芸能

民放美女アナ「仁義なき派閥争い」でわかった激震MAP<迷走する「フジ」の核心>(2)久慈暁子が派閥形成?

 さらに「旧カトパン派」出身の久慈暁子アナ(24)が「めざましテレビ」で共演する先輩の永島優美アナ(27)を抱き込んで「クジパン派」を設立。さらにはスポーツ担当から「グッディ!」の進行役になった宮澤智アナ(29)と電撃和解を果たして、「旧カトパン派」の第3勢力として注目されるようになった。

「クジパン派は、スポーツアナを目指しているという点と、アンチ宮路で一致している。久慈アナは情報番組メインですが、大谷翔平の幼なじみというフレコミもさることながら、プロ野球・ヤクルトの原樹理投手との半同棲が発覚するなどスポーツ選手との交遊関係が広い。フジ内部では代々『めざましテレビ』出身のキャスターは仲がよくて結束力が強いので、宮路一派は孤立している。東京五輪のキャスターもカトパンがメインに選ばれる雲行きで先細りは確実です」(フジ社員)

 だが、旧カトパン派が分裂する中で存在感を増しているのが、旧ショーパン派改め「ゴルフ会」と呼ばれる組織だ。

「メンバーは、17年に退社した中村仁美(39)を中心に、趣味のゴルフに後輩アナを誘い、メンバーを増やしてきた。顔ぶれは、石本沙織アナ(38)、戸部洋子アナ(38)、斉藤舞子アナ(38)らで一見、地味なメンバーばかりのようですが、厳しいアナの世界を生き抜く中堅どころの図太さで意外とアナウンスルームではブイブイいわせてます」(フジ社員)

 だが、ほとんどのメンバーは「旧カトパン派」と一線を画してきたショーパン派のメンバーでもあった。ところが‥‥。

「もともとショーパン派は、カトパンと中村光宏アナを取り合って以来、犬猿の間柄となったショーパンこと生野陽子アナ(35)が中心となっていた。ところが、ショーパン自身はあんまり派閥に興味がなかったようで、14年に結婚して以来、独立。その後を継いだ中村が次々とスカウト。今やフリーアナも取り込んでいて、中村の影響力はフジを辞めても健在ですよ」

 複雑な人間模様を織りなすフジの女子アナたち。一枚岩にまとまるまでにまだ時間がかかりそうだ。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    【緊急座談会】中年世代にど真ん中の夏カジュアルはあるのか!?

    Sponsored
    182685

    40代ともなると違和感を感じ始めるのが、休日のカジュアルファッションだ。体型が変わったり、若い頃に着ていた服が似合わなくなったり「何を着たらいいか分からなくなる」のがこの世代の特徴。昔ほどお金をかけるわけにもいかず、とりあえず安価なユニクロ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    クラファン発!最先端サプリ「スパルトT5」の実力と評判とは?

    Sponsored
    182842

    コロナ禍は、生活様式も働き方も大きく変えた。「仕事帰りにちょっと一杯」も難しくなった今、ビジネスの最前線で活躍する現役世代を蝕む過大なストレスが問題となっている。そんな精神的負担も原因なのか、これまで高齢男性に多かった“夜の悩み”を訴える3…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

注目キーワード

人気記事

1
山本舞香、鈴木福くんの前で見せた“バスト渓谷見せ”過激衣装の賛否!
2
真木よう子、「Gバストがお腹に乗ってる」なド迫力オフショットにファン騒然
3
「木村文乃のバストを揉みしだく」東出昌大との驚愕映像に羨望の声!
4
木村文乃、“艶気なし”指摘を吹き飛ばす「前かがみ水着バスト渓谷」の破壊力!
5
本田望結、ボディ成長と美人化がどんどん進む!ファンも困惑の“ノビシロ”