スポーツ

3.30「ドバイ国際競走GI」をブチ当てろ!(2)スワーヴリチャードには不安材料あり!

 一方「ドバイシーマクラシック」の日本勢も強力な布陣だ。17年のダービー馬レイデオロ、17年のジャパンCを制したシュヴァルグラン、昨春の大阪杯を勝利したスワーヴリチャードの3頭が参戦する。

「こちらも日本馬による上位独占もありえます。レイデオロの藤沢和雄調教師は昨年4着の雪辱を期し、ルメール騎手とのコンビを継続させていて、鞍上も『今年はリラックスしていて大人になった』とベタボメでした。7歳馬のシュヴァルグランは、昨年の有馬記念で引退を示唆しましたが、佐々木主浩オーナーが『海外の大きなところを獲らせたい』と、現役を続行。2頭の陣営からは意気込みが伝わってきます。スワーヴリチャードは、メンタル面の課題と、人馬ともに初の海外遠征という点に少し不安を感じます」(牧野氏)

 迎え撃つ地元勢の筆頭は、ゴドルフィンのオールドペルシアンだ。

「前走のGII『ドバイシティーオブゴールド』では、最後の直線で進路を失う場面もありましたが、進路が開くと鋭い切れ味で差し切った。まだGIでの勝利はありませんが、昨夏のGII『グレートヴォルティジュールS』では、のちにGI『メルボルンC』を制するクロスカウンターを下しています」(秋山氏)

 欧州勢では、クールモアのマジックワンドも注目される一頭だ。

「『ヴェルメイユ賞』『オペラ賞』、そして今季初戦の『ペガサスWCターフ』と、GI戦で3度の2着。もうひと押しが欲しいところですが、今年一度使っているという点は追い風です。あと、大穴なら『ドバイシティーオブゴールド』2着馬のレーシングヒストリー。昨年のように遅い流れになれば逃げ粘りもありそうです」(秋山氏)

 少頭数なのに大荒れ、というケースは多々あること。人気も分散されそうなだけに、こちらは手広く構えてみてはどうか──。

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
まさかの模倣犯?埼玉の男児殺害事件に日本テレビが震撼か
2
誰トク?MAXのLINA、「14歳で30歳の男と交際」告白に、厳しい声殺到
3
松本人志は許すのか?「ガキ使」霜降りせいやの七変化に批判殺到のワケ
4
胸の先端がピンコ立ち!映画「人間失格」で「マッパになった」大物女優とは
5
朝日奈央が“最も芸人に狙われるタレント”に進化した6つの理由!