芸能

佐藤浩市、「空母いぶき」炎上騒動で関係者が「タダで宣伝してくれた」上機嫌!?

 俳優の佐藤浩市が、5月24日公開の映画「空母いぶき」での自身が演じる総理大臣役について、漫画誌「ビックコミック」(小学館)で、体制側の立場を演じることに対する抵抗感があったなどと発言したインタビュー内容が炎上している。都内をはじめ計9回行われる映画の舞台挨拶にも登場しないことも決まった。

 公開前からケチがつき、さぞかし「空母いぶき」の関係者が落胆しているのかと思いきや、実は、配給会社の関係者はこの炎上に「ウハウハ状態」なのだそうだ。スポーツ紙の芸能記者が裏事情をこう明かす。

「かわぐちかいじ氏の大人気コミック『空母いぶき』を映画化した本作は、原作ファンからは話題を呼んでいましたが、配給会社が小規模ということもあり宣伝費用が大手配給会社と比べて少なかった。そのため、この時期の公開映画のラインナップの中では、地味な存在で、当初、今ひとつ話題を呼んでいなかったのですが、佐藤浩市さんの騒動のおかげで一気に話題になりました。お金をかけなくても勝手に映画の作品の名前が出るので、宣伝効果は抜群です。この騒動を機に映画を観に行きたい、という声も多く聞かれます。佐藤浩市さんには悪いですが、この騒動のおかげと、周囲はニンマリしているのではないでしょうか」

 佐藤浩市にはとんだ災難だったかもしれない炎上騒動だが、映画が大ヒットを記録すれば御の字といったところか。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    センベロ、野球、鉄ちゃん、アニメ、オタク……趣味などの価値観重視で生涯のパートナーを見つけるマッチングアプリが中高年に最適なワケ

    Sponsored
    136162

    50歳で結婚歴のない「生涯未婚率」が激増している。これは2015年の国勢調査の結果によるもので、親世代となる1970年の同調査に比べると、その率なんと約14倍なんだとか。この現実をみると、「結婚できない……」ことを切実な問題として不安に思う…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「ドクターX」、止まらぬ視聴率低下に「色香担当が不在」「脚本家の問題」指摘!
2
ついに「旅バラ」終了!ホントの原因は太川陽介か蛭子能収か?
3
人気モデル・松島花の“若気の至り”告白に「クズすぎる」批判が殺到!
4
「時効警察」視聴率低迷の“戦犯”に吉岡里帆の名前が挙がり始めた窮地!
5
木下優樹菜「タピオカ屋恫喝」で離婚危機!?「夫が後輩に“ヤバいことに…”吐露」