芸能

「昭和・平成」有名人の衝撃自死(10)止まらなかった可愛かずみの自傷行為

 女子アナや芸能美女との結婚も多く、いまだにモテモテのプロ野球選手。間もなく公式戦の開幕を迎えるが、今年も多くの選手がヒーローとなり、美女たちに熱い視線を送られるのだろう。

 しかし、そんな有名プロ野球選手との熱愛を経て、悲しい最期を遂げた美女もいた。日活映画「セーラー服色情飼育」(82年)でデビューして人気タレントとなった、可愛かずみさんだ。

彼女は1997年5月、当時ヤクルトに在籍していた川崎憲次郎投手(現・野球解説者)が住んでいた東京目黒区のマンション7階から飛び降りて、この世を去っている。

「可愛さんと川崎さんは、95年に熱愛が発覚し、一時は結婚秒読みとされながら、1年半ほどで破局。結婚を熱望していた可愛さんの思いに川崎さんが応えられなかったのが原因と言われていました。彼女のショックは相当なものだったようで、ストレスから過呼吸状態に陥る過換気症候群を患っていたといいます」(ワイドショー関係者)

 その後、外車ディーラーを経営する実業家との婚約も伝えられ、失恋のショックからは立ち直ったかと思われていた。

「しかしその一方で、可愛さんは2度にわたってリストカットによる自死未遂を繰り返し、完全に自傷行為が癖になっていたという。そんな中、3度目のリストカットで病院から戻ってきた直後に川崎さんのマンションに向かい、飛び降りてしまったのです。告別式で棺に納められた、可愛さんが結婚式で着るはずだった白いウェディングドレスが強烈に印象に残っています」(ワイドショー関係者)

 自死は、残された者たちに大きな傷を残すのである。

(露口正義)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    実力派ジョッキー戸崎圭太も登場!「KEIRIN GP2019」スペシャル企画動画『The DAN(座談)』をチェックせよ!

    Sponsored
    138500

    12月にもなると「なんだか気持ちが落ち着かない…」というギャンブル好きの読者諸兄も多いことだろう。というのも年末は、競馬の「有馬記念」、競艇の「賞金王」、オートレースの「SS王座」といったビッグレースが目白押しだからだ。競輪では、12月30…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    センベロ、野球、鉄ちゃん、アニメ、オタク……趣味などの価値観重視で生涯のパートナーを見つけるマッチングアプリが中高年に最適なワケ

    Sponsored
    136162

    50歳で結婚歴のない「生涯未婚率」が激増している。これは2015年の国勢調査の結果によるもので、親世代となる1970年の同調査に比べると、その率なんと約14倍なんだとか。この現実をみると、「結婚できない……」ことを切実な問題として不安に思う…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    “男の活力低下”につけこむ甘い罠…手軽に入手できる海外未承認薬の危険過ぎる実態に迫る!

    Sponsored
    133097

    40代50代の中高年男性といえば、人間関係、リストラの恐怖、のしかかる責任感など仕事上の悩みに加えて、妻や子どもとの関係、健康や老後の不安といったプライベートなことまで、さまざまな問題を抱えているもの。そしてこれらがストレスとなり、加齢によ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

注目キーワード

人気記事

1
槇原敬之、二度目の逮捕で「松本人志のコメント」が注目必至の深いワケ!
2
人前で夜の営みを!?沢尻エリカ、「18歳からクスリ漬け&ハメまくり生活」の衝撃
3
唐橋ユミ、奇抜衣装も好感が持たれた“隠れEカップ”と癒やしキャラの健在!
4
SKE48大場美奈、不意に襲うビリビリ電流で下半身押さえる姿にファン騒然
5
女もヤル気満々!?“板尾創路に性的被害受けた”報道に板尾擁護続出のワケ