政治

歴代総理の胆力「伊藤博文」(4)「もみじまんじゅう」を“発案”

 さて、伊藤はこうした明治天皇の信任をバックボーンとして、以後、都合第4次内閣までを率いることになる。しかし、この間、明治天皇の信任、大日本帝国憲法成立の立役者の自負心が増長を招いたか、とりわけ外交面での洞察力を欠くことになる。

 わが国初の本格的な対外侵略戦争行動となった日清戦争後は、列強の攻勢に対抗するためとして、軍備拡張計画、富国強兵策を推進、日露戦争を開始すると韓国に日本による保護国化を認めさせ、これはのちの明治43(1910)年8月、正式に韓国を植民地とすることにつながった。伊藤は韓国に統監府を置き、初代統監にも就任した。要するに、対外的には海外の支配権確立に目が向き、いささか近視眼的だったと言えたのである。

 一方で初代韓国統監になったばかりに、暗殺されることになった。明治42(1909)年10月26日、伊藤は日露協商路線を唱えていたこともあり、韓国を植民地とするには、ロシアの了解が必要と訪露、列車でハルビン駅頭に降りたところで、韓国人・安重根の撃った七連発自動拳銃の3発を胸や腹に受けた。応急手当のため運び込まれた貴賓車内で気付けのブランデーを1杯飲み干し、犯人が韓国人だと伝えられると、一言「バカな奴じゃ」と言い、2杯目のブランデーを口にしたところで間もなく絶命した。

 11月4日、日比谷公園で5000人が参列、わが国初の国葬が営まれた。陸海軍のトップらと共に葬場に向かう棺側(かんそく)を守った乃木希典将軍は、「大きな声では言えないが、じつによい死所を得られたものだ」と言ったとされる。奔放極まった女性関係と共に、この国の近代化へ向けて全力で突っ走った伊藤への、乃木将軍の感嘆、敬意、憧憬が偲ばれる。

 余談だが、それまで禁止されていた「ふぐ」の食用解禁、広島県の銘菓「もみじまんじゅう」の“発案”は伊藤によるものだったとされている。後者は、茶屋の娘の可愛い手を取った伊藤が「まるで、もみじみたいじゃ」と言ったことで誕生したまんじゅうだったそうである。

 死後、私腹を肥やすことのなかった伊藤には蓄財がなく、質素すぎる公爵家としての対面を保たせるため、明治天皇は金30万円を下賜したのだった。当時の物価から、現在の3000万円くらいに相当すると思われる。

■伊藤博文の略歴

天保12年(1841)10月16日周防国(現・山口県)生まれ。明治42年(1909)10月26日ハルビン駅頭で狙撃され死去。享年68。

総理大臣歴:「初代」1885年12月22日~1888年4月30日・「第5代」1892年8月8日~1896年8月31日・「第7代」1898年1月12日~1898年6月30日「第10代」1900年10月19日~1901年5月10日

小林吉弥(こばやし・きちや)政治評論家。昭和16年(1941)8月26日、東京都生まれ。永田町取材歴50年を通じて抜群の確度を誇る政局分析や選挙分析には定評がある。田中角栄人物研究の第一人者で、著書多数。

カテゴリー: 政治   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
お嬢様アナ奔放下半身(2)日テレ岩田絵里奈はよつんばい挑発で猛アピール!
2
お嬢様アナ奔放下半身(3)秋元優里、“竹林不貞”からの「復活」
3
夏目三久 激怒報道から5年「有吉弘行との結婚」仰天内幕(3)夏目のあの騒動を有吉が笑いにしたことで…
4
お嬢様アナ奔放下半身(4)野村彩也子、バストを武器に萬斎の威光も不要?
5
お嬢様アナ奔放下半身(1)TBS田村真子“パックリ大開脚”にパパも仰天?