芸能

女優たちの「完全決裂」縄張りバトル(1)吉高由里子は溺愛していた土屋太鳳を…

 周りの人間は誰もがライバルである、生き馬の目を抜く芸能界。かつて溺愛していた共演女優が、強烈なライバル心から新たな“怨敵”に変わることすら珍しくないのである。

 今、映画業界で不穏な噂が流れている。吉高由里子(30)と土屋太鳳(24)の間に「トゲトゲしい空気」が漂っているというのである。

 両者は若手の中でもトップクラスの女優として活躍しているが、その関係を遡ると、過去には共演をきっかけに「蜜月時代」もあったはずだ。

「吉高がヒロインの村岡花子役を務めた14年放送のNHK朝の連続テレビ小説『花子とアン』で、土屋は花子の妹ももの役を演じましたが、その縁で二人は非常に深いつきあいが始まったんです。役柄と同様に吉高は土屋を『彼女のことを本当の妹だと思っている』と公言していました。『好きすぎてヤバイ』『目に入れても痛くない子』とまで溺愛していた。一方の土屋も吉高を『おねえやん』と呼び、芸能活動の悩みや気になるオトコのことなど、包み隠さず相談していたんですよ」(芸能プロ関係者)

 さらには、土屋が15年の朝ドラ「まれ」のヒロインに決まった際、吉高がみずから企画して土屋のためにサプライズのお祝いパーティーを開いたほどだ。

「これに感激した土屋が号泣しながら吉高に抱きつき、吉高までもらい泣きしてしまったという話は、今でも語りぐさですね」(芸能プロ関係者)

 こうしたエピソードからも、当時いかに両者が親密だったかがわかる。

 そんな吉高と土屋の関係に、昨年の日本アカデミー賞授賞式頃から異変が生じていたのだという。はたして、二人の間に何が起こったというのか──。

「この時の日本アカデミー賞では吉高が『ユリゴコロ』(東映、日活)で、土屋が『8年越しの花嫁 奇跡の実話』(松竹)で、ともに優秀主演女優賞を獲得したのですが、両者が久しぶりに顔を合わせた授賞式の現場で、まさかの“ガン無視”の目撃談が相次いだんです」(映画関係者)

 この日の接触について吉高と土屋は、ともにツーショット写真をSNSにアップしているが‥‥。

「いや、現場での実態を知っている映画関係者の間では『やっぱり土屋の目が全然笑っていない』として逆に不仲説を確信させられる結果となりました。だって現場では、話しかけてくる土屋に対し、吉高が聞こえないフリをして、何度もガン無視していたんですから」(映画関係者)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
千眼美子、台湾で見せた「肉体の激艶変化」に男性ファンが騒然!
2
石田ゆり子が結婚できない理由はペットにあらず!本当の原因は別だった?
3
デカすぎる!本田翼、美バスト披露でメイキング映像にアクセス殺到!
4
鈴木愛らとバチバチ!「しぶこ」が同組で無視される“緊迫バトル”全貌とは?
5
日テレ水卜麻美、リバウンド指摘もファンから上がった「歓喜の声」!