芸能

高橋英樹、人気シリーズドラマ最新作に高田純次が登場でファン安堵のワケ!

 高橋英樹が主役の十津川警部を演じる人気シリーズ「西村京太郎トラベルミステリー」の最新作が制作されていることが明らかになった。高橋が1月26日のブログ「十津川警部クランクイン!」で、〈久しぶりの早朝からの仕事!横浜からのロケ スタート 見慣れた仲間達 お馴染みの トレンチコート そうです トラベルシリーズ十津川警部です〉と発表している。

 ブログではドラマ撮影中の写真も公開されており、撮影は順調のようだ。1月28日には北千住でのロケの模様が披露されている。

「これらの写真に高田純次が写っていたことにファンから安堵の声が上がりました。高田は“亀さん”こと亀井定夫を演じています。亀さんは十津川警部の大切なパートナー。前作の第69作で2人が“再始動”したことで、高田から変更されることはないというのが大筋の見方でしたが、代わるのではないか、あるいは亀さんが登場しないのではないかと心配する声も出ていた。無事、高田が亀さんを演じたことで、安堵しているというわけです」(テレビ誌ライター)

 高橋のブログで公開された写真には、高田のほかにもおなじみの捜査一課の面々が見て取れる。小林宏昌刑事を演じる俳優の佐藤正浩や、久保田あかね刑事役の伴アンリの顔もあるようだ。

「ファンがなぜこんなに出演者のことを気にかけているかというと、前作の第69作から西本功刑事役の森本レオと松山史朗刑事役の宇梶剛士が出演しなくなったからです。突然でした。特に森本レオは第5作から出演している常連。それが急にいなくなったわけですから、亀さんといえども可能性はあると考えているんです」(前出・テレビ誌ライター)

 最新の第70作はどんな物語になり、誰が出演するのか。ファンにとっては待ち遠しい日々が続きそうだ。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
サイ・ヤング賞候補なのに先発投手ランキングから消える…カブス・今永昇太「防御率0点台」に立ちはだかる「問題」
2
「矢野はなんちゅうことをしてくれたんや」阪神OBが嘆く佐藤輝明の「致命的な初期育成ミス」
3
楽天・西武・中日…3弱チームの共通点は「PL学園出身監督」高すぎるプライドに江本孟紀ダメ出し
4
「長嶋監督、怒ってなかった?」高橋由伸が耳を疑った巨人・阿部慎之助監督の「のん気発言」
5
北京五輪「世紀のエラー」G.G.佐藤に野村克也が贈った死の10日前の金言「お前の勝ちだ」