芸能

「ウザイ」「ムカツク」の声まで!川口春奈、新ドラマでの弁護士役が大不評なワケ

 坂口健太郎主演「イノセンス 冤罪弁護士」(日本テレビ系)が1月19日にスタートし、初回の平均視聴率は8.3%だった。

 物語は、有罪率ほぼ100%の日本の裁判おいて、若き弁護士・黒川拓(坂口)が冤罪を晴らすため、詳細な現場検証のもと逆転裁判に挑むヒューマン・リーガル・エンターテインメント。黒川の先輩であり科学者の秋保恭一郎(藤木直人)による謎解きのカギとなる実証も見どころの1つだ。

 ところが、黒川の事務所に入った新人弁護士の和倉楓演(川口春奈)の評判がネット上ではとにかく悪いのだ。〈川口春奈好きだけどこの役嫌だなぁ。強気で短気とかウザすぎる〉〈春奈の役がムカツク〉〈春奈の演技がドラマをぶち壊している〉〈川口春奈いらなくない?〉など、演出に従っているだけなのに、可哀想なほど散々な評価なのだ。

「同じリーガルもので、1月20日に放送された常盤貴子主演の『グッドワイフ』(TBS系)の第2話の平均視聴率は初回から1.5ポイントアップの11.5%。どちらのドラマも、冷静で優秀なパラリーガルの活躍が目を引きます。『イノセンス』では、趣里演じる城崎穂香。『グッド~』では、水原希子演じる円香みちる。どちらもクールでクレバー。ゆえに『イノセンス』では和倉1人が悪目立ちしてしまって、不評だったようですね」(テレビ誌ライター)

 主人公に対抗するヒロイン像はよくある手法だが、和倉に対して行った演出は少々やりすぎで視聴者から反感を持たれてしまったようだ。とはいえ、今後の意外な展開に向けての、あえて反感を持たれる演出なのかも。次回以降の川口の演技が注視される。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
大橋未歩の“バックは必要”発言!/フリー女子アナ「スキャンダル黒歴史」(終)
2
吉岡里帆 ドラマ「レンアイ漫画家」で“27秒42回”バスト揺れも大爆死の舞台裏
3
ボタンが弾け飛びそう!新井恵理那、“Dバスト”躍動バドミントン動画に絶賛の声
4
テレ朝・安藤萌々、2年目で見せ始めた“Dバスト”の「本領発揮」!
5
広瀬すず、“前かがみ美バスト写真”で飛び交った「ネメシス」視聴者の願いとは?