社会

大阪府警「暴」刑事が語り尽くした山口組と芸能界(3)張り付き捜査された「パーティ」

 日本社会に広がるヤクザの知られざるネットワーク。芸能界でいえば、古く山口組三代目の田岡一雄組長時代に設立された神戸芸能社が有名だが、実はこれは二代目山口組内にあった芸能部を発展させたものだという。神戸芸能社はその後、長男の田岡満に引き継がれ、ジャパントレードとして、衣替えされている。

 本の取材の中で私は、04年5月に開かれた田岡満の還暦祝いの模様を録画したビデオを入手した。そこには、テレビや映画で馴染みの深い錚々たる著名人が映し出されていた。

 総合司会は徳光和夫(71)。歌手でいえば、八代亜紀(62)や細川たかし(62)、俳優なら小林旭(74)や林与一(71)や、そのほかアントニオ猪木(70)や平尾昌晃(74)、故・安岡力也、内田裕也(73)‥‥。珍しい杉良太郎(68)と伍代夏子(51)夫妻のツーショットもある。

 そんな派手な還暦祝いのパーティに張り付いていたのが、大阪府警の暴力団担当刑事、祝井十吾たちだ。むろん田岡満自身はヤクザではないが、その還暦祝いに対する捜査にはむろん理由がある。祝井がビデオを一緒に見ながら語った。

「田岡満は堅気ですから、本来ならわれわれの監視対象ではあらへん。けど、ここには山口組直参や舎弟など、現役バリバリのヤクザやフロント(企業の)連中がけっこう来ていました。どんなネットワークで奴らが集っているのか。それらを調べるんは、重要なんですわ」

 大阪府警捜査4課で長い捜査キャリアを積んできた祝井は、こうした内偵捜査をことのほか重視する。

 事件に直結する捜査ではない。が、それは広いヤクザの人脈やネットワークを把握するために欠かせない。その膨大な情報データの蓄積が、いざ事件が起きた時、あるいはターゲットを定めて捜査を開始した時に役立つのだという。

 ヤクザは、同じ興行の世界であるボクシングなどの格闘技やスポーツ選手、ジム経営者などとの接点も多い。ただし芸能・スポーツ界の場合、大物組長たちが単なるタニマチというケースも少なくない。

 従って祝井たちが捜査する対象は、芸能人との関係ばかりではない。むしろヤクザの経済活動という点で大きいのは、企業や政治、行政面とのかかわりだ。

 株や不動産、開発案件におけるヤクザとのかかわりについて、祝井たちは懸命の捜査を続けてきた。

 一昨年10月、全国に暴力団排除条例が行きわたり、さらに昨年8月に国会で成立した改正暴対法による警察の取り締まり強化が進んでいる。

 反面、法や条例の不備や警察の捜査能力低下が指摘されている。

 そんな昨今、捜査のスペシャリストたちが担う任務は、ますます重く大きくなっている。取材を通じ、昔堅気のベテランマル暴刑事たちは不可欠だと痛切に感じた。

「大阪府警暴力団担当刑事『祝井十吾』の事件簿」は、そうした凄腕のマル暴刑事たちが追いかけてきた、知られざる捜査の内幕ドキュメントである。

カテゴリー: 社会   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
武豊ドウデュース1着固定は危ない!淀の「宝塚記念」に潜む「誰もが触れない」大きな罠
2
【天皇杯】大学生に惨敗したFC町田ゼルビア・黒田剛監督「試合後のブチまけ」悪態三昧に「お前が言うな!」
3
「ヤリ投げ投法」で故障離脱のドジャース・山本由伸に「球団が契約破棄できるオプトアウト条項」あり
4
息子2人を殺したら実の孫娘に毒殺された戦国武将「粛清王」の末路
5
日本ハム低迷時代を終わらせた新庄剛志監督を球団が本気で恐れる「今年で電撃退任」