芸能

「昭和・平成」有名人の衝撃自死(10)止まらなかった可愛かずみの自傷行為

 女子アナや芸能美女との結婚も多く、いまだにモテモテのプロ野球選手。間もなく公式戦の開幕を迎えるが、今年も多くの選手がヒーローとなり、美女たちに熱い視線を送られるのだろう。

 しかし、そんな有名プロ野球選手との熱愛を経て、悲しい最期を遂げた美女もいた。日活映画「セーラー服色情飼育」(82年)でデビューして人気タレントとなった、可愛かずみさんだ。

彼女は1997年5月、当時ヤクルトに在籍していた川崎憲次郎投手(現・野球解説者)が住んでいた東京目黒区のマンション7階から飛び降りて、この世を去っている。

「可愛さんと川崎さんは、95年に熱愛が発覚し、一時は結婚秒読みとされながら、1年半ほどで破局。結婚を熱望していた可愛さんの思いに川崎さんが応えられなかったのが原因と言われていました。彼女のショックは相当なものだったようで、ストレスから過呼吸状態に陥る過換気症候群を患っていたといいます」(ワイドショー関係者)

 その後、外車ディーラーを経営する実業家との婚約も伝えられ、失恋のショックからは立ち直ったかと思われていた。

「しかしその一方で、可愛さんは2度にわたってリストカットによる自死未遂を繰り返し、完全に自傷行為が癖になっていたという。そんな中、3度目のリストカットで病院から戻ってきた直後に川崎さんのマンションに向かい、飛び降りてしまったのです。告別式で棺に納められた、可愛さんが結婚式で着るはずだった白いウェディングドレスが強烈に印象に残っています」(ワイドショー関係者)

 自死は、残された者たちに大きな傷を残すのである。

(露口正義)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    【緊急座談会】中年世代にど真ん中の夏カジュアルはあるのか!?

    Sponsored
    182685

    40代ともなると違和感を感じ始めるのが、休日のカジュアルファッションだ。体型が変わったり、若い頃に着ていた服が似合わなくなったり「何を着たらいいか分からなくなる」のがこの世代の特徴。昔ほどお金をかけるわけにもいかず、とりあえず安価なユニクロ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    クラファン発!最先端サプリ「スパルトT5」の実力と評判とは?

    Sponsored
    182842

    コロナ禍は、生活様式も働き方も大きく変えた。「仕事帰りにちょっと一杯」も難しくなった今、ビジネスの最前線で活躍する現役世代を蝕む過大なストレスが問題となっている。そんな精神的負担も原因なのか、これまで高齢男性に多かった“夜の悩み”を訴える3…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

注目キーワード

人気記事

1
フジ堤礼実に「穿いてない!?」疑惑声が上がった生放送“超ミニ”大サービス
2
フジ井上清華、”Dバスト突き出しサービス”に視聴者が歓喜した!名誉挽回の光明
3
広瀬すず、東京五輪応援CMの縦揺れバストに「デカっ」視聴者釘付け!
4
テレ朝・斎藤ちはるは“ギャップ”が凄い/女子アナ「艶金メダル争い」中継(終)
5
太川陽介「バスVS鉄道乗り継ぎ対決旅」に指摘が出た“ルール違反”