芸能

ピエール瀧に続く…捜査員が秘かに追う「薬物芸能人」リスト(3)内偵が進む紅白出場経験者

 近年では瀧容疑者以前にも、14年のASKA(61)や16年の清原和博(51)の薬物での逮捕が世間を震撼させた。その「清原事件」では、なんと“共犯者”が存在していたと現場周辺でささやかれているのだ。驚くことに、司会もこなすマルチタレントNの名が挙がった。

 事情を知るアウトロー関係者が明かす。

「清原は群馬まで遠征して調達に行ってたよな。その車の助手席にNの姿が目撃されてんだ。キャップをかぶってても、タレントオーラでわかったってよ。もう一人のタレントと3人で連れだって購入して、群馬のホテルに女を用意させたってな。聞けば、Nは自分の地元でも昔からアブリをやるって、ヤクザの間で有名だった」

 テレビで見る陽気な姿からはにわかに想像できないが、長年Nを追ってきた芸能記者も追随する。

「確かにNに関しては、芸能界デビューする前から地元でヤンチャしてたともっぱらです。アウトロー関係者との交遊も目撃されている。元カノの歌手Kとつきあっていた頃は、Kが2人分のシャブを買っていたとも噂され、都内“シャブ抜き病院”でのN目撃情報もある。私生活でもお騒がせのミュージシャンSが地元の後輩ですが、『Nさんはめっちゃ怖かった。パシリにさせられていた』と話していますし、Sがシャブの調達役だったと言われています。Sはバツイチで、現在は元タレントYと交際していますが、前妻およびYも“シャブSEX”に溺れさせられたのではないかと心配されている。Sルートを解明したら音楽関係者に波及し、とんでもない広がりを見せるかもしれません」

 そんな音楽業界で、現在、マトリが本気で内偵を進めているというのが、歌姫MとミュージシャンNなのだという。どちらも紅白出場の経験を持つ、誰もが知る実力派である。

「Mの名前は意外でしたが、やせすぎていると思わせるほどスレンダー体型を維持しています。その裏でシャブに手を染めていたとなれば驚きですが、あんなにラブラブをアピールしていた旦那との離婚も、シャブが一因だった可能性がありますね」

 一方のNはすでに覚醒剤使用で逮捕の過去があり、近年ではNに近い関係者も逮捕されているという。再犯となれば大きく物議を醸すことになる。

 逮捕で全てを失う薬物汚染。捜査員の足音が聞こえるまでに、きれいに足を洗ってもらいたいものだ。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
熊田曜子、”歩くか夜の営みしか運動しない”報道で“岡村との過去”が再燃!
2
小百合様も登場、日本の芸能史を飾った「バスト大事件」とは?
3
水卜麻美がリバウンド?「ニットが小さ過ぎ!」Gカップへのボリューム増
4
阿部華也子がいきなり「Eバスト」強調で騒然!人気陥落の焦りか?
5
「思い上がるな!」東出昌大の奔放生活に激怒した上沼恵美子への称賛