芸能

“PET検査有無で裁判はない”西川史子が高視聴率「白い巨塔」に指摘した“異議”

 岡田准一主演で、テレビ朝日が5夜連続で放送した特別ドラマ「白い巨塔」。視聴率は第1回12.5%でスタートし、第2回11.8%、第3回12.2%、第4回13.5%と堅調に推移し、5月26日の最終話は15.2%を記録した。

 だが、このドラマに医師でタレントの西川史子が医師として見過ごせないポイントを、ドラマ終了後に更新した自身のインスタグラムで指摘しているという。

「インスタグラムには原作本である山崎豊子の新潮文庫全5冊の写真とともに、長いコメントが添えられています。西川は《医師にとって「白い巨塔」は特別な作品です》とし、西川自身、田宮二郎の財前教授がいちばん心に残っているそうで、唐沢寿明主演版も《20年選手の外科医からも特に所作が素晴らしいと言われていました》とつづっています。

西川は今回の作品も視聴し、岡田の演技に《毎夜心を打たれました》と絶賛。ところが、《教授以下の医師達の意見が全く無視されたり、必ず行っているはずの術前のPET検査の有無で裁判ということは現在ではありません》と指摘。《山崎豊子先生の当時のお考えを優先されたのだと思います》としながらも、《これによって病院や医師への信頼を損ねてしまったらと危惧しますが、どうぞ、受け持ちの先生を信じてください》としています」(ネットライター)

 原作は1963年から65年にかけて書かれた作品で、今回の作品は2019年の設定に変更されている。書かれた時代背景を完全に踏襲するのでなければ、綿密な設定の検証が求められる、ということのようだ。

(伊藤その子)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    飲み続けていたら夜もイキイキしてきた!?口コミで話題の「活力アミノ酸(R)DX」とは?

    Sponsored
    213053

    コロナ禍という長いトンネルも徐々に出口が見え、昨今は人々の社会活動も活発的になってきた。連休は「久々にゴルフに出かけた」「家族サービスで国内旅行をした」といったパパ世代の諸兄も多いのではないだろうか。在宅勤務から勤務へ徐々に回帰する企業も増…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
柴咲コウ&吉高由里子に惨敗!「荷が重すぎた」新木優子の「ガリレオ」演技
2
中国ファンドVS令和の相場師…日本企業「乗っ取り」攻防戦が過激化する
3
川島なお美「前貼りなし」で挑んだ古谷一行とのベッドシーン「入っていた」伝説
4
巨人・坂本勇人「伝統の一戦」がヤジの応酬になった阪神・西勇輝との「ゲス比べ」
5
「やめてーー!」足立梨花が「正面・バック・女性上位」ハメ映像漏洩に大絶叫