芸能

元彼の店で…小嶺麗奈、「“睡眠薬と酒でブッ飛ぶ”が薬物の入口」報道の波紋!

 5月22日、法律違反の薬物を所持していた容疑で関東信越厚生局の当局に現行犯逮捕された、元KAT‐TUNメンバーの田口淳之介容疑者と、その恋人であり現在は田口容疑者のマネージャーでもあった小嶺麗奈容疑者。「スポニチ」によると、小嶺容疑者は元カレである元俳優が経営する東京・六本木のサパークラブに10代の頃から出入り。そこで、赤いフィルムで包装されていることから「赤玉」と呼ばれ、2015年11月まで市販されていた睡眠薬「エリミン剤」と、アルコールを併用すると、気持ちが高揚するいわゆる「アッパー系」の作用があることを知り、これが薬物に手を染めるきっかけになったという。

「今から20年ほど前、つまり小嶺容疑者が18歳前後の頃の六本木、西麻布界隈では、『赤玉』と酒を併用すると簡単に“ぶっ飛べる”ことで有名でした。しかも市販薬とアルコールは誰にでも入手できて値段も安いことから罪悪感が芽生えにくく、当時は手を出す若者が多かったんです。小嶺容疑者の元カレとされる元俳優については、スポニチには詳しいことは書かれていませんでしたが、ネット上では、六本木で店を経営する元俳優という報道から、かつて具体的な名前があがったりして、ザワついています」(女性誌記者)

 いずれにせよ、誰のそばにも法律違反の薬物の誘惑があるという恐ろしさを、改めて思い知らされる一件と言えよう。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    芸能・政治・カネの「実は?」に迫る!月額550円で“大人の裏社会科見学”

    Sponsored
    194887

    予期せぬパンデミックによって生活や通勤スタイルがガラリと変わった昨今、やれSDGsだ、アフターコロナだ、DXだと、目まぐるしく変化する社会に翻弄されながらも、今を生き抜くのが40~50代の男たち。それまでは仕事が終われば歓楽街へ繰り出し、ス…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
謎の放置状態で急浮上した「クビになるタレント2人」の「証拠映像」
2
これは見ておくべき!谷まりあ「とんでもない大きさのバスト」を大サービス
3
「仕事がないものですから…」沢田研二が伏せていた「田中裕子との関係」/壮絶「芸能スキャンダル会見」秘史
4
プロ野球「隠ぺいされた不協和音」ワースト7(3)原采配のシワ寄せを受ける巨人・坂本勇人
5
有吉弘行「性ビデオ業界転身」も考えた…「故郷の広島に帰る」宣言で夏目三久はどうする!?