スポーツ

評論家ペナント予想、有藤通世「一筋予想」

 現役時代、ダイナミックなプレーでファンを魅了した「ミスターロッテ」といえば有藤通世氏だ。古巣を第三者的に予想すれば最下位だそうだが、「OBとしてそれはできない」として5位予想。では、その他は。

 セ・リーグの本命は有藤氏も巨人で動かず。オープン戦も若手投手だけで抜群の防御率を残した。

「WBCに選手を大量に派遣したのに、前半12試合で防御率1.66。もともと失点の少ないチームだけど、さらに投手力が増した感があるね」

 そんな巨人の対抗馬にあげているのが阪神だ。今シーズンも大量補強を敢行したが、中でも西岡の獲得がプラスに出ると見ている。「恐らく西岡を1番で起用するだろうけど、移籍1年目から結果を残すんじゃないかな。彼の性格や気質は、独特な雰囲気を持つ甲子園球場にもマッチすると思うんですよ」

 さらに、外国人コンビもキープレーヤーになる。

「昨年は不調に終わったマートンが、首位打者を獲った足を上げないホームに戻した。かつてのようにヒットを量産するだろうし、新外国人・コンラッドは全力疾走を心がけチームプレーに徹している。昨年よりアップするであろう得点力は、うまくいけば1試合平均2点ぐらいの上積み(昨年は1試合平均2.85)が期待できます」

 課題とされている投手陣だが、有藤氏は太鼓判を押すのである。特に、左の2大エースがチームを牽引しそうだ。

「能見と岩田は、昨年より状態がいい。去年は負けが先行したけど、得点力のアップに支えられて、勝ち星を伸ばすんじゃないかと見ています。確かに、抑えの藤川が抜けたのは気がかりですが、1回限定であれば久保の球威で十分しのげると思います」

 ただし、2位とはしているものの、「阪神の最下位もありうる」という。巨人を除く5球団はダンゴ状態という見解だ。阪神のようにスタメンがそろっても、ケガ人が出ると補える選手がいない。そこが他球団と巨人との決定的な違いだという。ケガ人をいかに少なくするかが、Aクラス争いの絶対条件となりそうだ。

「中日は浅尾がいつ万全で戻ってこられるか。彼が不在ということで、開幕直後はかなり苦労するんじゃないかな。これ以上ケガ人が出ると、中日はBクラスもありえますよ」

 そしてパ・リーグの本命は、やはり投打ともに充実しているソフトバンク。

「日本球界に慣れたペーニャが本領を発揮して昨年より活躍するだろうし、新外国人のラヘアも、広い福岡ドームも気にしない長打力があるようです。1試合当たり、5~6点取るぐらいの得点力アップが見込めそうです。それと、ショート・今宮の成長が著しく、昨年埋まらなかった川崎の穴を埋めそうです。全ての面でソフトバンクはライバルチームを上回っていると思います」

 となると、焦点はソフトバンクの対抗馬探し。「2位から4位は混戦」と前置きしながら、有藤氏が2位に予想したのは昨年4位の楽天。チーム状態のよさは、オープン戦を見れば一目瞭然だという。

「オープン戦っていうのは、若い選手を試す場でもあるわけですよ。それでいながら、12試合を終えた段階で防御率が1.95。これは巨人に次ぐ2位の成績です。若い投手が順調に育ってきて、投手陣に厚みが出てきた証拠でしょう。これがペナントを戦ううえで、強みになるんじゃないかと見ていますね」

 セ・パともにCS争いの行方は混沌としているようだ。

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
マツコが正解じゃん!?N国党・立花党首の「崎陽軒叩き」に横浜市民ブチ切れ
2
ビッグダディ元妻・美奈子のドキュメンタリー番組で気になる中島知子の“いま”
3
滝クリがおもてなし婚で見返した!?あの同期アナに“敗北し続けた”青学時代
4
宇垣美里は論外!?吉川美代子が斬った田中みな実・小川彩佳との女子アナ力の差
5
こんなの見せていいの?菜々緒の食い込みヒップショットが艶すぎる!