芸能

そこをツッコむの!? 指原莉乃を困惑させた「熱愛騒動を掘り返す“徹子節”」

 まさかそこまでツッコむの?

 HKT48指原莉乃が「徹子の部屋」(テレビ朝日系)に出演したのは去る3月26日放送回。歴代の出演者たちも苦しんできた番組MCの黒柳徹子の予測不可能な絡みに困惑する場面があった。

トークの中でHKT48への移籍の理由を黒柳から聞かれた指原は、自身が大分県出身であることと、12年に起きた男性ファンとの熱愛報道がきっかけになったことを説明。

 しかし、黒柳は「スキャンダルがあったって、あなた自身に?」と追い打ちの質問をかけ、指原は「あの…そうなんですよ。今は私も大人なので自由にしていいよと言われてるんですけど、当時はまだ預けられて学生だったのに、そんな中で恋愛しちゃったので」と、少し気まずそうに当時を振り返っている。ただ、そんな様子の指原にもお構いなしに黒柳は「その恋愛はどうなったの?」と、今度はその熱愛相手とのその後を訊ねるという禁断の質問をぶつけていた。この予想外の展開に指原はビックリを通り越して、体勢を崩して大爆笑。その後、なんとか平常心を取り戻して「全然素敵じゃなかったです」と返答していた。

 当たり前のようにツッコみづらいことに触れてくる相変わらずの徹子節に視聴者からは「徹子強すぎる」「アイドルの熱愛スキャンダルをここまで真顔で問い詰めていくのって徹子ぐらいだろうな」「指原じゃなかったら、この話題はNG出てるだろうな」など、さすがの徹子節に驚く声が上がっている。

「さらに指原が中学時代に不登校になった原因について、「『学校に来ないでください』っていう手紙が家に届いて」と、いじめだったことを説明した際には、『学校からじゃないの?』というこれまた謎の思考回路を発揮。指原は口元を手で押さえて苦笑いしながら、『そんなヤバイ学校あります? さすがに、学校からは…』と、困惑しっぱなしでした。独特の空気感を醸し出しながら、予期せぬ質問や無茶ぶりをしてくる黒柳に出演者が困る場面は多く、人気バラエティ番組『アメトーーク!』(テレビ朝日系)でも、黒柳に心をへし折られた『徹子の部屋芸人』という企画も誕生したほどです。しかし、きつい部分を責めているものの、すでにキャラが確立されていることもあって、まったくイヤな気分がしないのもさすがですね」(エンタメ誌ライター)

 もはや気を遣う相手はいないであろう黒柳には、今後も臆することなく徹子節を発揮してほしいものだ。

(権田力也)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
中日OB名球会打者が「根尾昴は投手ムリ」バッサリ斬って立浪監督にも真っ向ダメ出し
2
豊臣秀吉の悪口に反論したら「耳と鼻をそがれて首を刎ねられた」悲劇の茶人
3
【CNNも報道】想像上の生物が実際に目撃されて大騒動に!アメリカに出没する「ミシガン・ドッグマン」の映像分析
4
DeNA大型新人・度会隆輝「とうとう2軍落ち」に球団内で出ていた「別の意見」
5
年金未払いで参院選出馬の神取忍「細かいことはわからない」に騒然/スポーツ界を揺るがせた「あの大問題発言」