女子アナ

「え~、もっと奥まで…」岡副麻希、“医師と実演中“肉声にファンの妄想爆発!

 会話だけ聞いたら完全に艶ネタにしか聞こえない?

 フリーアナの岡副麻希が6月15日に放送された情報番組「めざましどようび」(フジテレビ系)に出演。耳かきを実演して、先生から指導を受ける場面があったが、その会話内容が視聴者の間で話題になっている。この日は梅雨時に長時間イヤホンをすることにより、耳の中にカビが繁殖する“耳カビ”についての特集を放送。

 また、イヤホンのほかにも耳かきをしすぎることで耳の中に傷ができ、耳カビのリスクが高まるとのことで、番組では毎日風呂上りに耳かきをするという岡副がふだん通りに耳かきをしてもらい、耳鼻科の院長にチェックしてもらう流れに。

 岡副の耳かきを見た院長は「ちょっとやり過ぎだと思いますね」と注意をし、岡副は「やりすぎ!?」とショックを受けていた。さらに院長は「まず入れすぎです。とても危ない」と、頻度が多いかつ耳の奥まで入れすぎという評価に。

 その後は先生が岡副に耳かきをしてあげて、正しい耳かきの仕方をレクチャーする流れとなったが、耳かきを2~3周クルクル回す程度のあっさりとした耳かきだったために、岡副は「え、こんなに穴の入り口でいいんですか?」「え、もっと奥までグイグイ来ません?」と衝撃を受けていた。

 耳の奥にまで耳かきを入れることで耳アカを奥に押しやることになってしまうため、院長は「いや、これ以上はダメですね」と説明していたが、岡副は「え~、もっと奥まで…」と物足りなそうにして、耳かきの実演は終えていた。

 しかし、この様子を見た男性視聴者からは「なんか岡副と先生の会話がいやらしく聞こえてしまうんだが…」「これは音声だけなら下系の会話にしか聞こえない」「岡副もよくこんな内容をにやけずに話せるな」「この会話はダメだろ。朝からちょっと下半身が熱くなってしまった」などといった意味の声が相次ぐなど、会話の内容が卑猥に聞こえると盛り上がりを見せている。

「穴にモノを入れるということが共通していることもあって、いやらしい会話に聞こえてしまうのも無理はないでしょう。しかも、天然で自然体な岡副は体が柔らかいこともあって、今までも無意識に様々な動作で男性視聴者を興奮させていますから、この会話を岡副がしているというのも、1つの興奮要素ですよね」(エンタメ誌ライター)

 とりあえず、岡副の場合は耳かきをする時にも力を入れすぎていることが十分に考えられるだけに、やりすぎと入れすぎには十分に注意してほしいところだ。

(田中康)

カテゴリー: 女子アナ   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
フジ渡邊渚、G…いやHカップ!?ニットバストで「デカすぎ!」の衝撃
2
唐橋ユミ、バストが重すぎ?生放送中に“肌着ズレ”スタッフ慌てた事故映像
3
熊田曜子、「“大人の夜の玩具”使用疑惑」でSNSに“下世話コメ”殺到の地獄絵図!
4
フジ渡邊渚、待望の「Gカップ“たゆんたゆん”新動画」にファン歓喜!
5
太川陽介に不要論も!?テレ東「旅番組」新企画の気になる評判