芸能

NHK朝ドラ100作の黒歴史(1)倉科カナ「ウェルかめ」はズブ濡れFカップだけが高評価

 広瀬すず主演の連続テレビ小説「なつぞら」が4月1日にスタート。記念すべき朝ドラ100作目として、失敗の許されない作品と宿命づけられている。その朝ドラではこれまで数々の人気女性タレントが目を覆わんばかりの爆死作品を残してきた。その黒歴史を今ここにひもとく!

     *

 記念すべき(?)視聴率ワースト1に輝いたのは、倉科カナが編集者役を務めた「ウェルかめ」だ。ドラマウォッチャーからも“史上最悪の内容”と切り捨てられた敗因はなんだったのだろうか?

「何より派手な顔つきで豊かな胸の倉科が徳島の片田舎で明るく頑張るという浮世離れした設定が、朝ドラの視聴者層に受け入れられませんでした。しかも都会の編集部で夢破れて徳島の地方誌に移るという都落ちぶりも、ヒロインの成長を楽しむ朝ドラには不向きでしたね」(テレビ誌ライター)

 その一方で、倉科のFカップを隠そうとしないNHK離れした演出はマニアからの評価も高い。中でも通り雨でズブ濡れになったシャツから透けて見えるアンダーウエアのシーンは今でも語り草だ。

 続いで僅差のワースト2位には、初の平成生まれヒロインとなった「つばさ」の多部未華子がランクイン。和菓子屋の跡継ぎがひょんなことからコミュニティラジオ局の立ち上げにかかわるという物語は、朝ドラ好きの高齢者層にはチンプンカンプンだったはずだ。

「さらにはサンバダンサーが出現するなど、現実を超越したバラエティ的な演出は、朝ドラには実験的すぎました。そのため多部自身の演技は評価されたものの、それを帳消しにしてしまったのです」(前出・テレビ誌ライター)

 そしてワースト3位は、今や大物女優の貫禄も漂う榮倉奈々の「瞳」。本作もNHKの目論見が透けて見える作品だったという。

「当時の朝ドラは若者層を取り入れようと迷走しており、ヒロインがダンサーを目指すという設定の時点で失敗は目に見えていました。しかも、榮倉はもともと運動が苦手。特訓は受けていたものの、肝心の若者からも『ダンスがヘタ』と酷評されたのです」(芸能記者)

 そして4位以下にも意外な面々が並ぶ──。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
楽天・田中将大に「不可解な動き」次回登板のメドなしで「無期限2軍」の不穏
2
水原一平が訴追されて大谷翔平の「次なる問題」は真美子夫人の「語学力アップ」
3
「すごく迷惑ですね」沖縄せんべろ居酒屋店員が嘆く「招かれざる客」のやりたい放題【2024年3月BEST】
4
【ボクシング】井上尚弥「3階級4団体統一は可能なのか」に畑山隆則の見解は「ヤバイんじゃないか」【2024年3月BEST】
5
「失策王&打率2割以下」阪神・佐藤輝明に持ち上がる「外野へ再コンバート」の劇薬