芸能

坂口杏里、母・良子さんの命日を「夜のお店用ブログで報告」で批判の嵐

 さすがに「そこ」での報告はいらなかったのでは?

 元タレントで現在は夜の接客業をこなす坂口杏里が去る3月26日にインスタグラムを更新。13年3月27日に亡くなった母で女優の坂口良子さんの命日の前夜とあって、良子さんとの別れを振り返った。坂口は良子さんとのツーショット写真を複数アップし、〈6年前の今日から明日がとっても悲しい日。私が大好きなママが21歳の時に他界しました。大好きなママがなくなってもう6年。この6年、いろいろあったよ、ママ、お空の上から見てるかな?〉と、良子さんに語りかけるような内容で良子さんが息を引き取った日のことを思い返している。最後の文面も〈今でもこれからも一生、誰よりも愛してるよ。ママ、会いたいよ〉といった言葉で締めくくられており、悲しい気持ちを爆発させている。ただ、良子さんが残した遺産を夜のクラブの接客業男性に使い込むなど、決して褒められるような日常をこの6年間で送ってきたわけでもないため、案の定、この投稿のコメント欄も大いに荒れている。

 また、坂口は良子さんの命日を自身のブログでも報告したが、こちらも別の意味も含め、猛批判を集めているようだ。

「坂口は26日にブログでも《明日27日はママの6年目の命日です。私が21歳の時になくなってもう6年。短いようで早かった6年》と、命日前夜であることを報告していますが、実はこのブログは夜のお店用のブログなんです。そのため、記事の最後には《お話コース60分3万円になります》と、バッチリ宣伝も入っていますから、これでは母の死まで客引きとして使っているようにしか思えません。そのため、ネット上では《やっぱりこの人は頭のネジがぶっ飛んでる》《予約がなさすぎて、ついに母の死で同情を買う気か?》《むしろ3万払って説教してこようかな》など、言われたい放題です」(エンタメ誌ライター)

 本人とすれば素直な気持ちを綴っただけ、ということかもしれないが、本格復帰を目指すとされる今後の芸能活動のためにも、批判には耳を傾ける姿勢が必要だろう。

(権田力也)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    伊藤沙莉、「バストトップ出し&アエギ声」映画用にボイス訓練の“躍進女優力”

    161972

    若手女優きってのバイプレイヤー伊藤沙莉(26)の大躍進が止まらない。どこか親近感を持てるルックスと独特のハスキーボイスを携えて映画に引っ張りだこだというのだ。「主演の伊藤健太郎のひき逃げのためにお蔵入りになりかけた11月6日公開の『十二単衣…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
日テレ水卜麻美、「スッキリ」卒業で色白Eバスト求め視聴者も「ZIP!」大移動!?
2
桑田真澄、クロマティが明かしていた巨人に15年間も呼ばれなかった理由
3
王監督を激怒させたホークス“大乱闘”の内幕
4
太川陽介「バス旅」パートナーの意外過ぎる人選と懸念ポイント
5
菅野美穂、「ウチの娘は、彼氏が出来ない!!」に続々不評の「イタいポイント」