芸能

佐藤浩市、「空母いぶき」炎上騒動で関係者が「タダで宣伝してくれた」上機嫌!?

 俳優の佐藤浩市が、5月24日公開の映画「空母いぶき」での自身が演じる総理大臣役について、漫画誌「ビックコミック」(小学館)で、体制側の立場を演じることに対する抵抗感があったなどと発言したインタビュー内容が炎上している。都内をはじめ計9回行われる映画の舞台挨拶にも登場しないことも決まった。

 公開前からケチがつき、さぞかし「空母いぶき」の関係者が落胆しているのかと思いきや、実は、配給会社の関係者はこの炎上に「ウハウハ状態」なのだそうだ。スポーツ紙の芸能記者が裏事情をこう明かす。

「かわぐちかいじ氏の大人気コミック『空母いぶき』を映画化した本作は、原作ファンからは話題を呼んでいましたが、配給会社が小規模ということもあり宣伝費用が大手配給会社と比べて少なかった。そのため、この時期の公開映画のラインナップの中では、地味な存在で、当初、今ひとつ話題を呼んでいなかったのですが、佐藤浩市さんの騒動のおかげで一気に話題になりました。お金をかけなくても勝手に映画の作品の名前が出るので、宣伝効果は抜群です。この騒動を機に映画を観に行きたい、という声も多く聞かれます。佐藤浩市さんには悪いですが、この騒動のおかげと、周囲はニンマリしているのではないでしょうか」

 佐藤浩市にはとんだ災難だったかもしれない炎上騒動だが、映画が大ヒットを記録すれば御の字といったところか。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    中年リスナーがこぞって閲覧!“あざとかわいい”人気美女ライバーが、リスナーとの関係や仲良くなれるコツを指南

    Sponsored

    ここ数年来、ネット上の新たなエンタメとして注目されている「ライブ配信」だが、昨今は「ふわっち」の人気が爆上がり中だ。その人気の秘密は、事務所に所属しているアイドルでもなく、キャバ嬢のような“プロ”でもなく、一般の美女配信者と気軽に会話できて…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    配信者との恋愛はアリ? 既婚者が楽しむのはナシ? 美女ライバーと覆面リスナーが語る「ふわっち」セキララトーク

    Sponsored

    ヒマな時間に誰もが楽しめるエンタメとして知られるライブ配信アプリ。中でも「可愛い素人ライバー」と裏表のない会話ができ、30代~40代の支持を集めているのが「ふわっち」だ。今回「アサ芸プラス」では、配信者とリスナーがどのようにコミュニケーショ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    加工に疲れた!?「証明写真」「写ルンです」の「盛らない」写真の人気事情

    SNSに投稿する写真は加工アプリを使って「盛る」ことが当たり前になっているが、今、徳にZ世代の間では「あえて盛らない」写真を撮影し投稿することがブームとなっている。いったい若者たちにどんな心境の変化があったのか。ITライターが語る。「盛らな…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
楽天・安楽のハラスメント疑惑を「胸クソ悪い」「アウトだな」バッサリ切ったOBの逆鱗
2
【阪神】金本監督時代に野球人生が狂った戦力外・髙山俊と北條史也の「不運」
3
巨人を辞めた元木大介に「ヘッドコーチ就任オファー」を出したのはあの「宇宙人監督の球団」か
4
【消息不明】TBS野村彩也子アナ「ラスト出演映像」に指摘される「明らかな違和感」
5
「そして理事長だけが生き残った」日本大学アメフト「廃部」の陰でまんまとしてやった林真理子の「老獪なる保身術」