芸能

「ものまねグランプリ」、コロッケがMr.シャチホコに“辛口採点”で流れる憶測!

「5月7日に日本テレビ系で放送された『ものまねグランプリ特別編 ものまねレジェンドが選ぶ次世代ものまね芸人No.1決定戦』で、霜降り明星が優勝したのですが、これに《霜降りのゴリ押しがスゴい》《ただものまねを取り入れた漫才なのに吉本興業への忖度か》などの批判がネット上に殺到。これが1週間以上経った今も収まらないんです」(ネットウオッチャー)

 番組では最初に23組が登場し、決勝に残った5組が2本目のネタを披露。審査員はコロッケ、神奈月、ホリ、関根勤、井森美幸が務め、それぞれが100点満点の採点する計500点満点で競い合った。

「結果、せいやがものまねをして粗品がツッコミを入れるという変則的な展開を見せた霜降り明星が、496点で優勝を果たしたのです。そもそも、ものまね芸人ではない霜降りが優勝したことに視聴者は違和感を覚えたのでしょう。しかも漫才にものまねを組み込むという、ストレートではないネタでしたからね。疑問の声が上がる中、ここ数日はMr.シャチホコが優勝できなかったことに言及する声も増えているんです」(前出・ネットウオッチャー)

 それは例えば、〈あの構成力とクオリティで優勝じゃないのが本当に理解できない〉〈霜降り優勝が出来レースだったとしても、シャチホコの扱いはマジであり得ない〉といったもので、〈コロッケのシャチホコに対する点数が厳しすぎないか〉との意見も上がっている。

「審査員にも失礼になることから、今時、出来レースというのは逆に考えづらい話。ただ、コロッケのMr.シャチホコに対する92点という採点の厳しさについては、様々な憶測が流れています。Mr.シャチホコは、かつてコロッケとものまねで競い合った、岩本恭生と同じ事務所。当時は笑いを誘う手法のコロッケと正統派の岩本で、おたがいにライバル心を燃やしていたといいます。そのため、その岩本の後輩に対し、決して潰すというのではなく、今後の期待を込めて厳しくしたのではないか、との見方もあるんです」(芸能プロ関係者)

 いずれにせよMr.シャチホコにとっては、また注目度がアップしただけにオイシイ限りかもしれない。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    参加無料の賞金大会実況リポート!いま激アツなオンライン麻雀の“リアル”

    Sponsored
    156506

    ここ数年、急増している麻雀番組。昨今、超人気アイドルグループをはじめ、グラドル界からも麻雀にハマるメンバーが続々登場。彼女たちの間では「グラドル雀士枠」の争奪戦も展開されているとか。もはや可愛いさだけではなくプロとも渡り合えるガチな雀力が求…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    アラフォー男性の健康トラブルが増えている!?“人生100年時代”を生き抜く3つのヒントとは?

    Sponsored
    155376

    “貧乏暇なし”とはよくいったもので、来る日も来る日も働きづめでストレスはたまる一方だ。暴飲暴食で食生活は乱れ、疲れがなかなかとれないばかりか、眠りは浅く熟睡もできない。こんな毎日だから朝から体がダルいし、集中力や判断力が鈍って仕事ではミスば…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
ホラン千秋、「Nスタ」“Dカップ無双”が止まらない!ニットバストに絶賛の嵐
2
あの炎上ワードは口癖?渡部建を接客したホステスが“トイレ秘話”を告白!
3
辻希美、「息子とSLを見にお出かけ」報告にまさかの「撮り鉄以下」批判!?
4
深田恭子、「サーフボード手入れ中」水着姿公開でファンが「さすが!」大歓喜
5
一時は嵐や瑛人抜き?「有吉の壁」発の2.7次元アイドルの突発人気がスゴいッ