芸能

民放美女アナ「仁義なき派閥争い」でわかった激震MAP<迷走する「フジ」の核心>(2)久慈暁子が派閥形成?

 さらに「旧カトパン派」出身の久慈暁子アナ(24)が「めざましテレビ」で共演する先輩の永島優美アナ(27)を抱き込んで「クジパン派」を設立。さらにはスポーツ担当から「グッディ!」の進行役になった宮澤智アナ(29)と電撃和解を果たして、「旧カトパン派」の第3勢力として注目されるようになった。

「クジパン派は、スポーツアナを目指しているという点と、アンチ宮路で一致している。久慈アナは情報番組メインですが、大谷翔平の幼なじみというフレコミもさることながら、プロ野球・ヤクルトの原樹理投手との半同棲が発覚するなどスポーツ選手との交遊関係が広い。フジ内部では代々『めざましテレビ』出身のキャスターは仲がよくて結束力が強いので、宮路一派は孤立している。東京五輪のキャスターもカトパンがメインに選ばれる雲行きで先細りは確実です」(フジ社員)

 だが、旧カトパン派が分裂する中で存在感を増しているのが、旧ショーパン派改め「ゴルフ会」と呼ばれる組織だ。

「メンバーは、17年に退社した中村仁美(39)を中心に、趣味のゴルフに後輩アナを誘い、メンバーを増やしてきた。顔ぶれは、石本沙織アナ(38)、戸部洋子アナ(38)、斉藤舞子アナ(38)らで一見、地味なメンバーばかりのようですが、厳しいアナの世界を生き抜く中堅どころの図太さで意外とアナウンスルームではブイブイいわせてます」(フジ社員)

 だが、ほとんどのメンバーは「旧カトパン派」と一線を画してきたショーパン派のメンバーでもあった。ところが‥‥。

「もともとショーパン派は、カトパンと中村光宏アナを取り合って以来、犬猿の間柄となったショーパンこと生野陽子アナ(35)が中心となっていた。ところが、ショーパン自身はあんまり派閥に興味がなかったようで、14年に結婚して以来、独立。その後を継いだ中村が次々とスカウト。今やフリーアナも取り込んでいて、中村の影響力はフジを辞めても健在ですよ」

 複雑な人間模様を織りなすフジの女子アナたち。一枚岩にまとまるまでにまだ時間がかかりそうだ。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
石田ゆり子、予想以上に立派な体の部位にファン騒然!完熟ボディの“秘密”か
2
熊田曜子、”歩くか夜の営みしか運動しない”報道で“岡村との過去”が再燃!
3
尾野真千子、「Fバスト口技」熟テクの圧巻!(終)「前張りなしマッパ」で“慰め行為”
4
「人気急騰」明日海りお、宝塚ファンから聞こえてきた男役時代の“意外な評判”
5
芦田愛菜、「おっきい」「太い」発言に視聴者が敏感反応!滲み出始めた“色香”