社会

医者のはなしがよくわかる“診察室のツボ”<うつ病>「実は梅雨時が危ない引き金になるのは‥‥」

 4月から5月にかけて発症する人が多いと思われている「うつ病」。実際は梅雨時が最も「うつ病」になりやすいという。

 雨や曇りの日が続き、日照時間も減ることに加え、気圧、温度、湿度の変化も激しいため、精神的にも肉体的にも負担が多くなるからだ。

 そもそも「うつ病」とは、脳内の神経伝達物質の働きが弱くなり、それによって憂うつな気分や、仕事の意欲や興味の低下を引き起こすもの。

 うつの症状としては、眠れない、食欲不振、集中力や判断力の低下、動作が遅くなる、不安やイライラが多くなるばかりか、悪化すれば、仕事や勉強、人とのコミュニケーションが困難になり、日常生活にも支障を来してくる。

「うつ病」の引き金になりやすいのは、大切な人の死や人間関係のトラブル、仕事や家庭での役割の変化など、さまざまなストレス。また、責任感が強く、完璧主義、几帳面な性格の人に起こりやすく、遺伝的要因も考えられる。

 治療法は、「休養」「薬物療法」「カウンセリング」が中心となってくる。まずは使いすぎてしまった脳をしっかり休ませるということが基本。そして、抗うつ薬による薬物療法で、脳の機能的不調を改善し、症状を軽減させる。これで、発症以前と同じ状態まで回復できる人は多いが、一時的によくなったからといって、薬を勝手にやめて逆戻りするケースも多いので、自己判断は禁物だ。

 ちなみに、うつかどうかをセルフチェックできる、「簡易抑うつ症状尺度」という方法もある。精神科医のジョン・ラッシュ医師によって開発され、世界10カ国以上で使用されているものだ。16項目の自己記入式で、うつ病の重症度を評価でき、6点以上になった場合は「うつ病」になっている可能性があるので医師の診断が必要となる。

田幸和歌子(たこう・わかこ):医療ライター、1973年、長野県生まれ。出版社、広告制作会社を経てフリーに。夕刊フジなどで健康・医療関係の取材・執筆を行うほか、エンタメ系記事の執筆も多数。主な著書に「大切なことはみんな朝ドラが教えてくれた」(太田出版)など。

カテゴリー: 社会   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
吉岡里帆、“ヒップ誘惑”&“パン線”披露!インスタ写真が物語る「意気込み」
2
「Fバスト」高梨瑞樹、“マッパ&エプロンでポトフ作り”動画に艶ワード連想声
3
透けてる?吉岡里帆、ヒップ突き出し“ピタピタドレス姿”にファンがクギ付け!
4
「全裸監督2」情交シーン大全(2)元AKB女優が「3Pピストン」でバスト大揺れ
5
「ハコヅメ」永野芽郁のバスト感触をガッツリ味わった俳優に羨望の声!