社会

小室圭さん、「金銭問題は解決済み」文書に宮内庁関係者が抱いた「不安」

 昨年11月22日、53歳の誕生日を前にした秋篠宮さまは会見で、長女・眞子さまのご婚約問題について「多くの人が納得し、喜んでくれる状況にならなければ、いわゆる婚約に当たる納采の儀を行うことはできません」と言明。眞子さまのお相手とされる小室圭さんの母親の金銭問題については「問題をクリアすること(が必要)になってくる」と踏み込んだご発言をされたことが話題になった。

 その後、1月22日になって、ようやく渦中の小室さんが代理人を通して見解を文書で発表した。丁寧な言葉で、A4サイズの紙にびっしりと書かれた文言を要約すると“母親の元婚約者との借金トラブルは、すべて解決済み”であり、返金する意思はないというものだった。

 これに対し、小室母の元婚約者は、マスコミの取材に対応。小室さんがこの文書を発表する前に自分のところには連絡はなかったことを明かし、「貸した金は返してほしい」と返済を求めた。

 社会部記者は「裁判ともなれば、借用書がないということで返済は難しいかもしれませんが、小室さん側の誠意のなさが表れていた」と感じたという。

「秋篠宮さまは『多くの人が納得し、喜んでくれる状況』をお望みです。小室さんは、文書の中で元婚約者に、《母が婚約中に受けた支援については清算させていただきたいとお伝えした》と借用の事実は認めています。それを返してもらう必要がないと元婚約者から説明を受けたというのが文書での説明ですが、これを元婚約者が否定しているわけですからね。今後、どのように対処すればいいのか、小室さん側は、まず、元婚約者の方と話し合いをする必要があったと思います」

 女性誌記者は「宮内庁関係者は、小室さんに対し不安を感じている」と話す。

「現皇太子さまが天皇陛下となられれば、秋篠宮さまは皇位継承順位1位の皇嗣殿下となられます。長女・眞子さまは、ご結婚後、民間人となっても、その影響力ははかり知れません。お立場を利用しようとする輩が出てこないとも限らないですからね」

 金銭トラブルを抱えている家庭に大事な娘を嫁がせるのは、一般家庭であっても躊躇するのは当然だろう。

カテゴリー: 社会   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
山田優、「バスト渓谷全開」ルームウェア紹介写真が妄想させる「夫婦生活」
2
芳根京子、「ベッドでの“事後”で見せた貴重なバスト渓谷」にファンがクギ付け!
3
貴重すぎた?「ドラゴン桜」“平手友梨奈の美脚砲”で高視聴率をキープ!
4
本田望結、隠し切れない胸の膨らみが招く?ジワジワ“アンチ”増加の嫉妬現象
5
年収5億!?指原莉乃、TV界「若き女帝」が「華麗なる人脈」を作ったテクとは