芸能

「ウザイ」「ムカツク」の声まで!川口春奈、新ドラマでの弁護士役が大不評なワケ

 坂口健太郎主演「イノセンス 冤罪弁護士」(日本テレビ系)が1月19日にスタートし、初回の平均視聴率は8.3%だった。

 物語は、有罪率ほぼ100%の日本の裁判おいて、若き弁護士・黒川拓(坂口)が冤罪を晴らすため、詳細な現場検証のもと逆転裁判に挑むヒューマン・リーガル・エンターテインメント。黒川の先輩であり科学者の秋保恭一郎(藤木直人)による謎解きのカギとなる実証も見どころの1つだ。

 ところが、黒川の事務所に入った新人弁護士の和倉楓演(川口春奈)の評判がネット上ではとにかく悪いのだ。〈川口春奈好きだけどこの役嫌だなぁ。強気で短気とかウザすぎる〉〈春奈の役がムカツク〉〈春奈の演技がドラマをぶち壊している〉〈川口春奈いらなくない?〉など、演出に従っているだけなのに、可哀想なほど散々な評価なのだ。

「同じリーガルもので、1月20日に放送された常盤貴子主演の『グッドワイフ』(TBS系)の第2話の平均視聴率は初回から1.5ポイントアップの11.5%。どちらのドラマも、冷静で優秀なパラリーガルの活躍が目を引きます。『イノセンス』では、趣里演じる城崎穂香。『グッド~』では、水原希子演じる円香みちる。どちらもクールでクレバー。ゆえに『イノセンス』では和倉1人が悪目立ちしてしまって、不評だったようですね」(テレビ誌ライター)

 主人公に対抗するヒロイン像はよくある手法だが、和倉に対して行った演出は少々やりすぎで視聴者から反感を持たれてしまったようだ。とはいえ、今後の意外な展開に向けての、あえて反感を持たれる演出なのかも。次回以降の川口の演技が注視される。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    芸能・政治・カネの「実は?」に迫る!月額550円で“大人の裏社会科見学”

    Sponsored
    194887

    予期せぬパンデミックによって生活や通勤スタイルがガラリと変わった昨今、やれSDGsだ、アフターコロナだ、DXだと、目まぐるしく変化する社会に翻弄されながらも、今を生き抜くのが40~50代の男たち。それまでは仕事が終われば歓楽街へ繰り出し、ス…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
水卜麻美アナ、先っちょが浮き出てる!?視聴者を騒然とさせたバスト張り出しシーン
2
上白石萌音、広瀬すずの美バストがくっきり!2021年の“アクシデント”ショット大賞が決定
3
片瀬那奈 事務所退所で引退危機も「1億円」であの業界からオファー?
4
岡副麻希、視聴者騒然!シートベルトがガッツリ食い込んだ“Cバスト”のド強調
5
鬼束ちひろ、逮捕で注目された「“豊かなバスト見え”誕生日会の動画」に称賛!