芸能

天才テリー伊藤対談「垣花正」(1)今は休日より仕事が欲しいんです!

●ゲスト:垣花正(かきはな・ただし) 1972年、沖縄県生まれ。94年、ニッポン放送入社。「垣花正のオールナイトニッポン」「ゲルゲットショッキングセンター」「垣花正のニュースわかんない!?」などを経て、2005年から朝の番組に移動し、「森永卓郎と垣花正の朝はニッポン一番ノリ!」などのパーソナリティを務める。07年、現在も続く朝の情報番組「垣花正 あなたとハッピー!」がスタート。15年より同番組の月曜パートナーを務めるテリー伊藤とは、「テリーとうえちゃん のってけラジオ」から続く共演となる。その他、現在の担当番組は、「ゴッドアフタヌーン アッコのいいかげんに1000回」ほか。3月末にニッポン放送を退社、4月1日よりホリプロ所属のフリーアナウンサーとなった。

「あなたとハッピー!」のパーソナリティとして活躍中の“ニッポン放送の朝の顔”垣花正。この春、フリーアナウンサーとして新たなスタートを切ったカッキーに、長いつきあいの天才テリーがエールを贈る。ラジオのブースを飛び出した2人の初めてのトークは波乱を呼ぶ!?

垣花 ハハハハハ、テリーさん、いつもと様子が違うじゃないですか!

テリー そりゃそうだよ、俺はホスト役だもの。

垣花 こんなにかしこまっているテリーさん、初めて見ましたよ。

テリー 俺もこんなにかしこまった垣花ちゃんを見るの、初めてだ。俺たちのつきあいは、もう20年以上になるんだよね。

垣花 はい。「テリーとうえちゃん のってけラジオ」のレポーターでレギュラー出演したのが98年ですから、もう21年くらいですかね。

テリー 先月末でニッポン放送を退社して、フリーアナウンサーになったんだってね。どうせ横領がバレてクビになったんでしょう。

垣花 アハハハ。確かに僕は、そうなってもおかしくないトラブルをけっこう起こしていますからね。「安室奈美恵ちゃんの収録すっぽかし事件」とか。

テリー えっ、それは知らないな。

垣花 ディレクターとの連絡ミスで、安室ちゃんの収録がある日に、女の子と遊んでいまして(笑)。しかもマズいことに、携帯の電源を切っていたんですよ。

テリー うわー、聞いてるだけで怖くなるよ。

垣花 電源を入れたら留守電が30件くらい入っていて。1件目は「安室さん、ちょっと予定より早く入ります」。

テリー いわゆる業務連絡だよね。

垣花 ところが、追って聞いていくと、だんだん怒ってきて、電話の声も偉い人に変わっていって。最終的には「死ね!」という伝言が(笑)。

テリー アハハハハ、翌日の出社は、さぞかし足が重かったろうね。

垣花 上司から「進退伺を出せ!」と言われましたからね。そんな僕が自分から「辞める」と言いだすなんて、ニッポン放送からしてみたら「ふざけんな!」みたいな話だと思います。

テリー じゃあ、本当の理由は何なの。

垣花 僕、月~金で「垣花正あなたとハッピー!」、そして土曜に「ゴッドアフタヌーン アッコのいいかげんに1000回」と、10年以上、月~土で生放送がある生活が続いていたんですが、4月から施行された働き方改革の関係で、「あなたとハッピー!」の金曜日を春風亭一之輔さんが担当することになったんですね。

テリー コンプライアンス的に「垣花ちゃん、働きすぎだよ」ということだ。

垣花 ええ、週2日しっかり休め、と。だけど僕、働きたいんですよ。「このままいったら、きっとあとで後悔するな」と。正直、フリーになることで今までより仕事が減るかもしれないという不安もあります。でも、ここはしゃべることが何より好きな自分に賭けてみよう、と決心したんです。

テリー アッコさん(和田アキ子)には、いつ報告したの。

垣花 さすがに怖くて、いちばん最後に報告しましたけど、すごく喜んでくれましたね。「じゃあお前、これから身内やな、いじめたるわ」ですって。もう十分いじめられているんですけどねェ(苦笑)。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
徳光さんも激賞!「嵐の24時間テレビ」、日テレの「続投」思惑を阻む“壁”とは?
2
二階堂ふみ「情熱バスト」で宮沢りえ、沢尻エリカを圧倒も懸念される材料とは?
3
蘇る“朝ドラ女優”の艶演技(1)闇夜の一人プレイで豪快に果てた尾野真千子
4
「あな番」で演技力を知らしめた横浜流星を最終回で待ち受けていた残念な設定!
5
胸の先端がピンコ立ち!映画「人間失格」で「マッパになった」大物女優とは