スポーツ

巨人・澤村拓一がひた隠す「泥酔暴行事件」(2)多くの選手が距離を置いた

 澤村が浴びるように酒を飲むようになったのは、元妻・森麻季(38)と別れた13年以降のことだという。

「アルコール焼けで声が潰れていたり、平気でグラウンドでも酒の臭いをさせるようになった。ダルビッシュに憧れて筋トレに精を出す澤村は、巨大化した肉体を『筋トレのたまもの』と自慢げに話していますが、周囲では『酒で太っただけじゃねえか』と失笑する声も出ていた」(球団関係者)

 スポーツニューススタッフが澤村の素行を語る。

「澤村は変わり者ですね。抑えた時はぶっきらぼう、逆に打たれたあとは予防線を張って饒舌になるんです。人前でも威嚇するようにシャックリやゲップをしながら歩いて報道陣を寄せつけないのですが、突如、親しくもない記者に『元気ですか~?』と、目を見開いて野太い声で話しかけてくるなど、エキセントリックすぎます。今回の騒動後には、ジャイアンツ球場でニコニコしている姿も目撃されている。さして気にしていないのかもしれません」

 グラウンド外での悪評は枚挙にいとまがない。先の六本木暴行事件の真相にしても、当時の報道とはいささか違い、明らかに悪質で一方的な蛮行だった。

「被害男性は野球ファンでも何でもなく声などかけていないんです。澤村のほうから『目つきが悪い! なんだ!』と因縁を吹っかけてきたといいます。警察ざたになったあとは球団関係者が男性と交渉し、男性は提示された金額を受け取りませんでしたが〈このことを口外しない〉という念書は書かされたそうです」(被害男性と親しい関係者)

 痛飲すると前後の見境がなくなってしまうようなのだ。

 結果的にチーム内でも浮いた存在になっていく。

「六本木事件の時は当時のチームメイト・内海哲也(37)もVIPルームに同席していた。しかし事件以降、チーム内ではトラブルメーカーの澤村とは『一緒に行動しないほうがいいんじゃないか』との声が上がり、多くの選手が距離を置くようになった。現在、例外的に仲よくしているのは、山口俊(31)や野上亮磨(31)など事情を知らない外様組だけのようです」(巨人番記者)

 まるでチームに居場所がない四面楚歌の状況だが、実際に放出という形で実行される動きが出ていたのだ。

「一昨年も不調を球団トレーナーが行うはり治療のせいにして球団に謝罪させるなど、チーム内でもハレモノ扱いでした。『ネジが3~4本ないんじゃないか』と非難する選手もいるほど。そしてこの春先、編成権を兼ねる原全権監督の意向でトレード要員になっていたんです。本人の耳にもその話が伝わっていたからこそ、ひどいヤケ酒をして事件を起こしてしまったのかもしれない」(球団関係者)

 内海や長野久義(34)の放出を上回る、後味の悪い衝撃が再び繰り返されようとしていたのだ。

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
松本人志の居ぬ間に中山秀征…芸人たちが「実はスゴイ人」異常な絶賛の「あぁ不思議」
2
【雨予報のGI宝塚記念】ドウデュースは大敗!重馬場で急浮上する「この3頭」のウハウハ適性
3
「青春18きっぷ」夏季用がようやく発売でも消えない「冬季販売中止」の不穏な背景
4
元楽天・安楽智大が来季「日本球界に逆輸入される」メキシカンリーグでの「標高2200メートル投球」
5
「山口組のキッシンジャー」が体現した哲学! ヤクザの「平和共存」は方便などではなかった