政治

橋下・小沢・安倍が改元直後に「新政権」サプライズ(4)「この先は何でもアリだ」示唆

 自民党OBが、その内情を明かす。

「憲法改正を旗印に安倍さんと組むというのは、常に小沢さんのオプションにあったようだ。そもそも小沢さんは『反自民』じゃない。やりたいことは政権交代可能な小選挙区制の導入と改憲で、前者は民主党で政権を取った際に一度は実現させた。あとは改憲だよ」

 大連立を成立させるための「つなぎ役」が橋下氏だとすれば、「基礎工事」を担うのが小沢氏なのだ。この自民党OBが続ける。

「細野豪志(47)が無所属のまま自民党・二階派入りしたのも、裏で糸を引いているのは小沢さんだよ。二階・細野の2人で決めるなんてことは絶対にない。しかし、いくらなんでも安倍さんが細野さんを拾うわけにはいかないから、かつて新生党や新進党で行動をともにした二階さんに『いろんな動きがあるから、とりあえず細野の面倒をみてくれ』と託したわけだ。細野さんの動きは安倍総理にとっても、『この先は何でもアリだ』という党内への強烈なメッセージになる。大連立への布石というわけだ」

 小沢氏は過去に、今回の大連立画策と同様のことをした経験がある。永田町関係者が回想する。

「民主党が政権を取ったあと、鳩山由紀夫氏(72)が退陣に追い込まれた。小沢はあまりの政権運営能力のなさに失望し、福田康夫元総理(82)に話をつけに行ったんですよ。『週末は地元に帰ってドブ板をやれって言っても、全然やらずにテレビにばっかり出ている。選挙をやればまだ勝てるだろうけど、そのうち政権運営が行き詰まるから、連立を組もう。民主党を丸ごと差し出すから、合体してくれないか』と。福田氏はそれにOKを出したんだが、岡田氏ら頭のカタイ連中に猛反対されて流れた経緯がある」

 まさにその手法をもってして、今回の動きに至っているのだ。

 とはいえ、山村氏は、その強烈すぎる手腕が逆に連立を妨げるのでは、との疑念も捨て切れないという。

「一部の自民党古参議員にとっては、かつて自民党を離脱して牙を剥いた小沢さんこそが、まさに不倶戴天の仇ですからね。一生とけないほどの怒りを抱えている人もいる。合流に際しては小選挙区の立候補者の調整もありますが、自民党は現状では満席状態ですから、その意味でもよほどちゃんとした根回しが必要になってくるでしょう。橋下さんがどう立ち回るか、というのも重要でしょうね。そもそも私は、『国民民主党+自由党』との連立は、立憲民主党の枝野代表から出た案のひとつだという話も聞きました。それに感づいた自民党が(野党結集を封じるため)横からかっさらっていった形だとか。その経緯を考えても、実現に向けてまだまだいくつかハードルがあるのでは、と個人的には感じていますが‥‥」

 サプライズの「新政権」誕生に向け、策士たちはさらに動きを激しくさせていく──。

カテゴリー: 政治   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    実力派ジョッキー戸崎圭太も登場!「KEIRIN GP2019」スペシャル企画動画『The DAN(座談)』をチェックせよ!

    Sponsored
    138500

    12月にもなると「なんだか気持ちが落ち着かない…」というギャンブル好きの読者諸兄も多いことだろう。というのも年末は、競馬の「有馬記念」、競艇の「賞金王」、オートレースの「SS王座」といったビッグレースが目白押しだからだ。競輪では、12月30…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    センベロ、野球、鉄ちゃん、アニメ、オタク……趣味などの価値観重視で生涯のパートナーを見つけるマッチングアプリが中高年に最適なワケ

    Sponsored
    136162

    50歳で結婚歴のない「生涯未婚率」が激増している。これは2015年の国勢調査の結果によるもので、親世代となる1970年の同調査に比べると、その率なんと約14倍なんだとか。この現実をみると、「結婚できない……」ことを切実な問題として不安に思う…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    “男の活力低下”につけこむ甘い罠…手軽に入手できる海外未承認薬の危険過ぎる実態に迫る!

    Sponsored
    133097

    40代50代の中高年男性といえば、人間関係、リストラの恐怖、のしかかる責任感など仕事上の悩みに加えて、妻や子どもとの関係、健康や老後の不安といったプライベートなことまで、さまざまな問題を抱えているもの。そしてこれらがストレスとなり、加齢によ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

注目キーワード

人気記事

1
フジ永島優美、激し過ぎる本格ダンスでやっぱり見えちゃった“バストの奥”!
2
畠山愛理も霞む”Eバスト”!NHK副島萌生の「色香滴り」衣装にネット騒然
3
「三角」はイヤ!西野七瀬「水着嫌い」告白にファンから逆に歓喜の声
4
あの「りさお姉さん」が強そうになってる!ガッチリ化にパパたちの涙
5
石川佳純が“極太棒”を手に…思わずニンマリの妄想爆発ショットとは?