芸能

NHK朝ドラ100作の黒歴史(1)倉科カナ「ウェルかめ」はズブ濡れFカップだけが高評価

 広瀬すず主演の連続テレビ小説「なつぞら」が4月1日にスタート。記念すべき朝ドラ100作目として、失敗の許されない作品と宿命づけられている。その朝ドラではこれまで数々の人気女性タレントが目を覆わんばかりの爆死作品を残してきた。その黒歴史を今ここにひもとく!

     *

 記念すべき(?)視聴率ワースト1に輝いたのは、倉科カナが編集者役を務めた「ウェルかめ」だ。ドラマウォッチャーからも“史上最悪の内容”と切り捨てられた敗因はなんだったのだろうか?

「何より派手な顔つきで豊かな胸の倉科が徳島の片田舎で明るく頑張るという浮世離れした設定が、朝ドラの視聴者層に受け入れられませんでした。しかも都会の編集部で夢破れて徳島の地方誌に移るという都落ちぶりも、ヒロインの成長を楽しむ朝ドラには不向きでしたね」(テレビ誌ライター)

 その一方で、倉科のFカップを隠そうとしないNHK離れした演出はマニアからの評価も高い。中でも通り雨でズブ濡れになったシャツから透けて見えるアンダーウエアのシーンは今でも語り草だ。

 続いで僅差のワースト2位には、初の平成生まれヒロインとなった「つばさ」の多部未華子がランクイン。和菓子屋の跡継ぎがひょんなことからコミュニティラジオ局の立ち上げにかかわるという物語は、朝ドラ好きの高齢者層にはチンプンカンプンだったはずだ。

「さらにはサンバダンサーが出現するなど、現実を超越したバラエティ的な演出は、朝ドラには実験的すぎました。そのため多部自身の演技は評価されたものの、それを帳消しにしてしまったのです」(前出・テレビ誌ライター)

 そしてワースト3位は、今や大物女優の貫禄も漂う榮倉奈々の「瞳」。本作もNHKの目論見が透けて見える作品だったという。

「当時の朝ドラは若者層を取り入れようと迷走しており、ヒロインがダンサーを目指すという設定の時点で失敗は目に見えていました。しかも、榮倉はもともと運動が苦手。特訓は受けていたものの、肝心の若者からも『ダンスがヘタ』と酷評されたのです」(芸能記者)

 そして4位以下にも意外な面々が並ぶ──。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    実力派ジョッキー戸崎圭太も登場!「KEIRIN GP2019」スペシャル企画動画『The DAN(座談)』をチェックせよ!

    Sponsored
    138500

    12月にもなると「なんだか気持ちが落ち着かない…」というギャンブル好きの読者諸兄も多いことだろう。というのも年末は、競馬の「有馬記念」、競艇の「賞金王」、オートレースの「SS王座」といったビッグレースが目白押しだからだ。競輪では、12月30…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    センベロ、野球、鉄ちゃん、アニメ、オタク……趣味などの価値観重視で生涯のパートナーを見つけるマッチングアプリが中高年に最適なワケ

    Sponsored
    136162

    50歳で結婚歴のない「生涯未婚率」が激増している。これは2015年の国勢調査の結果によるもので、親世代となる1970年の同調査に比べると、その率なんと約14倍なんだとか。この現実をみると、「結婚できない……」ことを切実な問題として不安に思う…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    “男の活力低下”につけこむ甘い罠…手軽に入手できる海外未承認薬の危険過ぎる実態に迫る!

    Sponsored
    133097

    40代50代の中高年男性といえば、人間関係、リストラの恐怖、のしかかる責任感など仕事上の悩みに加えて、妻や子どもとの関係、健康や老後の不安といったプライベートなことまで、さまざまな問題を抱えているもの。そしてこれらがストレスとなり、加齢によ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

注目キーワード

人気記事

1
水着がズレて中が「全見え」!グラビア界の新生・寺本莉緒の「事故映像」が“お宝”になるワケ
2
浜田雅功も呆れ顔…土田晃之が「元野球部」告白でまたも上がった大ブーイング
3
スジ見えた?岡副麻希「めざまし」卒業日も見せてくれた美ヒップ体操の爪痕
4
人前で夜の営みを!?沢尻エリカ、「18歳からクスリ漬け&ハメまくり生活」の衝撃
5
服から胸がこぼれる!石川秀美の娘・薬丸玲美の極大バスト写真がスゴすぎッ