芸能

鈴木京香「長谷川博己」との結婚を阻む障壁(2)「ずっと恋していたい」宣言

 皮肉なことにそれから一段とマスコミのマークは厳しくなり、「結婚」と「破局」報道が繰り返されていく。

「交際5年目には同棲解消が報じられたり、映画『進撃の巨人』(15年、東宝)で共演した石原さとみと長谷川が番宣の間に距離が一気に縮まって、交際がささやかれたことすらあった」(芸能プロ関係者)

 煮えきらない態度の長谷川に愛想を尽かしてしまったのか。芸能ジャーナリストの松本佳子氏が明かす。

「以前、京香を張り込み取材した時は、1人で買い物に出かけ、ドラッグストアで生活用品を購入し、そのあとは日本茶専門店でお茶を飲みながら本を読んでいました。女優然としていなくて、1人でも生活ができているので、結婚への焦りは特にないように感じました」

 京香を知る役者仲間も証言する。

「宴席で恋バナになった時、『マッチョ系は好みじゃない』とか、『ずっと恋していたい』と話していました。熟女になっても匂い立つようなフェロモンが漂っているのは、結婚という形に収まらず、ずっと恋愛をしているおかげなのかもしれません」

 このまま独身ライフが続くのかと思われたやさき、昨年5月に「女性自身」が、京香が50歳の誕生日を迎える前に、長谷川がプロポーズをしたとスクープ。さすがに今度こそゴールインかとマスコミをにぎわせたが、誕生日を過ぎても結婚発表は音さたなし。

「この時もマスコミ報道が先行したことで、延期を決断したそうです」(芸能記者)

 結婚しようとするたびにマスコミが障壁となり、意地の張り合いにもなっているようだが、今度は昨年末に「女性セブン」が2人の破局をキャッチ。記事では京香から別れを切り出したとして、

「京香が友人に、『私、もう彼を育てきったでしょ?』と語っていたことを明かしています」(芸能記者)

 無名の役者を大河ドラマの主演にまで「育て上げた」ことに満足してしまったとも考えられたが、この報道の裏では、こんな憶測も飛び交っていた。

「実は、長谷川の事務所側がリークしたという話もあったんです。広告代理店や週刊誌の調査で、長谷川は中年女性層の人気がジャニーズのタレントを抑えてのトップクラス。京香との破局報道を流して独身をアピールすることで、人気を維持しようとしたのではないかと、噂になりました」(芸能プロ関係者)

 さまざまな思惑が交錯し、2人の恋愛が揺れ動く中、冒頭で触れたように、京都のセカンドハウスでの生活が明らかになったことで、交際は粛々と続いていたことが発覚したのだ。

 過去には、大河ドラマ出演が決まると結婚発表に踏み切るケースが多い。02年の「利家とまつ」では松嶋菜々子(45)と反町隆史(45)。12年の「平清盛」は松山ケンイチ(34)と小雪(42)の例もあるが‥‥。

「結婚のXデーがあるとすれば、大河ドラマの撮影が始まる6月前後のタイミング。ここで発表がなかったら、このまま事実婚を貫くのではないでしょうか」(松本氏)

 結婚しそうでしなかった大女優が、独身ライフにピリオドを打つ日は近いのか──。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    伊藤沙莉、「バストトップ出し&アエギ声」映画用にボイス訓練の“躍進女優力”

    161972

    若手女優きってのバイプレイヤー伊藤沙莉(26)の大躍進が止まらない。どこか親近感を持てるルックスと独特のハスキーボイスを携えて映画に引っ張りだこだというのだ。「主演の伊藤健太郎のひき逃げのためにお蔵入りになりかけた11月6日公開の『十二単衣…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
瀬戸大也、復帰でも美人妻・馬淵優佳の“アピール”が呼んだ「再批判」のワケ
2
本田望結、オトナへの成長が目覚ましい“ぽっちゃりセーラー”の大絶賛!
3
福原遥、「教場II」で“一人勝ちだった”と指摘されるワケ
4
バス旅・浅田舞、「惜しかったお風呂シーン」も“評価爆上がり”の理由とは?
5
報じた新聞に激怒?デヴィ夫人、パーティ主催釈明も続々の“批判ポイント”