芸能

芸能界闇営業の「リアル」!(2)徹底的にウミを出せば紅白に出られる人が激減?

 事務所を通さず個人的に直で受けた仕事の相手が反社会的勢力だったことが明らかになり、仲介をしたカラテカ・入江慎也は吉本興業を解雇。宮迫博之やロンドンブーツ1号2号の田村亮ほか、多くの芸人が謹慎処分を受けることとなり、テレビから姿を消した。

だが、老舗芸能プロの幹部はこう話す。

「あれでアウトなんだったら、演歌歌手の半分以上がテレビに出られんだろうに。地方の営業やキャンペーンには地元の協力が欠かせないもので、頼るのはその筋の興行師。それは昔も今もそう変わらない」

 演歌歌手には、さらに“真の闇営業”とも言える、こんなお付き合いもあるという。

「演歌歌手が刑務所慰問することがたまにあるんだが、あれは収監されている組の幹部を励まそうと、暴力団が裏で金を払って行かせているパターンが多い。そういうのは“ヒモ付き慰問”と呼ばれているわけだが、刑務所側もノーギャラでレクリエーション行事が一つできるなら、と、わかっていても歓迎しているんじゃないか。もちろん、杉良太郎さんのように、そういったしがらみいっさいなしにやっている人もいるけど、そんな慈善家はそういないからねぇ。どこまでも厳しく調べ上げたら、大みそかのNHK紅白歌合戦だって出られる人が半分くらい減っちゃうんじゃない?」(前出・芸能プロ幹部)

 今回の騒動を機にウミを出し切ろうという動きもあるが、そんな実態を考えればとても無理だろう。

(露口正義)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
徳光さんも激賞!「嵐の24時間テレビ」、日テレの「続投」思惑を阻む“壁”とは?
2
二階堂ふみ「情熱バスト」で宮沢りえ、沢尻エリカを圧倒も懸念される材料とは?
3
蘇る“朝ドラ女優”の艶演技(1)闇夜の一人プレイで豪快に果てた尾野真千子
4
「あな番」で演技力を知らしめた横浜流星を最終回で待ち受けていた残念な設定!
5
胸の先端がピンコ立ち!映画「人間失格」で「マッパになった」大物女優とは