スポーツ

大坂なおみ「褐色の大和撫子」の秘密(2)スポ根アニメとゲームに夢中

 3年前にはランキング200位以下だった大坂だが、【6】いきなりトップに躍り出た理由とは? テニスジャーナリスト・塚越亘氏が説明する。

「17年末から彼女のコーチになったサーシャ・バジン氏(34)の存在が大きい。女子は4大大会以外では試合中のコーチの指導が認められており、大坂選手は実践でトレーニングを積むことができた。バジン氏は、大坂選手の前には女王S・ウィリアムズのヒッティングパートナーを8年間務めており、その下積みが、コーチ能力の開花につながった」

 試合中にミスショットを連発し、泣き崩れそうな大坂に「キミならできる」と激励の言葉で救ったのはイケメンコーチだった。

「サーシャコーチは、一方的に頭ごなしの指導をすることはありません。指導法は『同じことを伝えるにも選手に合った言葉がある。いろいろな言い方で伝えるようにしている』と語っている。大坂は試合後のインタビューでは『どんなアドバイスを受けたか忘れちゃった』と言ったこともあったが、それでもサーシャコーチに全幅の信頼を寄せており、こうした発言は気の置けない関係だからこそ出るのでしょう。大坂は全豪でサーシャコーチと、優勝したら、髪を切るか染めるかどちらかという賭けをした。優勝後は、『髪を切りたくないから染めるのを選択するでしょうね。でも、ピンクに染めたコーチと一緒にいるのは恥ずかしい』と得意のジョークで返していた」(スポーツ紙デスク)

 トップ選手にしては珍しいのが、道具にこだわらない姿勢だ。

「試合で使用するウエアとシューズは市販のものと同じ。ヨネックス製のラケットまで市販のもの。ただ、今大会からガットをナイロンからプロ仕様に変更しました。普通、テニス選手はラケットよりガットを変えることに戸惑いますが、大坂は短期間のチェンジで成功させた」(専門誌記者)

 昨年9月、日産ブランドアンバサダーへの就任会見で好きな車を問われた大坂は、すかさず「GT-R」と即答。もしや、【7】持ち前の高速サーブと同じくスピードマニアか?

「就任会見で指名を受けた『GT-R』と『リーフ』の2台をプレゼントしました。また、昨年12月から限定モデルのGT-R(1260万円)の予約を受け付け開始しましたが、おかげさまですでにキャンセル待ちの状態です。大坂さんからのご提案でボディカラーは白黒以外にミッドナイトオパールという紫っぽい特別色。内装も3種類から選べる特別仕様になっています。もしかして好きな色なのかもしれません」(日産・広報)

 身長180センチ、ライオンのたてがみのような金色のカーリーヘアは世界のコートで映えるが、【8】ふだんは何してる?

「会見での受け答え、試合後にお辞儀をするなどのしぐさ、本人も『メンタリティは日本』と語るように中身は日本人っぽい。私生活の趣味は意外にインドア派で、プレステゲームの他に好きなアニメは『ハイキュー!!』『テニスの王子様』『ユーリ!!!on ICE』などスポ根もの。YouTubeなど動画もよく見ている現代っ子です。ちなみに、好きな異性のタイプに関しては米国のトーク番組では『俳優のマイケル・B・ジョーダン』、日本に帰国後のテレビでは『大谷(翔平)、顔だけね』とシャイな気持ちを明らかにしている」(専門誌記者)

 恋人はマッチョ系が必然!?

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    【緊急座談会】中年世代にど真ん中の夏カジュアルはあるのか!?

    Sponsored
    182685

    40代ともなると違和感を感じ始めるのが、休日のカジュアルファッションだ。体型が変わったり、若い頃に着ていた服が似合わなくなったり「何を着たらいいか分からなくなる」のがこの世代の特徴。昔ほどお金をかけるわけにもいかず、とりあえず安価なユニクロ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    クラファン発!最先端サプリ「スパルトT5」の実力と評判とは?

    Sponsored
    182842

    コロナ禍は、生活様式も働き方も大きく変えた。「仕事帰りにちょっと一杯」も難しくなった今、ビジネスの最前線で活躍する現役世代を蝕む過大なストレスが問題となっている。そんな精神的負担も原因なのか、これまで高齢男性に多かった“夜の悩み”を訴える3…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

注目キーワード

人気記事

1
三吉彩花、ちょっと動いたらバストがこぼれそう!心配の声も出たジッパー衣装
2
沢口靖子「科捜研の女」“打ち切り”報道で密かに喜ぶ人の「意外な理由」
3
平愛梨、帰国早々ド肝を抜いたノースリーブ“爆裂バスト”でオファー殺到!?
4
新天地美女アナの「最速通信簿」(2)TBS朝の新番組で安住アナが江藤愛を指名
5
新垣結衣、新CMに“少しぽっちゃり?”ボディ変化に飛び交った「憶測」