1
磯山さやか、志村けんへの「追悼メッセージ」が絶賛を浴びたポイントとは?
2
ステージママ・工藤静香に業界関係者も懸念する娘姉妹プロデュースの“誤算”
3
人前で夜の営みを!?沢尻エリカ、「18歳からクスリ漬け&ハメまくり生活」の衝撃
4
妹よりタチが悪い?土屋炎伽が見せた“インテリなのにポンコツ”ぶり!
5
ナゼ!?志村けん死去で米津玄師「Lemon」MVのコメント欄が荒れるワケ