芸能

美女アナ「フリーでウハウハ」症候群(1)宇垣美里に続けとばかりに…

 3月末にTBSを退社し、タレントの仲間入りを果たした宇垣美里が各局美女アナたちを刺激している。私も早く勝負してみたい!  そこかしこで「フリー転身願望」がかつてなく高まっているのだ。

 まだ退社から1カ月余りの宇垣美里(28)だが、ファッション誌「an・an」の表紙を飾ったほか、企業のオープニングセレモニーにも登壇している。

 自身のフォトエッセイ発売イベントには100人近い報道陣が殺到するなど、早くも「大物タレント扱い」を受けているのだ。

 宇垣の現状について広告代理店社員が明かす。

「4月はテレビ出演をセーブしていましたが、企業イベントの出演ギャラが高額なため、月収300万円オーバーとみられている。あまりに楽に稼げて、局アナ時代がバカバカしく思えたはずです」

 そんな宇垣に続けとばかり、彼女の古巣であるTBS内は色めきたっていた。

「特に若手女子アナ陣は宇垣に対するうらやましさを隠そうとしませんね。宇垣の話題になるたび、入社2年目でまだ月給30万円に満たない宇賀神メグアナ(23)は『もっとお給料が欲しい』と直球でボヤいている。さらには『私も宇垣さんのようになりたい』と“早期退職”を示唆しているほど。局としては由々しき風潮ですよ」(TBS関係者)

 さて、日本テレビで「退社待ったなし」と目されているのが水卜麻美アナ(32)だ。実際、彼女の周囲では独立の話題で持ち切りとなり、最近、局内では「令和元年」が水卜アナの日テレラストイヤーになるとして“水卜ロス”の声が広がっているというのである。日本テレビ関係者が言う。

「その背景には、かつて彼女と上層部が交わした“密約”があるんです。彼女は3年前、自身のフリー転身を局に相談した際『2020年になるまでは日テレに残って頑張ってくれ』と上層部から期限を伝えられたそうで、今年限りの退社が既定路線。あとは12月末になるか年度末かという調整だけとみられています」

 退社のカウントダウンが始まった水卜アナに対し、周囲も何かとザワザワし始めたようだ。

「いよいよ局との約束の時期が近づいてきたため、彼女に対してスタッフから『あと半年ちょっと一緒に頑張ろう』といったジョークが飛ぶようになったんです。それに対し、当の水卜アナも『残りの局アナ人生、精一杯頑張ります!』と笑いながら返している。彼女の周りでは『待ちに待った独立だけに、とにもかくにもうれしいに違いない』とささやかれていますね」(日テレ関係者)

 現実問題として、「好きな女子アナランキング」(オリコン調べ)で殿堂入りを果たしている水卜アナがフリー転身に至れば、宇垣よりもボロ儲けするのは確実とされている。

「熱心なファンの大半が男性である宇垣と異なり、水卜アナのファン層は性別年齢を問わない日本国民全体です。CMギャラも芸能界トップクラスに高騰するはず。今、広告代理店業界ではフリー転身後の水卜アナについて、誇張ではなく『黒柳徹子を継ぐ存在になる』との見立てまで出ています。いずれにしても、彼女が『令和時代を代表する女性タレント』になりうることは確実ですよ」(広告代理店社員)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
日本ハム低迷時代を終わらせた新庄剛志監督を球団が本気で恐れる「今年で電撃退任」
2
小川直也が22年後にバラした「猪木の絶対指令」橋本真也を殴る蹴る/スポーツ界を揺るがせた「あの大問題発言」
3
武豊ドウデュース1着固定は危ない!淀の「宝塚記念」に潜む「誰もが触れない」大きな罠
4
息子2人を殺したら実の孫娘に毒殺された戦国武将「粛清王」の末路
5
幸運を呼ぶ新幹線点検車両「ドクターイエロー」が引退!「撮影会と体験乗車」は必ず見られる最後のチャンス