芸能

天才テリー伊藤対談「倉持由香」(1)その裏側も含めてグラドルを愛して

●ゲスト:倉持由香(くらもち・ゆか) 1991年、千葉県生まれ。中学生の時にグラドルとして活動を開始。18歳の時、大学受験のために一時活動を休止。その後、フリーでの活動期間を経て、2011年に現在の事務所に所属。14年1月から100センチのヒップをアピールする自撮り画像をSNSにアップする「#グラドル自画撮り部」を展開、この活動がグラビア界全体に普及したことから、自身も「尻職人」として認知度を高める。ゲーム好きとしても知られ、多くのゲーム番組やイベントに出演するほか、格闘ゲームなどのゲーム実況を自身のチャンネルで配信することも。初めての著書「グラビアアイドルの仕事論 打算と反骨のSNSプロデュース術」(星海社新書)が発売中。

 100センチの迫力ヒップを武器にSNSで自撮り写真をアピールしたことから、大きな注目を浴びるようになったグラビアアイドル・倉持由香。グラドルが好きすぎて本まで書いてしまうその情熱と才能にすっかり感心した天才テリーだが、他の面でもツッコみたいアレコレが!?

テリー 前回の対談から5年ぶりかな? 相変わらずグラビア、頑張っているみたいじゃない。

倉持 はい、最近はバラエティーにも出させていただいていて。

テリー さっそくだけど、この「グラビアアイドルの仕事論」、すごいね。哲学的だし、お世辞抜きで大学院の論文みたいだ。

倉持 ええっ、テリーさんにそんなふうに言っていただけるなんて、ホントにうれしいです。見出しに大きく書いてください(笑)。

テリー そもそもTwitterで「尻職人」を名乗るようになったのが、きっかけになるのかな。

倉持 そうですね。7年ぐらい前、自分の売り出し方がわからなくて悶々としていた時に、カメラマンさんから「大きなお尻を生かしたほうがいいよ」って言われたので、お尻の写真を毎日、自分のアカウントに上げていったら、フォロワーさんがどんどん増えて。

テリー そこから倉持さんの呼びかけで、いろんなグラビアアイドルが参加した「#グラドル自画撮り部」が盛り上がっていくんだよね。そういう動きがあったから、今回の執筆の依頼があったの?

倉持 「BLOGOS」みたいなサイトでやっている連載を見てくれた出版社の方が「ビジネス本を出しましょう」と声をかけてくれました。

テリー うん、ビジネス本ってところもまた、着眼点がいいよね。これは全部、自分で書いたの?

倉持 まずライターさんにインタビューをしていただいて、そのまとめを見ながら、どういう構成にすればいいかを相談しました。

テリー ああ、章立てだとか、どの話題をどこに配置するか、みたいなことだ。

倉持 はい。でも、実際の文章は全部、自分で書いたんですよ。パソコンの作業が苦手なもので、まずスマホで書いたものをパソコンに送って、それをまとめて、みたいなことを、2カ月くらいずっとやっていました。

テリー スマホで書いたんだ? すごいなァ。でもさ、この本は倉持さんの「どうすればグラドルとして成功できるか?」という試行錯誤の過程を全部「仕事論」として書いたものだから、それはある種のネタばらしになっちゃってるよね。

倉持 ああ、そういう面はありますね。

テリー 例えばさ、「リアクションは感情3割増しで」なんてビジネススキル然として書かれていると、ファンの人からすると「知りたくなかった」って感じにならないかな。

倉持 たぶん、私のファンの方は、私がこういう考え方でずっとやってきているのを理解してくださっているので。そういう裏側というか仕事の面も含めて、グラドルというものを楽しんでいただけるのかなって思います。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
誰トク?MAXのLINA、「14歳で30歳の男と交際」告白に、厳しい声殺到
2
「後ろから突きたい!」岡副麻希、猫伸びポーズにまたも妄想爆発の声殺到!
3
岡田奈々を襲った暴漢を塀の中で制裁!安部譲二が遺した怒りと男の純情
4
蘇る“朝ドラ女優”の艶演技(4)大量の“潮”まで見せた清水美沙の女優魂
5
あわや胸の“レーズン”が!マギーの艶ショットに「これは事件」の評