芸能

民放美女アナ「仁義なき派閥争い」でわかった激震MAP<深層レポート>(2)「NEWS23」に赤江珠緒の影

 注目度では宇垣に劣るものの、フリー転向後、次々と古巣以外の局にも活躍の場を広げているのが、吉田明世(31)だ。放送作家が語る。

「すでに4月から『噂の現場急行バラエティーレディース有吉』(フジテレビ系)のレギュラーを獲得するなど順風満帆。17年末に妊娠が発覚し、産休中にフリーになることを考えて相談したのが、元朝日放送で現在はフリーの赤江珠緒(44)だった。もともとは赤江がTBSラジオでレギュラーを務める『たまむすび』を産休中、ピンチヒッターで出演したのが縁で急接近。最終的に現在の事務所のアミューズも紹介してもらったとか。個人事務所で完全フリーの赤江ですが、面倒見がよくて、『羽鳥慎一モーニングショー』(テレビ朝日系)の後任だった宇賀なつみ(32)がフリーになった際にも相談に乗るなど、『赤江会』は今やフリー志願の女子アナの駆け込み寺になっている」

 中でも「赤江会」の構成員ではないものの、頻繁に相談に乗ってもらっていたのが、テレビ朝日を4月5日付で辞めたばかりの小川彩佳(34)だ。TBS関係者の話。

「小川は6月からTBSの『NEWS23』のキャスターになることが正式発表されたが、直前までかなり悩んでいたそうで、最終的に赤江にも相談したようだ。TBSはかつて、NHKの有働由美子(50)に食指を伸ばしていたが日テレに負けて、目新しいキャスターを探していた。そこで白羽の矢が立ったのが小川。以前から雨宮塔子(48)がフランスへの帰国を望んでいたので、早い段階での決定となった」

 しかし、これに怒り心頭なのが、TBSのベテラン女子アナ陣。週刊アサヒ芸能でも岡村仁美アナ(36)が周囲に不満をぶちまけていたのをスクープしたが、他にも出水麻衣アナ(35)なども報道キャスターとして「NEWS23」への返り咲きが宿願だっただけに、かなり落胆しているという。もっとも、TBS側は女子アナの抜擢には慎重な姿勢のようで、

「アイドルアナや女性キャスターの育成には否定的で、フリーアナの起用に積極的な編成方針です。実際、赤江率いる『赤江会』のメンバーはもちろんのこと、赤江と同盟関係にあるセント・フォースの川田裕美(35)や新井恵理那(29)のベテラン勢も出演機会が多い。局アナとの摩擦が懸念されそう」(女子アナウオッチャー)

 小川投入で、TBSの女子アナとフリーアナのバトルは一触即発の様相を呈している。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
宮迫博之と入江慎也がシェアする「中目の女」のテクに吉本芸人がメロメロに!
2
マツコが正解じゃん!?N国党・立花党首の「崎陽軒叩き」に横浜市民ブチ切れ
3
前と横、後ろから!土屋太鳳「Fカップボディをまるごと味わえる投稿」が大好評
4
「夫のピンク店通い」も笑い飛ばし…蒼井優“内助の功”に女性人気が爆上がり!
5
土屋太鳳、絶賛相次ぐ“タオ胸”解禁行動で見えてきた「色香戦略の真意」とは?