芸能

「昭和・平成」有名人の衝撃自死(10)止まらなかった可愛かずみの自傷行為

 女子アナや芸能美女との結婚も多く、いまだにモテモテのプロ野球選手。間もなく公式戦の開幕を迎えるが、今年も多くの選手がヒーローとなり、美女たちに熱い視線を送られるのだろう。

 しかし、そんな有名プロ野球選手との熱愛を経て、悲しい最期を遂げた美女もいた。日活映画「セーラー服色情飼育」(82年)でデビューして人気タレントとなった、可愛かずみさんだ。

彼女は1997年5月、当時ヤクルトに在籍していた川崎憲次郎投手(現・野球解説者)が住んでいた東京目黒区のマンション7階から飛び降りて、この世を去っている。

「可愛さんと川崎さんは、95年に熱愛が発覚し、一時は結婚秒読みとされながら、1年半ほどで破局。結婚を熱望していた可愛さんの思いに川崎さんが応えられなかったのが原因と言われていました。彼女のショックは相当なものだったようで、ストレスから過呼吸状態に陥る過換気症候群を患っていたといいます」(ワイドショー関係者)

 その後、外車ディーラーを経営する実業家との婚約も伝えられ、失恋のショックからは立ち直ったかと思われていた。

「しかしその一方で、可愛さんは2度にわたってリストカットによる自死未遂を繰り返し、完全に自傷行為が癖になっていたという。そんな中、3度目のリストカットで病院から戻ってきた直後に川崎さんのマンションに向かい、飛び降りてしまったのです。告別式で棺に納められた、可愛さんが結婚式で着るはずだった白いウェディングドレスが強烈に印象に残っています」(ワイドショー関係者)

 自死は、残された者たちに大きな傷を残すのである。

(露口正義)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
本田望結、隠し切れない胸の膨らみが招く?ジワジワ“アンチ”増加の嫉妬現象
2
テレ東・田中瞳、「WBS」生放送中に映りこんじゃった!?スカートの奥の奥
3
「着飾る恋」川口春奈&横浜流星の「マッパ温泉シーン」で苦情が飛び交ったワケ
4
橋本環奈の70万円が関係?「ゴチ」大不評な“割り勘ルール”導入の裏事情
5
「バス旅」にまたしてもヤラセ疑惑!?ゴール直前に発生した“トイレ事件”