スポーツ

プロ野球「ザワつく12球団ベンチ裏」(1)巨人・阿部慎之助の存在が…

 5月1日に令和が「開幕」を迎え、日本列島は祝賀ムードに沸いた。一方、史上初めてシーズン中に時代をまたいだプロ野球界では、常勝球団にも絶不調チームにも、等しく悲喜こもごもが渦巻いていた。新時代の12球団を占う「ベンチ裏内情」を徹底的にレポートする!!

 開幕スタートダッシュに成功した新生・原ジャイアンツだが、何やらベテランの動向がキナくさい。まず矛先は大型補強の是非に向けられていた。巨人番記者が眉をひそめる。

「FA移籍の炭谷銀仁朗(31)こそ、自身もそれなりに活躍しながら、小林誠司(29)が併用策に奮起して打ちまくるなどいい影響を与えていますが、原辰徳監督(60)の肝煎りで入団した中島宏之(36)はまったく打てません。めげずにベンチで盛り上げ役を買って出ているのですが、他の選手はそれに呼応せず、空回りして浮きっぱなしです。岩隈久志(38)にいたっては、開幕から2カ月近くたつのに、登板のメドすら立っていません。いまだにネットピッチング調整に終始し、首脳陣は『コマが足りなくなる終盤までに戻れれば』と寛容に構えています。が、若手には『そんな選手に大枚をはたいて、戻ってきたら枠もひとつ潰れるなんて‥‥』とこぼす連中もいるほどです」

 捕手復帰を直訴した生え抜きの重鎮・阿部慎之助(40)は、いまだに公式戦でマスクをかぶれないまま、代打要員に甘んじている。打率は4割超と好調を持続しているが、あれだけ捕手を併用しながら阿部の起用を見送っていることを考えると、原監督も苦慮していることは推して知るべしだろう。

「阿部は次期監督候補とも言われますが、スキャンダル続きで叩けばホコリが出るイメージのため、球団も原監督もよしとしていない。シーズン前には、阿部の実父がキャンプを無断訪問するという珍事件も起きています。我が物顔でグラウンド内まで入り込み、『カントク~!』と原さんを呼び止めていました。原さんも迷惑がって『なんで行かなきゃいけないんだ』という雰囲気がありありでしたよ。球団も問題視していたと聞いています」(巨人番記者)

 阿部は選手間での求心力にも疑問符が付いている。チームメイトが距離を取りたがっているというのだ。

「今季、阿部が考案した得点後の『丸ポーズ』が浸透していますが、当の丸佳浩(30)本人がかなり嫌がっています。他の選手も『バカじゃねえの?』と文句タラタラで従っているらしい。あと、今年は岡本和真(22)の打撃の調子がイマイチ上向きませんが、指導下手で定評がある阿部がおせっかいで口出ししているらしく、そのせいでおかしくなったのではないか、という疑念まで聞こえてきます」(スポーツ紙デスク)

 また、週刊アサヒ芸能が5月16日号で「泥酔暴行」を報じた澤村拓一(31)の「その後」だが‥‥。

「今は2軍ですが、報道のこともあって完全孤立していますね。原監督も戦力とは見なしていない。ですが、本人はしおらしい様子などまったく見せず、反省の色がうかがえません。澤村は事実上の逆指名入団だった経緯から、『切られないとタカをくくっているのか、トレードで出ても最終的には球団が面倒を見る“密約”でもあるのでは』なんて選手間でもささやかれています」(巨人番記者)

 令和元年の巨人には、まだまだひと波乱ありそうだ。

 一方、昨季に前年最下位から2位に躍進した余勢を駆って今季も貯金生活をキープするヤクルト。一番の好材料は、若武者・村上宗隆(19)のブレイクだ。

「チームトップの本塁打数を誇り、下位打線で脅威を見せつける将来の主軸候補。ですが、その素顔はひと言でいうと“クソ生意気”です。昨年招集された侍ジャパンで、巨人の岡本から『俺ってバカだろ?』と振られて『はい、バカです!』と即答してブチ切れさせたり、イタズラで“カンチョー”されたコーチすらいる。極め付きはノック中に宮本慎也ヘッドコーチ(48)を思い切りにらみつけてくるんだそうです。そんな村上の向こう意気の強さを買っている宮本ヘッドは『久しぶりに鬼になった』とイジメ抜いて鍛えているとか」(ヤクルト番記者)

 若い才能だけに、活躍が増長を招くことにならなければいいのだが──。

(数字や成績は5月10日時点)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    伊藤沙莉、「バストトップ出し&アエギ声」映画用にボイス訓練の“躍進女優力”

    161972

    若手女優きってのバイプレイヤー伊藤沙莉(26)の大躍進が止まらない。どこか親近感を持てるルックスと独特のハスキーボイスを携えて映画に引っ張りだこだというのだ。「主演の伊藤健太郎のひき逃げのためにお蔵入りになりかけた11月6日公開の『十二単衣…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
神田愛花、日村が心配!体臭好き“下半身奇行”にドン引きの声
2
吉岡里帆、“バストがFから縮小”疑惑写真で逆に「脱いだらスゴイ」妄想できる!?
3
一緒に映ったらまさか…河北麻友子が親友・桐谷美玲に動画で“公開処刑”!?
4
美女アナ 朝っぱら情報番組「後継レース」(3)NHK・桑子真帆は結婚で退社?
5
太川陽介、新「バス旅」で冴え渡った独壇場“乗り継ぎテク”