芸能

「もう末期状態?」剛力彩芽、「愛」連発“ポエム文”に飛び交う批判と憶測

 7月4日に剛力彩芽がインスタグラムを更新し、またもやそこに綴った告白内容に、批判と憶測が飛び交っている。

「その日のインスタで剛力は、同日に放送された『奇跡体験!アンビリバボー』(フジテレビ系)で共演した、事務所の後輩で女優の吉本実憂とのペアショットを公開。吉本について《いやされたぁ~っっ。はぁ。可愛い…》と綴り、リラックスした様子が伝わってきたのだが、ネットでイジり倒されたのは、そのあとの文面でした」(ネットウオッチャー)

 その文は〈愛は大切ですね〉から始まり、〈その愛がどこに向けてなのか。一つの掛け違いで幸にも不幸にもなりうる〉〈繊細で目に見えない存在だからこそ大切に丁寧に向き合っていきます〉、そして最後は、〈私も心掛けていきます。続けていくこと。相手を想うこと。笑顔でいること。たくさん、学びました。〉と結ばれている。

「剛力は時折、こうしてポエムのような文を綴るのですが、当然、その“相手”がZOZOの前澤友作社長であることは誰もが思うこと。そのため《また匂わせかよ》との批判があがっているわけですが、中には締めの部分が過去形になっていることから、《もう前澤社長とは末期状態なのでは》と指摘する声もありましたね」(夕刊紙記者)

 その行く末は2人のみぞ知るといったところだが、昨年4月に交際宣言をして以降、剛力の仕事は明らかに激減。それでも時折、関係が順調であることをアピールしながらも、本格的な結婚へ向けての動きは今も聞こえてこない。

「ZOZOが今、業績的に重要な時を迎えているだけに、なかなか難しい状況なのではとも言われています。そんな不安定な時期だけに、剛力も情緒的になり、今回のような文を綴っているとも思えます」(芸能記者)

 ちなみに剛力と一緒に写った吉本は、12年に全日本国民的美少女コンテストでグランプリを受賞し芸能界入りを果たしている。そのちょうど10年前、同コンテストを受けた剛力としては、そんな吉本の若さと輝きに刺激を受けたのかもしれない。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
誰トク?MAXのLINA、「14歳で30歳の男と交際」告白に、厳しい声殺到
2
「後ろから突きたい!」岡副麻希、猫伸びポーズにまたも妄想爆発の声殺到!
3
岡田奈々を襲った暴漢を塀の中で制裁!安部譲二が遺した怒りと男の純情
4
蘇る“朝ドラ女優”の艶演技(4)大量の“潮”まで見せた清水美沙の女優魂
5
松本人志は許すのか?「ガキ使」霜降りせいやの七変化に批判殺到のワケ