芸能

“PET検査有無で裁判はない”西川史子が高視聴率「白い巨塔」に指摘した“異議”

 岡田准一主演で、テレビ朝日が5夜連続で放送した特別ドラマ「白い巨塔」。視聴率は第1回12.5%でスタートし、第2回11.8%、第3回12.2%、第4回13.5%と堅調に推移し、5月26日の最終話は15.2%を記録した。

 だが、このドラマに医師でタレントの西川史子が医師として見過ごせないポイントを、ドラマ終了後に更新した自身のインスタグラムで指摘しているという。

「インスタグラムには原作本である山崎豊子の新潮文庫全5冊の写真とともに、長いコメントが添えられています。西川は《医師にとって「白い巨塔」は特別な作品です》とし、西川自身、田宮二郎の財前教授がいちばん心に残っているそうで、唐沢寿明主演版も《20年選手の外科医からも特に所作が素晴らしいと言われていました》とつづっています。

西川は今回の作品も視聴し、岡田の演技に《毎夜心を打たれました》と絶賛。ところが、《教授以下の医師達の意見が全く無視されたり、必ず行っているはずの術前のPET検査の有無で裁判ということは現在ではありません》と指摘。《山崎豊子先生の当時のお考えを優先されたのだと思います》としながらも、《これによって病院や医師への信頼を損ねてしまったらと危惧しますが、どうぞ、受け持ちの先生を信じてください》としています」(ネットライター)

 原作は1963年から65年にかけて書かれた作品で、今回の作品は2019年の設定に変更されている。書かれた時代背景を完全に踏襲するのでなければ、綿密な設定の検証が求められる、ということのようだ。

(伊藤その子)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
ラモス瑠偉「W杯惨敗サッカー日本代表コキ下ろし」に抗議電話15万5000件/スポーツ界を揺るがせた「あの大問題発言」
2
「キスしてる?」質問にフジテレビ・井上清華が衝撃「赤面もじもじ返答」の「まさか!」
3
「趣味でUber Eats配達員をやってる」オードリー若林正恭に「必死の生活者」が感じること
4
落合博満が「何の連絡もない」と困惑する「中日OB戦オファー事件」の舞台裏
5
岡田監督と不協和音!阪神・佐藤輝明「怒りの2軍落ち」で問題視された「試合に向かう姿勢」