芸能

東国原英夫、肉離れが「死の宣告に近い」とツイートして大炎上!

 タレントで元政治家の東国原英夫が3月12日、右脚の太ももが肉離れと診断されたことを明かした。その東国原と言えば、「オールスター感謝祭」(TBS)の名物企画「赤坂5丁目ミニマラソン」にて昨年10月、61歳にして7位に入るなどその健脚ぶりで有名。それゆえ今回の肉離れについても〈スピード練習は論外。ショックである〉とツイートし、残念がる気持ちを露わにしている。

 その東国原に対して、「そんなことを言うな」「最低の発言」といった批判が続出し、炎上状態になっているというのだ。芸能記者がささやく。

「東国原は前出のツイートで《スピード練習をするなという事は、僕にとって「死の宣告」に近いものがある》と書いており、その言葉に批判が集まっています。スポーツ選手では競泳女子の池江璃花子選手が2月12日、白血病に罹患したことを公表したばかり。来年に迫った東京五輪どころか、池江自身の将来にも日本中から心配の声が寄せられている状況で、たかが肉離れ程度で“死の宣告”と大げさに騒ぐ姿は、みっともないと思われるのも無理はありません」

 その東国原に対しては「死の宣告とか書いちゃダメ」「軽々しく死とか言うな」「炎上覚悟か」などと批判が殺到。元政治家とは思えない発言だと非難が集まっている。だが一部には、東国原に理解を示す向きもあるようだ。

「東国原は1月5日に放送された『逃走中』(フジテレビ系)に出演するも、まったく姿の映らない状態が続きました。実は足を滑らせて転倒し、顔面を含む数カ所を痛打。ドクターストップがかかっていたのです。その日は雨が降り続き、会場の大学構内は滑りやすい状態になっていましたが、他の出演者が平気な中、健脚自慢の自分が転んでしまったことには相当なショックを受けたのでしょう。もはや還暦も過ぎましたし、心の内には『最期が近づいてきた』という恐れを秘めているのかもしれません」(前出・芸能記者)

 もしや今回の言葉は「芸能人としての死の宣告」という意味だったのかもしれない。

(金田麻有)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    参加無料の賞金大会実況リポート!いま激アツなオンライン麻雀の“リアル”

    Sponsored
    156506

    ここ数年、急増している麻雀番組。昨今、超人気アイドルグループをはじめ、グラドル界からも麻雀にハマるメンバーが続々登場。彼女たちの間では「グラドル雀士枠」の争奪戦も展開されているとか。もはや可愛いさだけではなくプロとも渡り合えるガチな雀力が求…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    アラフォー男性の健康トラブルが増えている!?“人生100年時代”を生き抜く3つのヒントとは?

    Sponsored
    155376

    “貧乏暇なし”とはよくいったもので、来る日も来る日も働きづめでストレスはたまる一方だ。暴飲暴食で食生活は乱れ、疲れがなかなかとれないばかりか、眠りは浅く熟睡もできない。こんな毎日だから朝から体がダルいし、集中力や判断力が鈍って仕事ではミスば…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
太川陽介が最もヤバいバス旅マドンナに言及!マルシアじゃなかった!?
2
「極主夫道」視聴率伸び悩み、“局内議論”で浮上した「最も根本的な問題」とは
3
本田真凜、「NHK杯」9位の苦戦よりファンが注目した“ボディの成長”!
4
NHK桑子真帆は「コンバート」も鉄壁守備不変!女子アナ「仁義なき契約更改」
5
フジ井上清華、「めざましテレビ」では見せない“ギャンブラー”本性