政治

小泉進次郎 vs TPP反対議員「青年局分断バトル」(4)「竹島の日」式典に強行出席

 2月22日に、進次郎氏は島根県主催の「竹島の日」式典に出席した。早くから式典出席を表明していたが、この行動も“持論と正論”に基づくものだった。

 前出・政治ジャーナリストはこう話す。

「進次郎氏は野党時代から県主催の式典に出席しており、与党になっても変わらないという信念を貫いた。進次郎氏は式典出席を早々に表明したが、そのために自民党執行部からは『出席するな』という圧力がかかりましたが、それでも屈することはなかった。それも、自民党は政府主催の式典を行うと公約で示していた、という正論ではね返したようです」

 国民との約束を果たさず、今年の政府主催の式典開催を見送るだけでなく、県の式典には閣僚さえ出席させなかった。そんな政府の韓国に遠慮した態度よりも、進次郎氏の行動のほうが誰しも納得できる。

 しかし、TPPに関してはどうか。正論を振りかざし、持論を貫くことができるのか。

 前述の予算委員会で進次郎氏はこう主張した。

「現在、11カ国が交渉に参加していますよね。(中略)それぞれ各国が守るべき聖域を作り上げようと思っている場だから、交渉をするんじゃないですか」

 どこか、いつもの歯切れのいい進次郎氏の弁舌とは異なるようにも聞こえる。「聖域なき──」は交渉の前提条件だったのに‥‥。

 はたして、これから本格化するであろう「反TPP議員」とのバトルを乗り切れるのか。

 政治ジャーナリストの鈴木哲夫氏はこう話す。

「日米首脳会談以前から、安倍総理の腹は『交渉参加』で定まっていました。反対派の議員たちが納得できる落としどころを探っている状態でした。もちろん、進次郎氏は予算委員会で質問に立ち、自説であったTPP推進の立場を鮮明にしただけでしょうが、結果的には、安倍総理がしなくてはならない“地ならし”に、早くから助け舟を出したと言えるでしょう」

 すでに、進次郎氏の頭の中には、「TPPバトル」を勝ち抜く方程式はできていたのかもしれない。

カテゴリー: 政治   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
吉澤ひとみ、「飲酒ひき逃げで実刑」後に待っている“地獄”の全容とは?
2
吉澤ひとみ逮捕の「タチの悪さ」で業界関係者が元モー娘。“苦い記憶”を暴露!
3
嵐・松本潤とあの艶系女優が復縁!?インスタに投稿された“意味深”写真とは?
4
芸能男女がひた隠す「積年遺恨」18ラウンド(4)柳葉敏郎は酒癖の悪さが災いして…
5
「過保護のカホコ」高畑充希、番宣であの大御所に触られまくり視聴者ドン引き