芸能

女優たちの「完全決裂」縄張りバトル(1)吉高由里子は溺愛していた土屋太鳳を…

 周りの人間は誰もがライバルである、生き馬の目を抜く芸能界。かつて溺愛していた共演女優が、強烈なライバル心から新たな“怨敵”に変わることすら珍しくないのである。

 今、映画業界で不穏な噂が流れている。吉高由里子(30)と土屋太鳳(24)の間に「トゲトゲしい空気」が漂っているというのである。

 両者は若手の中でもトップクラスの女優として活躍しているが、その関係を遡ると、過去には共演をきっかけに「蜜月時代」もあったはずだ。

「吉高がヒロインの村岡花子役を務めた14年放送のNHK朝の連続テレビ小説『花子とアン』で、土屋は花子の妹ももの役を演じましたが、その縁で二人は非常に深いつきあいが始まったんです。役柄と同様に吉高は土屋を『彼女のことを本当の妹だと思っている』と公言していました。『好きすぎてヤバイ』『目に入れても痛くない子』とまで溺愛していた。一方の土屋も吉高を『おねえやん』と呼び、芸能活動の悩みや気になるオトコのことなど、包み隠さず相談していたんですよ」(芸能プロ関係者)

 さらには、土屋が15年の朝ドラ「まれ」のヒロインに決まった際、吉高がみずから企画して土屋のためにサプライズのお祝いパーティーを開いたほどだ。

「これに感激した土屋が号泣しながら吉高に抱きつき、吉高までもらい泣きしてしまったという話は、今でも語りぐさですね」(芸能プロ関係者)

 こうしたエピソードからも、当時いかに両者が親密だったかがわかる。

 そんな吉高と土屋の関係に、昨年の日本アカデミー賞授賞式頃から異変が生じていたのだという。はたして、二人の間に何が起こったというのか──。

「この時の日本アカデミー賞では吉高が『ユリゴコロ』(東映、日活)で、土屋が『8年越しの花嫁 奇跡の実話』(松竹)で、ともに優秀主演女優賞を獲得したのですが、両者が久しぶりに顔を合わせた授賞式の現場で、まさかの“ガン無視”の目撃談が相次いだんです」(映画関係者)

 この日の接触について吉高と土屋は、ともにツーショット写真をSNSにアップしているが‥‥。

「いや、現場での実態を知っている映画関係者の間では『やっぱり土屋の目が全然笑っていない』として逆に不仲説を確信させられる結果となりました。だって現場では、話しかけてくる土屋に対し、吉高が聞こえないフリをして、何度もガン無視していたんですから」(映画関係者)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    動画もオンラインゲームもラグ知らず! OCN 光はなぜ夜のエンタメシーンでもおすすめなのか

    Sponsored
    251202

    PCの画面を見ながら、F氏は愕然とした。デビュー以来推していた某女性グループの1人が卒業するから….ではない。涙を堪えながら、その最後のお別れとなる卒業ライブ配信を視聴していたところ、最後の挨拶を前に、動画サイトの画面がカクつき…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    中年リスナーがこぞって閲覧!“あざとかわいい”人気美女ライバーが、リスナーとの関係や仲良くなれるコツを指南

    Sponsored
    264969

    ここ数年来、ネット上の新たなエンタメとして注目されている「ライブ配信」だが、昨今は「ふわっち」の人気が爆上がり中だ。その人気の秘密は、事務所に所属しているアイドルでもなく、キャバ嬢のような“プロ”でもなく、一般の美女配信者と気軽に会話できて…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    配信者との恋愛はアリ? 既婚者が楽しむのはナシ? 美女ライバーと覆面リスナーが語る「ふわっち」セキララトーク

    Sponsored
    266588

    ヒマな時間に誰もが楽しめるエンタメとして知られるライブ配信アプリ。中でも「可愛い素人ライバー」と裏表のない会話ができ、30代~40代の支持を集めているのが「ふわっち」だ。今回「アサ芸プラス」では、配信者とリスナーがどのようにコミュニケーショ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

注目キーワード

人気記事

1
阿部慎之助は「戦犯扱い筆頭」元木大介は原監督と「亀裂」ダメ巨人で始まるコーチ陣大粛清
2
ロンブー淳がアンチに「直接話そう」公開した携帯電話番号にかけたら「生配信」されるかも
3
今年のプロ野球ドラフトは「大学生投手の大豊作」で花巻東・佐々木麟太郎を敬遠する球団が出た
4
「桑田派」巨人・大勢をにわか仕立てで潰す気か!「桑田真澄を1軍投手コーチに戻せ」という投手陣の叫び
5
水卜麻美・井上清華・渡邊渚「体調不良」で女子アナが続々ダウンする「昼夜逆転」生活の限界