政治

小泉進次郎 vs TPP反対議員「青年局分断バトル」(4)「竹島の日」式典に強行出席

 2月22日に、進次郎氏は島根県主催の「竹島の日」式典に出席した。早くから式典出席を表明していたが、この行動も“持論と正論”に基づくものだった。

 前出・政治ジャーナリストはこう話す。

「進次郎氏は野党時代から県主催の式典に出席しており、与党になっても変わらないという信念を貫いた。進次郎氏は式典出席を早々に表明したが、そのために自民党執行部からは『出席するな』という圧力がかかりましたが、それでも屈することはなかった。それも、自民党は政府主催の式典を行うと公約で示していた、という正論ではね返したようです」

 国民との約束を果たさず、今年の政府主催の式典開催を見送るだけでなく、県の式典には閣僚さえ出席させなかった。そんな政府の韓国に遠慮した態度よりも、進次郎氏の行動のほうが誰しも納得できる。

 しかし、TPPに関してはどうか。正論を振りかざし、持論を貫くことができるのか。

 前述の予算委員会で進次郎氏はこう主張した。

「現在、11カ国が交渉に参加していますよね。(中略)それぞれ各国が守るべき聖域を作り上げようと思っている場だから、交渉をするんじゃないですか」

 どこか、いつもの歯切れのいい進次郎氏の弁舌とは異なるようにも聞こえる。「聖域なき──」は交渉の前提条件だったのに‥‥。

 はたして、これから本格化するであろう「反TPP議員」とのバトルを乗り切れるのか。

 政治ジャーナリストの鈴木哲夫氏はこう話す。

「日米首脳会談以前から、安倍総理の腹は『交渉参加』で定まっていました。反対派の議員たちが納得できる落としどころを探っている状態でした。もちろん、進次郎氏は予算委員会で質問に立ち、自説であったTPP推進の立場を鮮明にしただけでしょうが、結果的には、安倍総理がしなくてはならない“地ならし”に、早くから助け舟を出したと言えるでしょう」

 すでに、進次郎氏の頭の中には、「TPPバトル」を勝ち抜く方程式はできていたのかもしれない。

カテゴリー: 政治   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    伊藤沙莉、「バストトップ出し&アエギ声」映画用にボイス訓練の“躍進女優力”

    161972

    若手女優きってのバイプレイヤー伊藤沙莉(26)の大躍進が止まらない。どこか親近感を持てるルックスと独特のハスキーボイスを携えて映画に引っ張りだこだというのだ。「主演の伊藤健太郎のひき逃げのためにお蔵入りになりかけた11月6日公開の『十二単衣…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
本田翼のTシャツバストショットが艶すぎる!“サイズアップ説を裏付ける”1枚
2
土田晃之、「バイキング」の進行を止めてまで固執した“大失笑”発言とは?
3
稲村亜美がガニ股で躍動!ゴルフ動画の“下半身パックリ見え”にファン「感激」
4
福原遥、「教場II」で“一人勝ちだった”と指摘されるワケ
5
綾瀬はるかVS高畑充希 ドラマに映せない「恥ずかしい癖」合戦(1)綾瀬のバストの存在感がすごすぎて…