社会

医者のはなしがよくわかる“診察室のツボ”<うつ病>「実は梅雨時が危ない引き金になるのは‥‥」

 4月から5月にかけて発症する人が多いと思われている「うつ病」。実際は梅雨時が最も「うつ病」になりやすいという。

 雨や曇りの日が続き、日照時間も減ることに加え、気圧、温度、湿度の変化も激しいため、精神的にも肉体的にも負担が多くなるからだ。

 そもそも「うつ病」とは、脳内の神経伝達物質の働きが弱くなり、それによって憂うつな気分や、仕事の意欲や興味の低下を引き起こすもの。

 うつの症状としては、眠れない、食欲不振、集中力や判断力の低下、動作が遅くなる、不安やイライラが多くなるばかりか、悪化すれば、仕事や勉強、人とのコミュニケーションが困難になり、日常生活にも支障を来してくる。

「うつ病」の引き金になりやすいのは、大切な人の死や人間関係のトラブル、仕事や家庭での役割の変化など、さまざまなストレス。また、責任感が強く、完璧主義、几帳面な性格の人に起こりやすく、遺伝的要因も考えられる。

 治療法は、「休養」「薬物療法」「カウンセリング」が中心となってくる。まずは使いすぎてしまった脳をしっかり休ませるということが基本。そして、抗うつ薬による薬物療法で、脳の機能的不調を改善し、症状を軽減させる。これで、発症以前と同じ状態まで回復できる人は多いが、一時的によくなったからといって、薬を勝手にやめて逆戻りするケースも多いので、自己判断は禁物だ。

 ちなみに、うつかどうかをセルフチェックできる、「簡易抑うつ症状尺度」という方法もある。精神科医のジョン・ラッシュ医師によって開発され、世界10カ国以上で使用されているものだ。16項目の自己記入式で、うつ病の重症度を評価でき、6点以上になった場合は「うつ病」になっている可能性があるので医師の診断が必要となる。

田幸和歌子(たこう・わかこ):医療ライター、1973年、長野県生まれ。出版社、広告制作会社を経てフリーに。夕刊フジなどで健康・医療関係の取材・執筆を行うほか、エンタメ系記事の執筆も多数。主な著書に「大切なことはみんな朝ドラが教えてくれた」(太田出版)など。

カテゴリー: 社会   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    芸能・政治・カネの「実は?」に迫る!月額550円で“大人の裏社会科見学”

    Sponsored
    194887

    予期せぬパンデミックによって生活や通勤スタイルがガラリと変わった昨今、やれSDGsだ、アフターコロナだ、DXだと、目まぐるしく変化する社会に翻弄されながらも、今を生き抜くのが40~50代の男たち。それまでは仕事が終われば歓楽街へ繰り出し、ス…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
今田美桜、吉岡里帆を圧倒した「ジャンボなバスト」CM映像が話題沸騰!
2
木南晴夏、インスタの水着姿で再注目された「意外に豊かなバスト」!
3
吉岡里帆、「裏で“こぼれそうだったバスト”」を封印報道に嘆きの声!
4
有村架純、「前科者」風呂シーンで見せた“マッパ美ボディ”にファン歓喜!
5
太川陽介の鉄道旅がぺこぱへ継承!田中要次・羽田圭介が迎える“危機”とは