スポーツ

IOC会長よ、レスリングよりもこの五輪競技を除外しろ!(2)競技の除外戦が始まったワケ

 「除外すべき五輪競技」の第2位に選ばれたのは、ゴルフである。リオ五輪で112年ぶりに復活することになり、石川遼(21)、宮里藍(27)などそうそうたるメンバーが代表候補としてあげられている。しかし、ノンフィクション作家の織田淳太郎氏はこう疑問を呈するのだ。

 「ゴルフには、森林を伐採して農薬を大量に使ってゴルフ場を造るイメージがあるわけで、環境破壊の最たるものじゃないですか。スポーツの原点から逸脱しているんじゃないですかね。技術を争うスポーツということでファンも多いが、スポーツとしての躍動感に欠ける。五輪の競技にする必要はないと思います」

 第3位にはマウンテンバイク・BMXが選ばれた。自転車競技にある2種目だが、マウンテンバイクは96年アトランタから、BMXは08年北京から五輪入りを果たしている。背景には五輪とテレビとの関係があると、スポーツ評論家の谷口源太郎氏は語る。

 「ロス五輪から放送権料がビジネスになりました。当時の五輪委員会が、オリンピック番組がどれだけの商品価値があるかを調査し、国内で3億ドルという数字が出て、入札をさせたのです。結果、米ABC局が2億2500万ドルを出しました。さらに、本来オリンピック委員会が出すスタジオ建設費7500万ドルも、同局が負担する形で放送権が売られました。放送権料はその後も暴騰し続け、結果、視聴率を稼げる競技が重要視されるようになりました。多くの視聴者を獲得できるかが競技を選択する一つの基準となったのです。新しい視聴者を獲得できる競技をというIOCの要望も手伝って、シンクロやマウンテンバイクという競技が行われるようになったのです」

 この商業主義路線を一気に推し進めたのが、“五輪マフィア”と呼ばれたサマランチIOC前会長だ。前出・運動部記者が語る。

 「76年のモントリオールで巨大な赤字を計上し、五輪は冬の時代を迎えます。80年に会長に就いたサマランチ氏の下、五輪はロスで商業化に成功しました。以降、五輪はプロ化の解禁と競技数の増加を続けるようになりました。五輪をアマチュアスポーツの祭典からショービジネスの祭典へと転換させたことが、彼が“マフィア”と呼ばれるゆえんです」

 00年のシドニーでは、ついに28競技・300種目にも膨れ上がり、サマランチ氏のあとを継いだロゲ会長がこう悲鳴を上げた。

 「夏季五輪は28競技約300種目、参加選手1万5000人が上限」

 こうして、競技の除外戦争が始まったのだ。

カテゴリー: スポーツ   タグ: , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    提供:一般社団法人ブックスサイエンス「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    参加無料の賞金大会実況リポート!いま激アツなオンライン麻雀の“リアル”

    Sponsored
    156506

    ここ数年、急増している麻雀番組。昨今、超人気アイドルグループをはじめ、グラドル界からも麻雀にハマるメンバーが続々登場。彼女たちの間では「グラドル雀士枠」の争奪戦も展開されているとか。もはや可愛いさだけではなくプロとも渡り合えるガチな雀力が求…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    アラフォー男性の健康トラブルが増えている!?“人生100年時代”を生き抜く3つのヒントとは?

    Sponsored
    155376

    “貧乏暇なし”とはよくいったもので、来る日も来る日も働きづめでストレスはたまる一方だ。暴飲暴食で食生活は乱れ、疲れがなかなかとれないばかりか、眠りは浅く熟睡もできない。こんな毎日だから朝から体がダルいし、集中力や判断力が鈍って仕事ではミスば…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
広瀬すずや橋本環奈も被害?女優の「透けバスト」動画を載せたYouTuberが物議!
2
ぽっちゃり隠し?本田翼の衣装に騒然!「妊娠の憶測」まで飛び出す異常事態
3
人気女子アナ「ガチ“豊満バスト”番付」9月場所(3)フジ・渡邊渚は大学時代から注目を集めていた
4
マギー、「バストのふくらみ丸わかり」ボディースーツ横胸ショットの“艶度”
5
北川景子、出産報告への祝福裏で指摘された「残酷な現実」とは?