芸能

コロチキ・ナダル、渦中の番組で暴露された秘密は闇営業より質が悪かった?

 MCの宮迫博之が画面から完全に消し去られたことで話題になっている、6月27日放送の「アメトーーク!」(テレビ朝日系)。その番組内で、お笑いファンをあぜんとさせる秘密が暴露されたという。

 この日は「ネタ書いてない芸人」と題し、お笑いコンビのネタを書くメンバーと書かないメンバーが二手に分かれる形に。おたがいへの不満をぶつけあっていたが、その中でコロコロチキチキペッパーズの西野創人から驚きの発言が飛び出したという。

「西野は『ナダルには“言うな”って言われてるんですけど』と切り出したうえで、『ネタは百歩譲ってもいい、ギャグは考えてほしい』との思いを吐露。西野によると、ナダルの得意フレーズである《やっべえぞ!》や《いっちゃってる~!》も、西野が考えたものだというのです。するとナダルは頭を振って困惑の表情になり、どうやら本当に秘密だった模様。ここで“ナダルショット”というオリジナルのフレーズを繰り出すもだだスベりしてしまい、動揺を隠せませんでした」(芸能ライター)

 最大の持ちネタさえも相方任せだったナダル。しかし、その判断はどうやら正しかったようだ。芸能ライターが続ける。

「番組では、ネタを書かない側がオリジナルの台本を作り、そのネタで対戦するバトルを実施。ここでコロチキは最低点数で玉砕していました。ナダルが書いたネタは、自身の演じる刑事が『証拠品』の週刊誌を手に、“大人向けの艶っぽい内容の本”を示す単語を口に出して、手にした週刊誌がその種の本であるということをひたすら連呼するというもの。女性客が中心の観覧席は静まり返り、相方の西野もバツの悪そうな顔をしていたのです」

 どうやらコロチキでは、ナダルをプレイヤーに専念させるのが正解のようだ。

(金田麻有)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
【孤立の真相】ロッテ・佐々木朗希「150キロ台しか出ない」に球団も選手も「冷たい視線」
2
渡瀬恒彦「安岡力也を半殺し」「舘ひろしに鉄拳制裁」芸能界最強伝説/壮絶「芸能スキャンダル会見」秘史
3
「川相、何やってんだ」巨人・阿部慎之助監督「バント野球」失敗の多さを元木大介はどう見たか
4
またいなくなった!フジテレビ・井上清華アナに浮上する「渡邊渚アナの長期療養」悲劇再来
5
【バス旅秘話告白】太川陽介が蛭子能収を大絶賛「ひと言も文句を言わず23キロ歩いた」四国道