芸能

乃木坂46秋元真夏、多彩な生田絵梨花に“嫉妬心全開”もファン全力フォロー

「みんな違ってみんないい」とはまさにこのこと?

 乃木坂46の秋元真夏が、3月22日にテレビ東京で行われた4月6日からスタートする同局系新番組「ひねくれ3」の取材会に出席。同じグループに所属する生田絵梨花に対しての嫉妬心を露わにしている。

「最近嫉妬した経験は?」という質問に対して、秋元は「私が結構ダンスとか歌が苦手なタイプのアイドルなんですよ」としたうえで、「メンバーには生田絵梨花ちゃんという、ミュージカルに出てたり、歌もダンスもできてバラエティで出てもおもしろいし、何でもできる子がいて」と、アイドル活動はもちろん、ミュージカルやバラエティ番組での活躍も光り、マルチな才能を持つ生田の存在を紹介。

続けて、秋元は「なので、その子がバラエティー出てる時は、ちょっとチャンネル変えちゃいます。変えちゃお、と思って変えちゃいます」と、生田が出演するバラエティー番組を見かけた時には嫉妬からテレビのチャンネルを変えてしまうことを告白している。

 確かに秋元の主張通り、最近の生田の活躍には目を見張るものがあり、ミュージカル「ナターシャ・ピエール・アンド・ザ・グレート・コメット・オブ・1812」で共演経した俳優の井上芳雄も「可能性のオバケ」と生田の才能を絶賛するほどだ。

 それでいて、バラエティーでも笑いが取れるとなると、バラエティーを主戦場にする秋元としてはジェラシーを抱くことは無理はないが、ファンからは「いやいや、真夏さんも十分すごいよ」「生ちゃんとは違う才能を真夏さんは持ってるよ」「真夏さんが出演する番組は安心して見ていられる」など、秋元を全力でフォローする声が多数見受けられている。

「生田は天然なキャラが光り、予測できない行動から笑いを生み出すタイプですが、逆に秋元の場合はわざとらしい言動やオーバーリアクションで計算し尽くして笑いをとるタイプで、対照的な存在です。そのため、感性で動き、ありのままに振る舞って、ドカンと笑いがとれる生田に秋元が嫉妬するのも理解できますが、天然要素はマネしてできるものではありません。ただ、そのぶん、頭がいい秋元はその番組で自分に何が求められているのかを考え、その場にあった対応ができますから、バラエティ番組に重宝される存在といえるでしょう」(アイドル誌ライター)

 また、しっかりその日の仕事ぶりを反省する時間を設けるなど、努力家な一面も持ち、番組スタッフからのウケも抜群にいいのが秋元の強み。今回スタートする番組は秋元にとって地上波テレビ放送初めてのレギュラー出演となるが、そういった頑張りや心構えが評価されての抜擢なだけに、自信を持って頑張ってほしいところだ。

(石田安竹)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
【孤立の真相】ロッテ・佐々木朗希「150キロ台しか出ない」に球団も選手も「冷たい視線」
2
渡瀬恒彦「安岡力也を半殺し」「舘ひろしに鉄拳制裁」芸能界最強伝説/壮絶「芸能スキャンダル会見」秘史
3
またいなくなった!フジテレビ・井上清華アナに浮上する「渡邊渚アナの長期療養」悲劇再来
4
「川相、何やってんだ」巨人・阿部慎之助監督「バント野球」失敗の多さを元木大介はどう見たか
5
【バス旅秘話告白】太川陽介が蛭子能収を大絶賛「ひと言も文句を言わず23キロ歩いた」四国道