女子アナ

有働由美子、「深夜バラエティのMCぶりがイマイチ」で求められる“能力”とは?

 不定期レギュラーとしてスタートした深夜バラエティ「今夜ウドウ会」(日本テレビ系)の第一回が放送されたのは、去る3月25日のことだった。フリーアナの有働由美子がMCを、そして、お笑いコンビ・平成ノブシコブシの吉村崇とお笑いトリオ・森三中の大島美幸がアシスタントを担当。“人脈女王”の異名を持つ有働の自室をスタジオに再現し、各界で話題の人をゲストに招き、あたかも有働の自室でホームパーティを開いているかのようなトークバラエティ番組ということで、スタジオのセットには、目を引く骨付きの生ハムがどんと置かれていた。

 有働は、「ある日酔っ払って帰ってきて、ネット見てたら『あ、これ、前から欲しかった。1万5000円、安い!』ってポチって…」と、ネット通販で購入したものの「届いたら、15万でした。これ高いんですよ」とトークを展開。何でも、さらにその骨付き生ハムは部屋に置いておくと乾燥するため、オリーブオイルを塗る作業が必要だそうで、自身がキャスターを務める「news zero」(日本テレビ系)の生放送を終えて疲れて帰宅しても「毎晩、塗り込まなきゃいけない」と説明。笑いを誘っていた。

「有働はサービス精神が旺盛で、とにかくマジメなため、ゲストに対して自身の“ワキ汗事件”を自虐ネタとして使うなどしながら、ストレートな質問をぶつけては、礼儀正しく答えを待つ姿勢を崩しませんでした。おそらくこの番組は、昨年12月29日に放送されて反響が大きかった『マツコ&亨のビューティー言いたい放題』(テレビ東京系)をヒントに作られた気がしますね。ホームパーティという設定、有働とゲストがトークを交わすというスタイルはまったく同じですからね。しかし、切れ味の鋭いトークで番組を回していたマツコ・デラックスとテレビ東京経済解説委員の池谷亨という、肝心な2人のポジションを務められる人材がいないとあって、『今夜ウドウ会』の反響は、今ひとつという印象でした。有働と同じく局アナからフリーとなった夏目三久も、フリー転向後に『ナツメのオミミ』(テレビ朝日系)をはじめ現在放送中の『ポルポ』(テレビ朝日系)まで、自身がMCを務める深夜トーク番組を8本も続けてきましたが、有働のようなサービス精神はまったく見せたことはなく、淡々と番組を進行するだけ。もしかすると有働には、夏目のように淡々と番組を進行できる自信とともに“鈍感力”が必要なのかもしれません」(女性誌記者)

 所属事務所の先輩であるマツコから「本当はすごく不器用」と言われている有働。その不器用さをさらす勇気を持って今後放送される「今夜ウドウ会」に臨んでほしいものだ。

カテゴリー: 女子アナ   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    ドジャース・大谷翔平はなぜ「6月に最高潮」なのか科学的分析!メラトニン分泌とホルモンの秘密

    なぜ大谷翔平は毎年6月になると、調子が上がるのか。メジャー通算500打点にあと1、200本塁打まであと3本に迫った6月最終戦は無安打に終わったものの、月間12本塁打、24打点をマーク。日本人選手として最多となる通算5度目の月間MVP受賞が有…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , |

    大谷翔平だけじゃない!メジャー影の首位打者「ベイビー・イチロー」は山形県がルーツの「侍ジャパン候補」

    メジャーリーグは6月を終えて、ア・リーグの打率トップはエンゼルスのレンヒーフォ(3割1分7厘)。それをヤンキースのジャッジが猛追しているが(3割1分3厘)、実は「影の首位打者」がいた。ガーディアンズのスティーブ・クワンだ。現地メディア関係者…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
塩試合を打ち砕いた!大谷の〝打った瞬間〟スーパー3ランにMLBオールスターが感謝
2
MLBオールスター出場〝今永昇太〟はデコピン以下!絶妙哲学コメントをバラエティがガン無視でファン憤慨
3
妻はロッテに大暴言!謝罪なしの楽天・辰巳涼介「神様は見てくれている」にファンが握りこぶし
4
楽天に蔓延する「田中将大は不要」電撃退団後にプライドを捨てて「テスト入団」を!
5
新井貴浩監督が絶賛!劇画のような広島カープ野球の応援歌は「走れリュウタロー」