エンタメ

「いつやるか?今でしょ!」林修先生の金言集(3)日本史56点に動揺をを隠せず

 5年後の自分を想像することで、林先生は想像以上の成功を勝ち取った。

 林先生の講座はどの教室も超満員。生講義を聴けない生徒は、講義のDVDを見て自習するほどだ。生徒からの信頼も厚く、講義後はサインをもらうために長蛇の列までできている。

 その年収は、5000万円を超えると報じられているが、大学ジャーナリストの石渡嶺司氏はこう話す。

「20年ほど前ならば、予備校講師で1億円プレーヤーもいました。確かに、20年前は30%台だった大学進学率は現在、50%を超えています。しかし、18歳人口は毎年、減少を続けています。そこにきて、不況のあおりを受け、家計の事情から『浪人』という選択肢を取らない受験生が大半を占め、予備校の経営環境は悪化している。そうした最中に現れた久々のスター講師ですから、東進はもっと払ってでも、引き留めていたいのではないでしょうか」

 今後の年収アップはまず間違いないだろう。しかも、林先生は金だけでなく、13歳年下の美人産婦人科医を妻にまでしている。さらに、名古屋駅前の高級マンション住まい。もはや手に入れていないものはないのではと思える人生にあっても、いまだ全国を講義のために駆け回り、年間200日はホテル暮らしだという。

 そして、提携している私立高校でも受験対策の授業を持っていた。高校での受験対策カリキュラムで林先生の論文指導を受けた女性(29)はこう話す。

「予備校と違って、教室は小さいし、生徒も少ない。林先生はけっこう生徒をイジるんです。私はいつも『キミは因果関係がおかしい』ってダメ出しされました。『キミが書いた論文は‥‥』ならわかるんですけどね(笑)。それでいて、自分が書いた模範解答を読んでから、『俺は神の領域に近づいた』とか『今、俺の偏差値は2億を超えた』なんて言うんです。林先生は超人だと思っていました(笑)。でも、急に『共通一次の日本史で56点しか取れなかった。何が起きたかわからなかった』とか言いだして、ああ普通の人間なんだって‥‥」

 もしかして、弱みを見せて女子高生のハートをつかむのも、論理的に計算され尽くされたものなのか。

 どうも、そうではないようだ。林先生は大のギャンブル好きを自認している。学生時代の麻雀に始まり、パチンコ、競馬‥‥。理屈を職業とする林先生が、理屈だけではどうにもならないギャンブルが好きとはかなり意外である。著書に〈『高い授業料』が教えてくれたこと〉と書いているように、自分は〈数限りなく負けてきた人〉だそうだ。そして、こんな「金言」も。

〈負けから学ぶこと、そして時に潔く負けること〉

 勝ち組の人生を歩んでいるかのように見える林先生だが、失敗から多くを学んできた。

 失敗を続けてきた大人にとっても、実に親近感の湧く成功者なのである。そんな林先生が発した「金言」を無為にやり過ごす手はない。じゃあ、いつ「金言」を読むか? それは「今でしょ!」に決まっている。

カテゴリー: エンタメ   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    “JRA有馬記念VS年末ドリームジャンボ”一攫千金を叶えるならどっちが現実的?

    Sponsored
    239326

    ◆年末の風物詩である有馬記念師走となれば誰もが一攫千金を夢見る。その対象は大きく分けて2つ、JRAの有馬記念(G1)と年末ドリームジャンボ宝くじだ。馬券は実力次第で的中を手繰り寄せることができる一方、宝くじは完全な運任せ。まったく対極にある…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    「テーオーケインズを脅かす人気薄…」三冠騎手を育てた鬼教官のチャンピオンズC穴馬

    Sponsored
    236409

    ◆ワールドカップ以上の注目イベント!中東のカタールで行われているFIFAワールドカップは、日本代表が優勝候補のドイツに劇的な勝利。コスタリカ戦も終え、12月1日に注目のスペイン戦を控えている。決勝トーナメントに向け、森保監督の采配が注目され…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    1800万円VS100万円の戦い!JRA阪神ジュベナイルフィリーズに下剋上あり?

    Sponsored
    237214

    ◆男なら誰もが羨む話だが…競馬の面白いお金の話がある。それが種付け料だ。かつて産駒が数億円単位で売れていたディープインパクトの場合、1回の種付け料が4000万円に達したことがある。1度の種付けが家やマンションと同じ価値というのだから、リスク…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
第5回WBC 大谷、ダルビッシュらメジャー組「一転不参加」危機
2
「孤独のグルメ」見た勘違いドライバーが続出!猛烈寒波の北海道での「観光地獄」
3
「虚言・嘘泣き野郎・溺れるナルシスト」YOSHIKIを襲うTOSHIの強烈「コキ下ろし歌詞」大騒動
4
巨人・丸佳浩に原監督の「冷酷ダメ出し」崖っぷち外様の悲哀
5
ウクライナ軍の「大規模奪還作戦」3月開始が判明!でもロシアに「勝ちすぎて」プーチンがヤバイ行動に…