芸能

9nine、活動休止発表にアイドルファンが「やはりアノ人の脱退が痛かった」!

 やはりあの人抜きではこのアイドル不況を生き抜くのは難しかった?

 4人組パフォーマンスユニット・9nineが4月6日に東京・中野サンプラザで行われる公演「9nine one man live 2019 Forever 9nine」をもって活動を休止することを2月27日に発表した。同グループは05年9月に結成。07年3月に「first 9」でメジャーデビューを果たし、14年8月には日本武道館公演も行っている。

 そんな彼女たちだが、公式サイトに9nineメンバーとスタッフ一同として掲載されたコメントでは話し合いの結果、「メンバーひとりひとりが新しいことに挑戦し、責任を持って個人活動に取り組み、成長するべきだという結論となりました。そして、活動休止の道を選択することとなりました」と、報告している。

「現在は女優として活動し、最もグループで知名度があった川島海荷が16年7月に同グループを脱退していますが、彼女が抜けて1年が経過した17年秋頃から話し合いが重ねられていたようです。アイドルファンの間ではグループ名は知れていたものの、川島の名前しか知らないという人も多かったのが事実なだけに、やはり川島の卒業が活動休止に大きく響いたと考えるのが普通なところです」(アイドル誌ライター)

 そのため、アイドルファンからは「やっぱり川島がいないと厳しいよな」「むしろ川島が卒業して2年半以上もってるんだから頑張った方だろ」「ついに9nineまで解散か…知っているグループがだんだんとなくなっていく」などといった声が上がっている。

「AKB48が初のミリオンセールスを達成した2010年頃を境に、全国各地にローカルアイドルが次々と誕生。全国には3000組以上のグループアイドルがいるといわれ、アイドル戦国時代と例えられていましたが、17年にハロープロジェクトの人気グループ『℃-ute』が解散するなど、有名グループの解散が目立っています。昨年もメジャーグループだけでも『GEM』『Cheeky Parade』『PASSPO☆』『バニラビーンズ』が解散していますから、アイドルブームは静かに去ろうとしているのが現状。9nineと同じレプロエンタテインメントに所属する『ベイビーレイズJAPAN』も解散していますから、レプロもとりあえずはアイドル事業から撤退する意向なのでしょう」(前出・アイドル誌ライター)

 乃木坂46、欅坂46など坂道グループの一強時代が到来しているが、その他のアイドルにとってはとてつもなくシビアな状況が続きそうだ。

(権田力也)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
ラモス瑠偉「W杯惨敗サッカー日本代表コキ下ろし」に抗議電話15万5000件/スポーツ界を揺るがせた「あの大問題発言」
2
「キスしてる?」質問にフジテレビ・井上清華が衝撃「赤面もじもじ返答」の「まさか!」
3
「趣味でUber Eats配達員をやってる」オードリー若林正恭に「必死の生活者」が感じること
4
落合博満が「何の連絡もない」と困惑する「中日OB戦オファー事件」の舞台裏
5
桑田真澄に「偉業を全て盗まれた」同級生の元バッテリー捕手が明かす「ほとんど完全試合」時代