スポーツ

イチロー「引退会見」で封印した「巨人移籍」土壇場破談の全舞台裏(3)興味を持っているのは球団経営

 この圧力はサービス監督に伝わる前にマリナーズの球団関係者によってモミ消され、大きな問題に発展するようなことはなかった。

 最後の最後、まさに土壇場で「破談」が確定。「巨人軍のイチロー」誕生は幻に終わったのだ。

 ボロボロになっても「50歳まで現役を続けられる」チャンスより、メジャーリーガーとしてユニホームを脱ぐことを選んだイチロー。今後の動向は──。

 引退会見では指導者への道についての質問に「監督は絶対、無理ですよ。人望がない。本当に」と意欲を見せなかった。だが、その一方で「高校、大学なら興味がある」とも。

 マリナーズは、イチローに、何らかのフロント職を用意するつもりだという。

「(古巣の)オリックス・宮内義彦オーナーは、すぐにでも監督をやってもらいたいと考えているようですが、イチローが興味を持っているのは監督ではなく球団経営です。ヤンキースでチームメイトだったデレク・ジーターがマーリンズで最高責任者となっている一方で、イチローには日本でプロ、アマが一体になるような組織を作りたいという夢があるようです」(メジャー関係者)

 一部では、イチローのNPBコミッショナー待望論まで流布されているが、目指すところは、監督などという一球団の小さい役職ではないようだ。

「ただ、監督を決める側に回るのだから、みずからを監督に指名したとしても、なんら不思議ではありません。いずれにせよ、イチローが次に何をやるかに、ファンも球界関係者もかたずを飲んで注目しています」(スポーツ紙デスク)

 メジャー3089安打、日米通算4367安打、メジャー年間最多安打など数々の大記録を打ち立て、米野球殿堂入りが確実視されているが、

「日本での凱旋試合を花道に、電撃的に28年間のプロ生活に終止符を打ちましたが、移籍交渉に失敗したとはいえ、巨人は今後また、違った方法で、あらゆる『巨人入り』を画策するかもしれません」(読売グループ関係者)

 日米入り乱れた「イチロー争奪戦」は、これからも続く‥‥。

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    参加無料の賞金大会実況リポート!いま激アツなオンライン麻雀の“リアル”

    Sponsored
    156506

    ここ数年、急増している麻雀番組。昨今、超人気アイドルグループをはじめ、グラドル界からも麻雀にハマるメンバーが続々登場。彼女たちの間では「グラドル雀士枠」の争奪戦も展開されているとか。もはや可愛いさだけではなくプロとも渡り合えるガチな雀力が求…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    アラフォー男性の健康トラブルが増えている!?“人生100年時代”を生き抜く3つのヒントとは?

    Sponsored
    155376

    “貧乏暇なし”とはよくいったもので、来る日も来る日も働きづめでストレスはたまる一方だ。暴飲暴食で食生活は乱れ、疲れがなかなかとれないばかりか、眠りは浅く熟睡もできない。こんな毎日だから朝から体がダルいし、集中力や判断力が鈍って仕事ではミスば…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
佐々木希、匂わせたのは妊娠?離婚?「謎すぎインスタ」が超深読みされていた
2
田中理恵、バストアップに成功!恍惚表情もタマらないストレッチ動画の中身
3
松田聖子「40周年」と「沙也加」の誤算(1)58歳で小ぶりバスト披露の衝撃
4
石毛宏典が放った“落合博満監督はなぜ大打者を作れなかったのか?”大疑問
5
三浦翔平が妻・桐谷美玲の“サイズ”を激白!笑み浮かべ「ちっちゃい」に騒然