スポーツ

「サボりゴルフ」松坂大輔に「第2のオレ流」「落合再来」の声!

 中日ドラゴンズは「オレ流」の浸食を防ぐことができないようだ。

 チームは下位低迷で、「振り向けば、ヨコハマ」の最下位争い。期待の新人・根尾昂は「プロの壁」にぶつかってしまい、ドル箱の松坂大輔は右肩を壊して二軍調整中…。悪いことばかりが続いており、そこに重なったのが、その松坂の「サボりゴルフ」報道である。

「チームの練習日にゴルフというのはどう考えても良くありません。中日はペナルティーの詳細は明かしていませんが、厳罰に処したということはなさそうです。いくらかの罰金は発生したかもしれません。でも、相手は松坂ですから」(地元関係者)

 松坂の弁によれば、「ゴルフ当日もリハビリや練習をして…」と釈明していたが、「立場をわきまえろ」というのが、組織人としての考え方だろう。そんな中日を指して、こんな声が聞かれた。

「与田剛監督になって、昨季よりもチームが上向きになったかと聞かれれば、否定的な見解のほうが多いようです。与田監督に決まったのは、アンチ落合(=博満氏)の一派を抑える意味合いもありました。ただ、結果が出ないとなれば、経営陣は堂々と落合氏とチーム再建のための意見、力添えをお願いすることなりそう」(前出・地元関係者)

 落合氏が古参の中日OBに“警戒”されるのは、凡人には理解できない独特の言動である。「オレ流」とも称されてきたが、見方を変えれば、現在の松坂もオレ流だ。先のゴルフ騒動もそうだが、練習メニュー、リハビリはすべて松坂任せ。「第2のオレ流」にチームをかき回されているようなものだ。

「交流戦明けまでに順位を上げられなければ、チームは『来季』に向けた調整、再建が主テーマとなり、若手中心の起用となります。その一環として、調整の一環で松坂の一軍登板も前倒しとなりそうです」(スポーツ紙記者)

 人気の松坂の復帰登板が前倒しされれば、経営陣は喜ぶだろう。もっとも、チームは松坂に振り回されているようなものだが…。落合氏、そして、松坂。ともに勝手気ままだが、地元ファンの支持がこんなにも違うのは、何よりもキャラクターの差、ということだろう。

(スポーツライター・飯山満)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    伊藤沙莉、「バストトップ出し&アエギ声」映画用にボイス訓練の“躍進女優力”

    161972

    若手女優きってのバイプレイヤー伊藤沙莉(26)の大躍進が止まらない。どこか親近感を持てるルックスと独特のハスキーボイスを携えて映画に引っ張りだこだというのだ。「主演の伊藤健太郎のひき逃げのためにお蔵入りになりかけた11月6日公開の『十二単衣…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
日テレ水卜麻美、「スッキリ」卒業で色白Eバスト求め視聴者も「ZIP!」大移動!?
2
桑田真澄、クロマティが明かしていた巨人に15年間も呼ばれなかった理由
3
王監督を激怒させたホークス“大乱闘”の内幕
4
太川陽介「バス旅」パートナーの意外過ぎる人選と懸念ポイント
5
菅野美穂、「ウチの娘は、彼氏が出来ない!!」に続々不評の「イタいポイント」