スポーツ

イチロー「引退会見」で封印した「巨人移籍」土壇場破談の全舞台裏(3)興味を持っているのは球団経営

 この圧力はサービス監督に伝わる前にマリナーズの球団関係者によってモミ消され、大きな問題に発展するようなことはなかった。

 最後の最後、まさに土壇場で「破談」が確定。「巨人軍のイチロー」誕生は幻に終わったのだ。

 ボロボロになっても「50歳まで現役を続けられる」チャンスより、メジャーリーガーとしてユニホームを脱ぐことを選んだイチロー。今後の動向は──。

 引退会見では指導者への道についての質問に「監督は絶対、無理ですよ。人望がない。本当に」と意欲を見せなかった。だが、その一方で「高校、大学なら興味がある」とも。

 マリナーズは、イチローに、何らかのフロント職を用意するつもりだという。

「(古巣の)オリックス・宮内義彦オーナーは、すぐにでも監督をやってもらいたいと考えているようですが、イチローが興味を持っているのは監督ではなく球団経営です。ヤンキースでチームメイトだったデレク・ジーターがマーリンズで最高責任者となっている一方で、イチローには日本でプロ、アマが一体になるような組織を作りたいという夢があるようです」(メジャー関係者)

 一部では、イチローのNPBコミッショナー待望論まで流布されているが、目指すところは、監督などという一球団の小さい役職ではないようだ。

「ただ、監督を決める側に回るのだから、みずからを監督に指名したとしても、なんら不思議ではありません。いずれにせよ、イチローが次に何をやるかに、ファンも球界関係者もかたずを飲んで注目しています」(スポーツ紙デスク)

 メジャー3089安打、日米通算4367安打、メジャー年間最多安打など数々の大記録を打ち立て、米野球殿堂入りが確実視されているが、

「日本での凱旋試合を花道に、電撃的に28年間のプロ生活に終止符を打ちましたが、移籍交渉に失敗したとはいえ、巨人は今後また、違った方法で、あらゆる『巨人入り』を画策するかもしれません」(読売グループ関係者)

 日米入り乱れた「イチロー争奪戦」は、これからも続く‥‥。

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    飲み続けていたら夜もイキイキしてきた!?口コミで話題の「活力アミノ酸(R)DX」とは?

    Sponsored
    213053

    コロナ禍という長いトンネルも徐々に出口が見え、昨今は人々の社会活動も活発的になってきた。連休は「久々にゴルフに出かけた」「家族サービスで国内旅行をした」といったパパ世代の諸兄も多いのではないだろうか。在宅勤務から勤務へ徐々に回帰する企業も増…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
柴咲コウ&吉高由里子に惨敗!「荷が重すぎた」新木優子の「ガリレオ」演技
2
川島なお美「前貼りなし」で挑んだ古谷一行とのベッドシーン「入っていた」伝説
3
中国ファンドVS令和の相場師…日本企業「乗っ取り」攻防戦が過激化する
4
巨人・坂本勇人「伝統の一戦」がヤジの応酬になった阪神・西勇輝との「ゲス比べ」
5
「やめてーー!」足立梨花が「正面・バック・女性上位」ハメ映像漏洩に大絶叫