芸能

コロチキ・ナダル、渦中の番組で暴露された秘密は闇営業より質が悪かった?

 MCの宮迫博之が画面から完全に消し去られたことで話題になっている、6月27日放送の「アメトーーク!」(テレビ朝日系)。その番組内で、お笑いファンをあぜんとさせる秘密が暴露されたという。

 この日は「ネタ書いてない芸人」と題し、お笑いコンビのネタを書くメンバーと書かないメンバーが二手に分かれる形に。おたがいへの不満をぶつけあっていたが、その中でコロコロチキチキペッパーズの西野創人から驚きの発言が飛び出したという。

「西野は『ナダルには“言うな”って言われてるんですけど』と切り出したうえで、『ネタは百歩譲ってもいい、ギャグは考えてほしい』との思いを吐露。西野によると、ナダルの得意フレーズである《やっべえぞ!》や《いっちゃってる~!》も、西野が考えたものだというのです。するとナダルは頭を振って困惑の表情になり、どうやら本当に秘密だった模様。ここで“ナダルショット”というオリジナルのフレーズを繰り出すもだだスベりしてしまい、動揺を隠せませんでした」(芸能ライター)

 最大の持ちネタさえも相方任せだったナダル。しかし、その判断はどうやら正しかったようだ。芸能ライターが続ける。

「番組では、ネタを書かない側がオリジナルの台本を作り、そのネタで対戦するバトルを実施。ここでコロチキは最低点数で玉砕していました。ナダルが書いたネタは、自身の演じる刑事が『証拠品』の週刊誌を手に、“大人向けの艶っぽい内容の本”を示す単語を口に出して、手にした週刊誌がその種の本であるということをひたすら連呼するというもの。女性客が中心の観覧席は静まり返り、相方の西野もバツの悪そうな顔をしていたのです」

 どうやらコロチキでは、ナダルをプレイヤーに専念させるのが正解のようだ。

(金田麻有)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    芸能・政治・カネの「実は?」に迫る!月額550円で“大人の裏社会科見学”

    Sponsored
    194887

    予期せぬパンデミックによって生活や通勤スタイルがガラリと変わった昨今、やれSDGsだ、アフターコロナだ、DXだと、目まぐるしく変化する社会に翻弄されながらも、今を生き抜くのが40~50代の男たち。それまでは仕事が終われば歓楽街へ繰り出し、ス…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
謎の放置状態で急浮上した「クビになるタレント2人」の「証拠映像」
2
これは見ておくべき!谷まりあ「とんでもない大きさのバスト」を大サービス
3
「仕事がないものですから…」沢田研二が伏せていた「田中裕子との関係」/壮絶「芸能スキャンダル会見」秘史
4
渡辺裕之「コロナ首吊り自死」前の奇行証言!「撮影現場で『物がなくなった』と妙なことを…」
5
フジ井上清華、割れ目クッキリ四つん這いで髪を振り乱し…「ヌケる!」未公開映像