芸能

女優・大原麗子の情念、まるで麗子が乗り移っている

 もう二度と、大原麗子のような女優は現れないのかもしれない‥‥。映画・ドラマ・CMで重宝される美貌があり、大ヒット作を続々と生み出す人気と実力があり、時には小悪魔のような言動で男たちを惑わす。そんな大原麗子は、人生のすべてが「劇場」と「激情」の間で揺れ動いた──。

 その“異変”は今年2月10日のことだった。09年8月3日に亡くなった女優・大原麗子(享年62)の自宅にて、追悼ドラマ「女優 麗子~炎のように」(3月6日放映、テレビ東京)の撮影が行われていた。

 ロケに立ち会った麗子の弟・政光は、麗子役の内山理名の演技をモニターで見て驚いた。

「それまでの撮影では感じなかったのに、急に姉の声とそっくりになっていたんです。声だけじゃなく、指の動きなどしぐさまで似ていて鳥肌が立ちました」

 それは、麗子がそこへ“降りてきた”ことの発露かと思えた。そういえば麗子は、晩年になって霊感が強くなったと言ったことがある。麗子は84年に森進一と離婚しているが、それから何年も経って息苦しさを覚えることがあった。

「森さんのお母さんが背中にのしかかってるの」

 森の母親は73年に自殺しており、麗子との密な接点はない。それでも麗子は森の妹とともにお墓参りに行き、以降はラクになったと政光に伝えている──。

 大原麗子とは、稀有な生涯を歩んだ女優である。映画・ドラマを中心に膨大な数の出演作を持ち、男女問わず高い好感度を誇った。ただし、私生活では2度の結婚・離婚やたび重なる闘病があり、最期は誰にも知られず息を引き取っている。華やかさと孤独を表裏一体で身にまとい、単なる美人女優と違う特別な存在感を放ち、死去から3年以上が経っても人々の記憶から薄れることがない。

 日本歌手協会の代表理事・田辺靖雄は、そんな麗子のスタートに関わった1人だ。時は1961年、田辺は六本木を根城に明日のスターを夢見る不良の若者たちが集まった「野獣会」の一員にいた。峰岸徹、井上順など、ここから次々と芸能界へスカウトされていったが、田辺もまた渡辺プロからデビューを飾っている。

 田辺が初めて映画に出ることになった「高校生と女教師 非情の青春」(東宝)のロケでのことだ。

「ジャズ喫茶で歌う場面で、客席のエキストラに彼女がいたんですよ。ちょっとトッポい感じだけど、すごくかわいい子。それで『野獣会に入らないか?』って声をかけたんです」

 田辺が16歳、麗子は15歳だった。すでに芸能界への意欲を燃やしていた麗子は、二つ返事で「野獣会」の一員となった。これで30人ほどの大所帯となったが、当時の麗子は、後の姿とはまったく違ったという。

「短髪のリーゼントだったんですよね。すごくボーイッシュだったし、小柄なことから『ビッチ(チビの逆)』って呼んでいたんですよ」

 男まさりな面もあったが、誰からも「キミはおもしろい」と可愛がられた。やがて映画関係者の目にとまり、65年には東映の専属となる。その時期に麗子と会った田辺は、駆け出しながらも「私は女優よ」と口にする姿をほほえましく見ていた。

 そんな麗子から最後に電話があったのは、亡くなる1年ほど前のこと。

「ヤッチンに『野獣会』に誘ってもらわなかったら、私は女優になってなかったのよね‥‥」

 当時の麗子は心身のバランスを崩し、多くの人に長電話で愚痴をこぼしているとの風評があったが、旧友に対してはしおらしかった。田辺は、幼なじみであり、かつて淡い恋心を抱いた麗子が、どういう日々を送っているのかと不安に駆られた。

カテゴリー: 芸能   タグ: , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
石橋貴明もショック?「細かすぎモノマネ」に木梨憲武が出演しない理由
2
松本人志、BTS原爆Tシャツ問題に“号泣マジギレ”も十分ありえた「過去言動」!
3
急落TV美女に「戦力外通告」の非情現場(3)かつてのスーパーアイドル・中山美穂も…
4
大みそか「ガキ使」に「新しい地図」サプライズ出演情報も立ちはだかる壁!
5
急落TV美女に「戦力外通告」の非情現場(1)期待されていた有働由美子だったが…